つま先立ちダイエットで美脚になる|太もも・お腹痩せに効果あり!

つま先立ちダイエットは美脚効果だけじゃない! お腹痩せもできる

世の中には、さまざまなダイエット方法がありますが、なんと「つま先立ちをするだけで痩せる方法」があるのです。

普段の生活の中では、ほとんどつま先立ちをすることはありませんよね。

こみち
あれ? つま先立ちって、意外とむずかしいわ。

つま先立ちダイエットは、つま先立ちをするだけで痩せる方法ですが、これが意外とむずかしいです。

でも、ダイエット効果がたくさん期待できるので、ぜひ毎日やってみてくださいね。

つま先立ちダイエットの効果とは?

つま先立ちダイエットの効果は、意外とたくさんあります。

毎日つま先立ちをするだけなので、いつでもどこでもできるのがメリットですね。

では、どんな効果があるのか見ていきましょう。

姿勢が改善されてお腹痩せ

つま先立ちダイエットの効果は、つま先立ちをすることで姿勢が改善されて、お腹痩せができることです。

猫背の姿勢は、お腹がたるんだ状態なので、ポッコリお腹の原因になります。

でも姿勢が良くなると、適度にお腹に力が入り、お腹痩せの効果が期待できるのです。

脚やせ効果で美脚になる

つま先立ちダイエットの効果は、脚やせができて、美脚になれることです。

ふくらはぎが寸胴だと、足がむっちりとして、太く見えてしまいますよね。

でもつま先立ちダイエットをすれば、足が引き締まり、脚やせ効果が期待できます。

モデルのような細くて引き締まった美脚になるのも、夢ではありませんよ。

血流アップによる冷え性改善・便秘解消

つま先立ちダイエットの効果は、ふくらはぎに筋肉がつくことで、血流がアップすることです。

血流が悪いと、冷え性や便秘になりやすく、太りやすい体になってしまいます。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれる場所で、心臓への血流を押し上げる働きがあります。そのためには、ふくらはぎの筋肉が必要なのです。

ふくらはぎは、もともと血流が悪くなりがちな場所なので、足のむくみが気になる人は、ふくらはぎの筋肉が足りないせいかもしれません。

ふくらはぎの血流がアップすると、全身へ血流が巡りやすくなり、冷え性の改善や便秘を解消することができるのです。

足が疲れにくくなり、むくみを解消できる

つま先立ちダイエットの効果は、足の血流が良くなることで、足が疲れにくくなり、むくみを解消することもできます。

とくにデスクワークで座りっぱなしの人や、立ち仕事で1日中立ったままの人は、夕方になると足がむくみやすいと感じませんか?

つま先立ちダイエットをすれば、血流がアップして、むくみが改善されることで、足が疲れにくくなるのです。

代謝アップで痩せやすくなる

足は血流が悪くなりがちな場所だとご紹介しましたよね。

足の血流が悪いと、全身の血行も悪くなり、代謝が低下してしまいます。

でもつま先立ちダイエットをすれば、全身の血流が良くなり、代謝がアップして痩せやすくなることができます。

ふくらはぎの筋肉をつけるだけで、ここまでダイエット効果が期待できるなら、やらないと損ですよね。

つま先立ちダイエットのやり方

つま先立ちダイエットのやり方は、つま先立ちをするだけの簡単な方法です。

でも、普段からつま先立ちをしない人は、グラグラとして意外とむずかしいと感じるかもしれません。

筋肉が強化されていけば、簡単にできるようになりますよ。

やり方によって、お腹痩せや太もも痩せにも効果があるので、ぜひ毎日実践してみましょう。

基本のつま先立ちダイエットのやり方

まずは、基本のつま先立ちダイエットのやり方からご紹介します。

はじめはグラグラして長くキープできないかもしれませんので、つかまり立ちでも良いので、まずはつま先立ちをやってみましょう。

壁やテーブルなどにつかまりながら、かかとを限界まで上げてみましょう。

◆つま先立ちで15秒キープ

つま先立ちダイエットのやり方は、15秒キープするのを2~5回くらい繰り返します。

もしグラつくなら、壁などにつかまってやってみましょう。

いつもより目線が一段高くなると、視界が変わってちょっと新鮮な気分になりますよね。

◆かかとを上げ下げする

15秒間キープするやり方も効果的ですが、かかとを上げ下げするやり方も脚やせ効果が期待できます。

また、限界までかかとを上げるのではなく、床から少しだけ上げるバージョンもやってみましょう。

いろいろな高さでつま先立ちをすることで、いろいろな場所の筋肉が使われて、痩せやすくなりますよ。

◆1日30秒でOK!

つま先立ちダイエットのやり方は、1日30秒でOKです。

はじめはあまり長くできないと思いますし、長くやり過ぎてもデメリットがあります。(後ほど紹介します)

そのため、テレビを観ながら30秒間のつま先立ちをすることから始めてみましょう。

「お腹」に効くつま先立ちダイエットのやり方

お腹痩せに効くつま先立ちダイエットのやり方は、お腹をなるべく引っ込めてつま先立ちをすることです。

適度にお腹に力を入れることで、普段使わないお腹の筋肉を使うので、ポッコリお腹が解消されて、ウエストが引き締まりますよ。

◆バレエダンサーになったつもりで「ルルベ」

お腹に効くつま先立ちのやり方は、「ルルベ」です。ルルベとは、足指を床につけた状態で立つバレエポーズの1つです。

ちゃんとしたルルベではありませんが、バレエダンサーになったつもりで「ルルベもどき」をやってみましょう。

  1. 足を肩幅くらいに開いて立ちます。
  2. そのままかかとを床から離し、足指全体が床をつかむようなイメージでつま先立ちをしましょう。
  3. 重心が外側に傾かないように、真ん中に重心を保つのがポイントです。

