お尻と太ももの境目をつくってプリッとした美尻になる方法

お尻と太ももの境目がない原因とプリッとした美尻になる方法

加齢や運動不足が原因で、だんだんと垂れ下がってしまうお尻。お尻が下がると、テンションも下がってしまいますよね。

プリっとした美尻でパンツスタイルやミニスカートを着こなしたいけど、外国人やモデルのようなプックリとしたお尻になるにはコツが必要です。
 

こみち
ただ痩せただけだと小尻にはなるけど、プリっとした上向きのお尻になるのはむずかしいわ。

理想のヒップラインを手に入れるためには、お尻と太ももの境目をつくることから始めましょう。

そこで今回は、お尻と太ももの境目がない原因と、プリッとした美尻になる方法をご紹介します。

魅力的なお尻になるためのヒップアップ方法を見ていきましょう。

お尻と太ももの境目がないのは日本人だから?

外国人やモデルは、プリッとした上向きのお尻をしていて憧れますよね。程よく盛り上がったお尻だとボディラインが女性らしく、スタイルが良く見えます。

日本人は「扁平尻」や「四角尻」が多いと言われています。また加齢とともに「垂れ尻」になったり、反り腰が原因で「出っ尻」になったりすることがあります。

とくに平らなお尻である「扁平尻」の人は、プックリとしたお尻に憧れていることでしょう。でも日本人の体型は、前側の筋肉が発達しやすい特徴があるため、外国人のようなプリっとした美尻をつくりにくいと言われています。

つまり、ダイエットをして痩せただけではプリっとした美尻にならないということ。だからエクササイズでお尻の筋肉を鍛えれば良いのです。

そうすればお尻と太ももの境目がクッキリして、魅力的なヒップラインが完成します。

お尻と太ももの境目がない原因とは?

お尻と太ももの境目がない原因は、日本人が生きてきた環境によって生まれた体型のせいです。農耕民族だった日本人は、前かがみの姿勢になることが多かったので、おもに前側の筋肉が発達しやすくなったと言われています。

それ以外の原因では、以下のようなことが考えられます。

  • 加齢や運動不足によってお尻の筋肉が衰えている
  • 脂肪が多くつきすぎている
  • 骨盤の歪みや開きで横幅が広くなっている
  • お尻の血行が悪く、冷えている

 
これらの原因を解消する方法がわかれば、憧れの美尻を手に入れることができます。では順番に見ていきましょう。

お尻と太ももの境目をつくってプリっとした美尻になる方法

では、お尻と太ももの境目をつくってプリっとした美尻になるためには、どのような方法を実践すれば良いのでしょうか?

お尻の筋肉を鍛えてヒップアップ

お尻の形は、加齢とともに変化していくと言われています。それは、筋肉がだんだんと衰えてしまうことが原因です。

また若い女性でもお尻が垂れていたり、プリっとしていない原因は、運動不足が関係しています。

それを改善して美尻を手に入れるには、お尻の筋肉を鍛えることが大事。日本人である私たちは、ダイエットと並行して「美尻エクササイズ」をしなければ上向きヒップにはなれないのです。

脂肪を減らす食事でダイエット

お尻に脂肪がつきすぎている場合は、食事でダイエットをすることも大切です。もちろん食事でダイエットしただけでは、上向きヒップにはなれません。

食事によるダイエットと並行して、美尻エクササイズを継続していきましょう。食事のポイントとしては、「脂質」と「糖質」の量を少なめにすること。タンパク質をしっかり摂ることで、美尻エクササイズの効果がアップします。

美しいボディラインを手に入れるには「筋トレが必須」ということは、もう多くの人が知っていることですよね。

運動が苦手な女性でも簡単にできるエクササイズをご紹介しますので、ぜひ毎日やってみてくださいね。

猫背を直して骨盤の歪みを解消する

お尻が大きく、上向きヒップにならない原因は、骨盤の歪みが関係しています。女性の骨盤は毎日少しずつ歪みが生じていると言われているので、骨盤の歪みを解消するストレッチやエクササイズが必要です。

とくに出産後に骨盤の開きや歪みが生じるケースが多く、多くの女性が下半身の血行不良に悩まされているのではないでしょうか?

