朝ストレッチダイエット|寝起きのストレッチで消費カロリーと代謝アップ

朝ストレッチでダイエット効果アップ!代謝を高めて、消費カロリーを増やす方法

朝は眠くて、ついダラダラと過ごしてしまいがちですよね。
でも、その時間を使って、痩せやすい体をつくることができるんです。

寝起きにベッドの中で軽いストレッチをするだけで、ダイエット効果がアップするんですよ。
 

こみち
布団から出ないでできるストレッチなら、私にもできそうな気がするわ!

朝は頭も半分寝ているし、体もだるいですが、朝ストレッチをすることで、すっきり目覚めることができます。
朝から元気に活動できれば、消費カロリーもアップして、どんどん痩せていきますね。

また、朝ストレッチで血流が良くなれば、代謝もアップして脂肪が燃焼しやすくなります。
そんなダイエットに最適な「朝ストレッチ」の効果とやり方をご紹介しましょう。

なぜ朝のストレッチで痩せるの?夜ストレッチじゃダメ?

ストレッチがダイエットに効果的なのは、ご存知の人も多いと思いますが、なぜ朝のストレッチで痩せるのでしょうか?
夜のストレッチと朝のストレッチは、どちらのほうが良いかというのではなく、それぞれに違った効果があります。では、どのような違いがあるのかご紹介していきましょう。

夜ストレッチはリラックス・疲労回復・安眠効果

夜のストレッチには、おもにリラックス効果があります。夜は、自律神経のうちの「副交感神経」が優位になる時間帯です。
副交感神経が優位になると、体も脳もリラックスして、疲労回復や安眠効果が得られます。

安眠できれば、満腹ホルモンである「レプチン」の分泌をうながし、食べ過ぎを防止することができます。
また、リラックスすると血行が良くなりますので、さらに安眠効果がアップします。しっかりと睡眠をとることは、ダイエットにおいても大切なポイントです。

朝ストレッチは血行促進・目覚め効果・代謝アップ

朝のストレッチには、おもに代謝アップの効果があります。朝は、自律神経のうちの「交感神経」が優位になる時間帯です。
交感神経が優位になると、体と脳が活動的になり、代謝がアップするので、脂肪が燃焼しやすくなる効果があります。

また、朝日を浴びることでも交感神経が優位になり、「セロトニン」という脳内ホルモン(神経伝達物質)も分泌されて、精神が安定する効果もあります。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれていて、ダイエットのモチベーションを保つのにも効果を発揮してくれるでしょう。

ダイエットには、朝ストレッチが効果的

朝ストレッチと夜ストレッチの効果の違いがわかりましたが、ダイエットには、両方とも必要です。でも直接的に、代謝をアップさせるようなダイエット効果は、朝ストレッチのほうが高いです。

より効果的なダイエットをするには、夜ストレッチでしっかりと安眠し、朝ストレッチで代謝をアップさせると良いでしょう。つまり、両方セットでおこなうと効果的です。

朝ストレッチダイエットの効果

朝ストレッチと夜ストレッチの違いがわかったところで、朝ストレッチダイエットの具体的な効果をご紹介します。

代謝が良くなる

朝ストレッチダイエットの効果は、朝から軽いストレッチをすることで、1日を通して代謝がアップした状態をキープできることです。
寝起きは血行が悪くなっているので、朝のストレッチで血行を良くし、代謝を上げやすい状態にしてくれます。

体が硬いと痩せにくいですが、朝はとくに体が硬いですよね。そのタイミングでストレッチをすれば、柔軟性が高まり、痩せやすい体に変えることができます。

脂肪が燃焼しやすくなる

朝ストレッチダイエットの効果は、代謝がアップすることで、脂肪が燃焼しやすくなることです。
ダイエットで有酸素運動をしているなら、朝ストレッチをすることで、より脂肪燃焼効果が高まりますよ。