 
かかとを限界まで上げた状態でキープします。

このときに、お腹を上に引き上げるような感じにすると、お腹痩せの効果も期待できます。

「太もも」に効くつま先立ちダイエットのやり方

太ももに効くつま先立ちダイエットのやり方をご紹介します。

つま先立ちは、おもに「ふくらはぎ」に効くエクササイズなので、太ももに効かせるには、筋肉に負荷をかけることが大切です。

太ももに効かせるには、「つま先立ち」と「スクワット」を組み合わせるのがオススメ。

◆負荷が大きくなる「つま先立ちスクワット」がオススメ

つま先立ちダイエットのやり方で、太ももに効かせるには、スクワットをしながらつま先立ちを取り入れてみましょう。

  1. 肩幅に足を開き、腰を落としてスクワットをします。
  2. 立ち上がったときに、そのままつま先立ちをして、5~10秒キープします。
  3. そこから腰を落として、またスクワットをします。
  4. これを5回くり返しましょう。

 
スクワットで立ったときに、かかとの上げ下げを3回くらい繰り返すパターンでもOKです。

日常生活の中で「つま先立ちダイエット」をする方法

つま先立ちダイエットは、基本的にいつでもどこでもできるので、時間も場所も選ばずにできるのがメリットです。

では、日常生活のどんな場面でつま先立ちを取り入れると良いのでしょうか?

電車の中でつま先立ちをすれば体幹も鍛えられる

つま先立ちダイエットは、電車の中でやることもできます。

電車の揺れがある状態でつま先立ちをすれば、体幹が鍛えられて、代謝がアップします。

体の中心部にあるインナーマッスルを鍛えることで、体幹が良くなります。

インナーマッスルを鍛えると、代謝がアップすると言われているので、ダイエット効果がアップしますね。

ケガ防止のためにも、つり革につかまりながらやると良いでしょう。

歩きながらつま先立ち

つま先立ちダイエットを日常生活の中でやるなら、歩きながらつま先立ちするのもオススメです。

つま先立ちをしたまま歩くと、普通に歩くよりも1.5倍のカロリー消費が期待できます。

そのため、効率的に痩せることができますね。

つま先立ちができる「スリッパ」を履けば楽ちんダイエット

つま先立ちダイエットを日常生活の中でやるなら、「ダイエットスリッパ」を履くのもオススメ。

ダイエットスリッパとは、かかとの部分がないスリッパのことで、自然とつま先立ちができる仕組みになっています。

スリッパを履くだけでつま先立ちができるなら、楽にダイエットを実践できますね。

つま先立ちダイエットのデメリット

では、つま先立ちダイエットのデメリットとは、どんなことでしょうか?

慣れていない人は、ふくらはぎ・足裏がつりやすい

つま先立ちダイエットのデメリットは、慣れていない人は、ふくらはぎや足裏がつりやすいことです。

足がつるのは意外とつらいですから、なるべくつらないようにしたいですよね。

はじめは足がつりやすいかもしれませんが、慣れてくると大丈夫になっていきます。

とくに、かかとを限界まであげると、足裏やふくらはぎに負担がかかります。

これがダイエットに効果があるのですが、やり過ぎには注意しましょう。

やり過ぎると、ふくらはぎが筋肉太りになることも

つま先立ちダイエットのデメリットは、やり過ぎると、ふくらはぎが筋肉太りになってしまう可能性があることです。

ふくらはぎに筋肉があると良いと言いましたが、日頃からふくらはぎを使っている人は、他の方法でのダイエットをオススメします。

つま先立ちダイエットは、足が脂肪太りの人や、むくみ足の人に効果的なエクササイズです。

つま先立ちダイエットの後はふくらはぎケア

つま先立ちダイエットの注意点は、つま先立ちをした後に、しっかりとふくらはぎをほぐしておくことが大切です。

つま先立ちをすると、ふくらはぎなどの負荷がかかった場所の筋肉が張ります。

そのまま放っておくと筋肉が硬くなり、血行が悪くなってしまいます。

これを防いでくれるのが、つま先立ちダイエットなのです。

ふくらはぎのストレッチをする

つま先立ちダイエットの後のふくらはぎケアは、ストレッチをすることです。

筋肉を使うと、筋肉が硬くなり、血流が悪くなってしまいます。

そのため、つま先立ちダイエット後には、しっかりとストレッチをしておきましょう。

ストレッチをすることで、ふくらはぎの血管を伸ばし、血流をアップさせることができます。

アキレス腱伸ばしなど、ふくらはぎを伸ばすストレッチがオススメです。

やさしくマッサージする

つま先立ちダイエットの後のケアは、使った筋肉をほぐすことが大切です。

マッサージするのが効果的ですが、あまり強い力でマッサージはしないようにしましょう。

使った筋肉をそのままにしておくと、筋肉が硬くなり、太くなる可能性もあります。

マッサージのやり方は、手のひらでやさしくマッサージするのがオススメです。

超カンタンつま先立ちダイエットで脚やせ効果

つま先立ちダイエットの効果とやり方をご紹介しました。

脚やせ効果だけでなく、代謝をアップして、体全体が痩せやすくなるので、ぜひ毎日の日課にしてみてくださいね。
 

こみち
こみちの一言コラム

つま先立ちダイエットの効果は、脚やせ・お腹痩せができることです。

短時間で簡単にできるつま先立ちで、ダイエット効果をアップさせましょう。

スポンサーリンク