痩せる歩き方でお腹と太ももを細くする|通勤だけでダイエット

痩せる歩き方をすれば、通勤だけでお腹と太ももダイエットができる!

ダイエットのためにウォーキングをしている人も多いと思いますが、せっかく歩くなら、痩せる歩き方をしたいと思いませんか?
 

こみち
ウォーキングってなかなか痩せないから、効率よく痩せたいわ。

痩せる歩き方とは、簡単にいえば「正しい歩き方」のことです。

でもそれに、ほんの少しだけ意識することをプラスすれば、ダイエット効果がアップするのです。

そこで今回は、通勤だけで痩せる「お腹と太ももが細くなる歩き方」をご紹介していきますね。

通勤だけでOK! 痩せる歩き方でダイエット効率アップ

わたしたちは、毎日歩いていますよね。

通勤だけでも、意外と歩いている人が多いのではないでしょうか?

その時間をムダにするのは、もったいないですよ。

痩せる歩き方をマスターすれば、毎日の通勤だけでもダイエット効率がアップするのです。

わざわざウォーキングの時間を取らなくても、朝夕の通勤だけで痩せられたらうれしいですよね。

今回は、そんなお得なダイエット方法をご紹介していきます。

とくに、お腹と太ももを細くする「痩せる歩き方」をご紹介しますね。

痩せないどころか、足が太くなるNGな歩き方とは?

あなたは普段、こんな歩き方をしていませんか?

NGな歩き方をしていると、ウォーキングの効果が出ないだけでなく、むしろ足が太くなってしまうこともあります。

  • もはや歩く意味がない「ダラダラ歩き」
  • 「ふくらはぎ」や「太もも」が太くなる「つま先着地」
  • 体の歪みを引き起こす「内股・がに股歩き」
  • 「ポッコリお腹」や「前もも太り」の原因になる「猫背歩き」
  • 足を引きずったり、ちょこちょこ歩く「小股歩き」
  • 飛び跳ねるように歩く「ぴょんぴょん歩き」

 
このような歩き方をしていると、体の一部にばかり負担がかかり、筋肉の付き方のバランスが悪くなります。

また、代謝が低下してしまい、せっかく歩いても痩せない状態におちいってしまうことも。

これらを改善して、痩せる歩き方をマスターすれば、ダイエット効果がアップしますよ。

「痩せる歩き方」とは?基本の正しい歩き方のポイント

では、具体的にどんな歩き方が「痩せる歩き方」なのでしょうか?

まずは、基本の正しい歩き方からご紹介していきますね。

姿勢を良くして歩く

痩せる歩き方の基本は、「姿勢を良くする」ことです。これだけで、代謝がアップする可能性があります。

また、姿勢が良くなれば、自然とお腹を少し引っ込めた状態になります。これが痩せるポイントです。

正しい姿勢は、立った状態でも役立ちますので、以下のポイントに気をつけて立ってみましょう。

  • 頭・肩・骨盤が同列に並ぶようにする
  • 上から引っ張られるようなイメージで、首を真っすぐ伸ばす
  • お尻が引っ込んだり、逆に出っ張ったりしない
  • 肩の力を抜き、自然に手を下ろす

 
猫背になったり、反り腰になったりしないように気をつけて、正しい姿勢で立てましたか?