また、寝起きのストレッチはシャキっと目を覚まし、朝から元気に活動できるようになります。元気に活動できれば、必然的に消費カロリーもアップしますよね。
朝ストレッチダイエットは、いくつかの相乗効果によって、痩せやすい体へと導いてくれます。

便秘が解消される

朝ストレッチには、腰をひねるようなストレッチ方法もあります。腰をひねると腸のはたらきが活発になり、便秘を解消しやすくなります。
また、血行が良くなるので、新陳代謝がが良くなり、デトックス効果も高まりますよ。

午前中はデトックスタイムなので、体内の余分な水分や老廃物などを排出しやすい時間帯なのです。その効果を高めるためにも、朝ストレッチが効果的です。
水分もしっかり摂ることで、よりデトックス効果が高まります。

自律神経が整って、痩せやすい体になる

朝ストレッチダイエットには、自律神経を整えて、痩せやすい体になる効果もあります。自律神経のうち「交感神経」が優位になると、脂肪が燃焼しやすくなります。

自律神経が整っている状態なら、自然と朝になるにつれて交感神経が優位になっていきますが、自律神経が乱れていると、朝に優位になる「交感神経」と、夜に優位になる「副交感神経」の入れ替えがうまくいかなくなってしまうのです。

これを解消してくれるのが、朝ストレッチです。寝起きに体を動かすことで、交感神経が優位になり、代謝がアップしやすくなります。交感神経を優位にすれば、目覚めも良くなりますよ。

朝ストレッチダイエットのやり方

朝ストレッチがなぜダイエットに効果的なのかがわかったところで、布団の中でできる朝ストレッチのやり方をご紹介しましょう。二度寝してしまう前に、とりあえずストレッチを始めてみてください。自然と頭と体が目覚め、苦なく起きられますよ。

ストレッチのポイントは、呼吸を止めずにやることです。ひと通りのストレッチが終わったら、ゆっくりと深呼吸をして、全身に血流と酸素を行き渡らせましょう。

朝ストレッチの準備

目覚ましを止めたら、眠くても、とりあえず伸びをしてみましょう。
伸びをしたら、きっと自然とあくびが出てくるはずです。じつは、あくびには目覚め効果があるのをご存知ですか? だから眠いときにあくびが出るんです。意外ですよね。

布団の中で伸びをするだけでも、何となく体がスッキリします。でも、気持ちいいからと言って、そのまま寝ないで朝ストレッチを始めましょう。

◆足がつらないように注意

寝起きに伸びをすると、足がつることがあります。足がつらないようにするためには、つま先を上に向けた状態のまま伸びをするか、ひざを曲げて伸びをすると良いでしょう。

ちなみに足がつるのを防ぐ食べ物は、バナナとアミノ酸飲料です。毎日バナナ1本と、アミノ酸飲料(スポーツドリンクなど)をコップ1杯摂ると良いですよ。
ダイエット中の朝の栄養補給にもオススメです。

朝ストレッチダイエット①股関節と太もも裏のストレッチ

  1. 仰向けに寝た状態で、片足のひざを抱えます。
  2. しっかりと胸に近づけて、股関節のストレッチをしましょう。
  3. 反対の足も同じようにストレッチします。
  4. 足を伸ばした状態で、片足の太ももの裏を抱えます。
  5. 胸に近づけて、ひざ裏と太ももの裏をストレッチしましょう。
  6. 反対の足も同じようにストレッチします。

 
朝は、筋肉も関節も硬くなっているので、無理しないように注意してください。
朝ストレッチのポイントは、ゆっくりと、ゆるやかにストレッチすることです。

このストレッチの効果は、股関節と太ももなどをストレッチすることで、下半身痩せの効果が期待できます。
足の血行を良くし、足のむくみ解消に効果的です。

朝ストレッチダイエット②ウエストひねりストレッチ

  1. 仰向けに寝た状態で、両手を横に広げます。
  2. 右足を体の左側に持っていき、ウエストをひねります。
  3. なるべく右肩が床から離れないようにして、気持ちよく腰のストレッチをしましょう。
  4. 反対側も同じようにストレッチします。

