骨ストレッチのウエストくびれ効果|たった30秒でウエストが細くなるやり方

骨ストレッチのウエストくびれ効果がスゴイ!1日30秒でOK

ウエストのくびれが欲しいけど、なかなかうまく痩せられない」と思っていませんか?

お腹痩せしたい女性は多いですが、効果が出るまで大変だったりしますよね。
 

こみち
ウエストのくびれができれば、どんな服も似合うから頑張りたいわ。

そんなあなたにオススメなのが、「骨ストレッチ」です。

「骨をストレッチするって、どういうこと?」と思うかもしれませんが、普通のストレッチは主に「筋肉を伸ばす」のが目的ですが、骨ストレッチは「筋肉や関節をほぐして体の歪みを治す」のが主な目的です。

そこで今回は、「骨ストレッチのウエストくびれ効果」と「たった30秒でOKの簡単なやり方」をご紹介します。

毎日の日課にして、簡単にボディメイクを実現させましょう!

骨ストレッチとは?

骨ストレッチとは、スポーツケアトレーナーである松村卓先生が考案したストレッチ方法です。

もともとアスリートのパフォーマンス向上のためにやっていた体操だったのですが、体の柔軟性が増すことで、ダイエット効果もあるということがわかりました。

また、肩こりや腰痛の改善にも効果が期待できるので、若い人から高齢者まで、多くの人の体の調整に役立つストレッチ方法です。

骨ストレッチのウエストくびれ効果とは?

では、骨ストレッチのウエストくびれ効果について解説していきます。骨ストレッチには、なぜウエストのくびれをつくる効果があるのでしょうか?

腰をひねる動きでウエストを引き締める

骨ストレッチは、腰をひねる動きをすることで、ウエストを引き締める効果があります。

骨ストレッチのやり方は、基本的にはどれも「腰をひねる運動」です。

そのため、ウエストにダイレクトに働きかけることができるのです。

体の歪みを解消して、代謝アップ

骨ストレッチをすると、腰痛や肩こりを解消する効果があると言われています。

そのため、体の歪みが解消されて、代謝がアップするダイエット効果が期待できます。

体に歪みが生じていると、全身をめぐる血行が悪くなり、代謝が低下してしまうのです。

そうなると、ダイエットをしてもなかなか痩せられない状態におちいり、ダイエットを断念してしまう人が多いのです。

そこで骨ストレッチをすれば、今まで痩せにくかったウエストまで、しっかりと働きかけてくれますよ。

筋肉と関節の柔軟性が高まり、痩せやすい体になる

骨ストレッチには、筋肉と関節の柔軟性を高める効果があります。

体が硬い人は痩せにくいと言われていますが、骨ストレッチをすれば体が柔らかくなり、痩せやすい体になる効果があります。

ダイエットでは、痩せやすい体になることが一番の目的なので、この体を手に入れることができれば、リバウンドもしにくくなりますよ。

血行が良くなり、むくみ解消

骨ストレッチのくびれ効果は、ウエスト部分の血行が良くなることで、むくみが解消されることです。

普段の生活では、くびれ部分はほとんど動かすことがありません。そのため血行が悪くなり、細くなりにくくなっている可能性があります。

そこで骨ストレッチをすれば、ウエストのくびれ部分の血行を良くし、ウエストを細くすることができるのです。

たった30秒で細くなる骨ストレッチのやり方

では、骨ストレッチのやり方をご紹介しましょう。たった30秒でウエストのくびれ効果があるやり方なので、ぜひやってみてくださいね。

この動画に沿って、骨ストレッチのやり方をご紹介していきますね。

基本の骨ストレッチのやり方

  1. 右手の小指と親指をくっつけて、ヒジを90℃に曲げます。
  2. 左手の小指と親指で、右手の手首を軽く押さえます。
  3. そのまま腕を後ろに7回引きます。(ウエストをひねる運動です)
  4. 反対側も、同じようにやってみましょう。

 
まずは、基本の骨ストレッチのやり方をご紹介しました。

小指と親指をくっつけるのには、ちゃんとした理由があります。

◆小指がアクセル、親指がブレーキの役割

骨ストレッチを考案した松村卓先生いわく、小指にはアクセル、親指にはブレーキの役割があるそうです。

この2つの指をくっつけることで「ニュートラル」の状態になり、体に余計な力が入らなくなって、ストレッチ効果がアップするとのこと。

また、基本の骨ストレッチのポーズは、体が自由に動きにくいので、必然的に体の軸(ウエスト部分)を動かすようになります。

◆骨ストレッチは「笑顔」でやるのがポイント

骨ストレッチは、笑顔でやることがポイントだそうです。

笑顔になることで、体がリラックス状態になり、ストレッチ効果がアップします。

そのため骨ストレッチは、ぜひ笑顔をつくってやってみてくださいね。

鎖骨ひねり骨ストレッチのやり方

  1. 両手の親指と小指で、鎖骨を軽くつかみます。
  2. そのままの状態で、左右に各5回ずつ、腰をひねります。
  3. 慣れてきたら、30秒くらい続けると良いでしょう。

 
鎖骨を持った状態で、ウエストをひねるストレッチです。

左右交互にひねるので、くびれ部分をより動かすことができ、血行が良くなる効果があります。

ウエストひねり骨ストレッチのやり方

  1. 左手の小指と親指をくっつけて、手の甲が腰骨に当たるようにつけます。
  2. 右手の小指と親指をくっつけて、左鎖骨を軽くつかみます。
  3. そのまま腰を左後ろに7回ひねります。
  4. 反対側も同じようにやってみましょう。

 
これもウエストをひねるストレッチ方法ですが、基本の骨ストレッチよりも、お腹の芯の部分に働きかける感覚があります。

くびれだけでなく、ウエスト全体に効果があり、ポッコリお腹も解消できるでしょう。

骨ストレッチを毎日30秒続けて、ウエストのくびれをつくろう!

骨ストレッチのウエストくびれ効果と、たった30秒で細くなるやり方をご紹介しました。

毎日30秒の骨ストレッチを続ければ、少しずつウエストのくびれをつくることができますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

骨ストレッチのウエストくびれ効果は、毎日続けることで、少しずつ効果があらわれてきます。

ウエストは体の中心なので、そこの歪みを解消し、血行を促進することで、全身のダイエット効果もアップしますよ。

スポンサーリンク