正しい姿勢は、慣れるまで疲れるかもしれませんが、じつは一番腰に負担がかからないのです。

そのため、腰痛に悩まされていた人は、腰痛改善にも役立ちますよ。

ヒザを曲げずに、かかとから着地する

痩せる歩き方は、ヒザを曲げずに、かかとから着地することです。

とくにヒールを履くと、ヒザが曲がった状態で歩く人が多いのですが、それではふくらはぎなどに負担がかかり、太くなってしまう恐れがあります。

そのため意識してヒザを真っすぐ伸ばし、つま先ではなく「かかと」から着地して歩いてみましょう。

アゴを軽く引いて、目線は少し先へ

正しい歩き方のポイントは、アゴを軽く引いて、目線は少し前を見つめることです。

そうすることで、自然と正しい姿勢をつくることができ、歩き方もスムーズになりますよ。

肩甲骨を動かすように、手を大きめに振る

「正しい姿勢」のところで説明したように、肩の力を抜いて、手は自然に下ろします。

その状態から、できるだけ大きく手を振りながら歩いてみましょう。

肩甲骨を動かすように大きく振れば、代謝アップにもなりますよ。

また肩甲骨を動かすことで、「褐色脂肪」が刺激され、ダイエット効果がアップします。

褐色脂肪細胞とは、刺激することで痩せやすくなる効果があると言われています。

お腹と太ももダイエットに効果的な「痩せる歩き方」

では、基本の歩き方がわかったので、次に、お腹と太ももダイエットができる「痩せる歩き方」をご紹介していきます。

お腹ダイエットに効く歩き方|背筋を真っすぐにして歩く

お腹ダイエットに効く痩せる歩き方は、背すじを真っすぐにして歩くことです。

これは、当たり前のように感じるかもしれませんが、意外とできていない人が多いです。

とくに、背筋を伸ばそうと意識するあまり、反り腰になってしまう人がいるのでご注意を。

猫背や反り腰になると、腰痛がひどくなる場合があるので、真っすぐな姿勢を意識しましょうね。

お腹ダイエットに効く歩き方|お腹をヘコませた状態で歩く

お腹ダイエットに効く痩せる歩き方は、お腹をヘコませた状態で歩くことです。

お腹をヘコませることで、適度に腹筋が鍛えられ、ポッコリお腹の解消にも役立ちます。

お腹は、ダイエットをしてもなかなか痩せない部分ですが、「ヘコませた状態で歩く」たったこれだけで、痩せる効果がアップしますよ。

太ももダイエットに効く歩き方|股関節から大きく動かす

太ももダイエットに効く痩せる歩き方は、股関節から大きく動かすと良いでしょう。

下半身は、なかなか痩せない部位の1つですが、それは「股関節を動かしていないこと」が原因の場合が多いのです。

ふつうに歩いているだけでは、あまり股関節を動かすことはないので、痩せる歩き方のポイントとしては、股関節を意識してみましょう。

太ももダイエットに効く歩き方|適度に早歩きをする

太ももダイエットに効く痩せる歩き方は、適度に早歩きをすることです。

あまり速く歩きすぎると、ふくらはぎや太ももの前側の筋肉が発達しすぎて、太くなってしまう恐れがあります。

かといって、ダラダラと歩くのは痩せません。

そのため「適度な早歩き」が、痩せる歩き方のポイントになります。

通勤だけで痩せるには、歩き方以外にもポイントがある!

痩せる歩き方がわかったところで、通勤だけで痩せるコツをご紹介します。歩き方以外にも、いくつかのポイントがありますので見ていきましょう。

20~30分歩くことが望ましい

通勤だけで痩せるポイントは、20~30分は歩くのが望ましいでしょう。

できれば1回で20~30分歩くのが良いですが、1日トータルでもOKです。

朝に10~15分、帰りに10~15分歩くようにすれば、痩せやすくなります。

朝の通勤で歩けば、1日中代謝アップ

通勤だけで痩せるポイントは、朝の通勤で歩くことです。

なぜ朝が良いのかというと、朝に運動をすることで、1日を通して代謝がアップした状態が続きやすくなります。

つまり、痩せやすくなるということ。

歩くことは全身運動なので、全身の脂肪燃焼に役立ち、ダイエット効果がアップしますよ。

通勤電車でインナーマッスルを鍛える

通勤だけで痩せるポイントは、通勤電車の中も、ムダに過ごしてはいけません。

電車は揺れますので、その揺れに耐えるように立ち、バランスをとることで「インナーマッスル」を鍛えることができます。

インナーマッスルとは、体の中心部にある筋肉のこと。骨の近くにあるので、外側からは見ることができません。

このインナーマッスルを鍛えるメリットは、代謝がアップすることです。

つり革につかまらずに立ち、バランスを取るようにしてみてください。

注意点は、とつぜんの揺れに対応できるように、つり革を軽く触っておくこと。そうすれば、揺れた時にギュッと握ればケガ防止になります。

栄養バランスの良い、腹八分目の食事

通勤だけで痩せるポイントは、栄養バランスの良い食生活を心がけることです。

栄養バランスの良い食事は、ダイエットの基本ですが、その理由は「食べ過ぎを防止できる」ことなのです。

人間の体は、栄養バランスが整うと、「お腹がいっぱい」という信号を出すようにできているので、腹八分目くらいで自然とごちそうさまができますよ。

お風呂上がりにストレッチをする

通勤だけで痩せるポイントは、お風呂上がりにストレッチをすることです。時間的には、寝る前くらいになりますね。

お風呂上がりは血行が良くなっているので、そのタイミングでストレッチをすると、さらに血行が良くなり、代謝がアップします。

また、痩せる歩き方で使った筋肉をストレッチすることで、筋肉痛や筋肉が硬くなるのを防ぐことができます。

使った筋肉を柔らかくほぐさないと、硬くなり、血行が悪くなってしまいます。

すると筋肉太りになってしまう可能性もあるので、リラックスしながらストレッチをしましょう。

安眠効果も高まり、ダイエット効果がアップしますよ。ダイエットに睡眠不足は大敵です。

ヒールで歩くときの注意点

通勤で痩せる歩き方をするなら、きっとヒールの靴を履いていることが多いですよね。

ヒールで歩くと足が太くなりやすいので、注意点を意識することで、足を細くするコツをつかみましょう。

ヒールが高すぎない靴で歩く

ヒールを履いて痩せる歩き方をするなら、ヒールが高すぎない靴を選びましょう。

ヒールが高すぎると、ふくらはぎに負担がかかり、太くなってしまう恐れがあります。

また、ヒザが曲がりやすくなると、筋肉の付き方がおかしくなり、足のラインが悪くなります。

正しい歩き方をするためにも、ヒールが高すぎる靴には注意しましょう。

ヒールだと、つま先重心になりやすい

ヒールを履いて痩せる歩き方をするなら、つま先重心にならないように注意しましょう。

ヒールを履くとつま先重心になりやすいので、「ふくらはぎ」や「前もも」が太くなりやすいです。

足を前に伸ばすときに、しっかりとヒザを伸ばすことを意識して、颯爽と歩く自分をイメージしてみましょう。

痩せる歩き方は、美しい歩き方でもあるのです。

ふくらはぎに負担がかかり過ぎないようにする

ヒールを履いて痩せる歩き方をするなら、ふくらはぎに負担がかかり過ぎないように注意しましょう。

先ほども言ったように、ヒールの靴を履くと、ふくらはぎの筋肉ばかりに負担がかかりやすいため、ふくらはぎが太くなる可能性があります。

正しい姿勢と、正しい歩き方を思い出して、痩せる歩き方ができるくらいの高さのヒールを選んでくださいね。

痩せる歩き方で効率よくダイエット

基本の正しい歩き方と、お腹と太もも痩せができる「痩せる歩き方」をご紹介しました。

また、ヒールだと足が太くなる歩き方になりやすいので、注意しましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

痩せる歩き方をすれば、通勤だけで痩せられる!

気になる「お腹」と「太もも」を細くして、ダイエット効果をアップさせよう!

スポンサーリンク