 
ウエストをひねることで、腰の血行が良くなり、ウエストシェイプの効果があります。
また内臓に刺激を与えることで、腸が活発にはたらき、便秘解消の効果も期待できます。

朝ストレッチダイエット③肩と背中のストレッチ

  1. 布団の上で、四つん這いになります。布団があるので、ひざが痛くなくてちょうど良いですね。
  2. そのままお尻をかかとに近づけて、正座のような状態になります。
  3. 両手は床についたまま伸ばし、おでこを布団につけます。
  4. そのまま、肩と背中をストレッチしましょう。
  5. 10秒間くらいキープします。

 
肩と背中をストレッチすることで、肩甲骨まわりの血行が良くなります。
肩甲骨のまわりには「褐色脂肪細胞」と呼ばれるものがあり、ここを刺激することで代謝がアップし、脂肪が燃焼しやすくなります。

また、肩の血行を良くすると、肩こりの解消にもなりますね。血行は、一部分だけ良くしても意味がありませんので、いろいろな場所のストレッチをして、全身の血行を良くしていきましょう。

起きたら水か白湯を飲む

ストレッチが終わったら、起きて水を飲みましょう。寝起きは水分が不足しているので、血行を良くするためにも、水分補給は必須です。
また、寝起きに水分を摂ると、便秘解消にも効果的ですよ。

夏は常温や冷蔵庫の10℃くらいの水でもOKですが、冬は体を冷やさないためにも、白湯がオススメです。
体を冷やさないことで、代謝がアップしやすくなります。

朝ストレッチダイエットの効果アップのコツ

朝ストレッチダイエットのやり方をご紹介したので、その効果をアップさせるためのコツを最後にご紹介します。

ベッドでの寝起きストレッチの後に、朝ストレッチをプラスする

寝起きの朝ストレッチをベッドの上でやったら、水を飲んだ後に、さらにストレッチをプラスするとダイエット効果がアップします。
たとえば「開脚ストレッチ」や、ヨガなどがオススメです。

ヨガは、「ストレッチ」と「適度な筋肉を使う」効果があるので、ダイエット効果がアップしますよ。

朝に軽い筋トレをすると、代謝がさらに良くなる

寝起きの朝ストレッチは、ごくゆるやかなストレッチですが、起きた後は、少しだけ筋肉を使うと効果的です。
朝は体と頭を目覚めさせることが大切ですが、筋肉に少し負荷をかけると、交感神経が優位になり、目覚め効果があります。

たとえば、スクワットやプランクなどの軽めの筋トレもオススメです。
スクワットは太ももの大きな筋肉に負荷をかけるので、代謝がアップします。またプランクは腹筋に負荷をかけるので、ポッコリお腹解消もできます。

毎日継続する

朝ストレッチダイエットの効果をアップするコツは、とにかく毎日継続することです。
寝起きストレッチをするだけでは、劇的に脂肪を燃焼することはできません。

あくまでも代謝をアップする準備のような役割なので、他のダイエット方法と併用すると良いでしょう。
10分くらいでも「有酸素運動」を取り入れたり、先ほどご紹介した「ヨガ」をするなど、何かをプラスしましょう。

寝起きの朝ストレッチで、すっきりダイエット!

朝ストレッチダイエットの効果とやり方、コツなどをご紹介しました。
寝起きにストレッチすることで、頭と体が目覚めて、ダイエット効果がアップします。

便秘解消や脂肪燃焼の効果で、体の中も外もすっきりダイエットできますね。
 

こみち
こみちの一言コラム

朝ストレッチダイエットは、寝起きのだるさをスッキリ解消。
痩せやすい効果で、運動と食事のコントロールがしやすくなりますよ。

スポンサーリンク