骨盤に歪みが生じるのは、このように出産も大きな原因になりますが、日頃の姿勢も関係しています。とくにデスクワークで猫背になりやすい人は、骨盤が歪んでしまうことが多いです。

また1日中座っていると、足の筋肉や腹筋もほとんど使わないので、それに連動しているお尻の筋肉も衰えやすいのです。

お尻マッサージで血行を良くする

お尻をさわって冷たいと感じる場合は、お尻の血行が悪くなっている可能性があります。それを解消して美尻を手に入れるには、お尻のマッサージで血行を良くすることが大事。

お尻をマッサージする方法は、グーの手にして、第二関節で下から上にさすり上げることです。

お尻はもともと脂肪が多い場所なので血行が悪くなりやすいのですが、エクササイズでお尻の筋肉を増やすことでも血行を改善することができます。

生活を改善してお尻と太ももの境目をつくる方法

お尻と太ももの境目をつくるには、日々の生活でやりがちな習慣を改善することも大切です。思い当たることがある人は、今すぐ改善できるように意識してみましょう。

お尻をつぶさないような座り方をする

お尻と太ももの境目をつくる方法は、お尻をつぶさないような座り方をすることです。デスクワークで1日中座っている人は、お尻がつぶれて形が崩れてしまうことが多いです。

NGな座り方は、イスに浅く腰をかけて、のけぞるように背もたれに寄りかかる姿勢です。この座り方だと、上向きにしたい場所がピンポイントでつぶれています。この姿勢を長時間続けることによって、美尻からどんどん遠のいてしまいますよ。

美尻をつくる正しい座り方は、イスに深く腰をかけ、背もたれにはほとんど寄りかからないこと。イスに接している面は、「太ももの後ろ側」と「お尻と太ももの境目あたり」です。

骨盤を立てるようにして、背すじを真っすぐ伸ばします。これが美尻をつくる正しい座り方の姿勢です。ぜひ心がけてみてくださいね。

足を組まないで正しい姿勢をする

お尻と太ももの境目をつくる方法は、座るときに足を組まないことです。足を組むと姿勢が歪み、骨盤に歪みが生じてきます。

これを解消するには、正しい姿勢をすることが大事。立っているときは重心のバランスを左右対称にし、つま先側に重心をかけるとヒップアップに良いそうです。

骨盤が後ろに傾かないように、しっかりと骨盤を立てておきましょう。これをクセづけることで、少しずつ解消されていきますよ。

骨盤ショーツを使ってみる

お尻と太ももの境目をつくる方法は、骨盤ショーツを使ってみるのもオススメです。骨盤ショーツとは、骨盤の歪みや開きを改善して、上向きヒップをつくる効果が期待できます。

履くだけでヒップラインがキレイになるなら、運動をしなくても良いと思われがちですが、ヒップアップのためのエクササイズは美尻に必須です。

お尻と太ももの境目をつくるエクササイズ

では、お尻と太ももの境目をつくるエクササイズには、どのような方法があるのか見ていきましょう。どれも簡単なので、運動が苦手な人でも自宅で簡単にできますよ。

スクワット

お尻と太ももの境目をつくるエクササイズは、スクワットが効果的です。スクワットは太ももからお尻にかけての筋肉の強化に効果的です。

下半身痩せの効果があり、適度な筋肉をつけて足を引き締め、お尻をプリッと上向きにしてくれます。回数はそれほど多くやる必要はありません。

1日に2回やるとして、合計で50~60回で良いでしょう。1回あたり25~30回ということですね。
 

❤相撲スクワット

  1. 足を肩幅よりも広めに開き、つま先を外側に向けます。
  2. 腰をゆっくりと落とし、太ももと床が並行になるまで膝を曲げます。
  3. ゆっくりと立ち上がり、膝が完全に伸びる手前で止めます。
  4. 背すじを真っすぐに伸ばして、前傾姿勢にならないようにします。

 
立ち上がったときに膝が完全に伸びてしまうと、膝を痛めることがあるので気をつけてください。また腰を深く落としすぎると膝を痛めることがあるので、痛みを感じたら少し浅めに腰を落としましょう。

ちなみに膝が痛くなる原因は、太ももの筋肉が少ないことが考えられます。スクワットで太ももの筋肉がつきはじめたら、膝の痛みが改善されるかもしれません。
 

❤スプリットスクワット(ランジ)

  1. 足を前後に開き、両膝を曲げながら腰を落とします。
  2. 後ろ足の膝が床につかない程度に腰を落とします。
  3. 前足は伸びきらないような中途半端な姿勢のまま上下動を小刻みにくり返しましょう。

 
このエクササイズは、体幹トレーニングである「ランジ」とも呼びます。やり過ぎると太ももに効いてしまうので、太ももがきつくなってきたらストップしましょう。

お尻に効いているのを感じながら、ヒップアップしていきましょう。

バックキック

お尻と太ももの境目をつくるエクササイズとして効果的なのは「バックキック」です。バックキックはお尻にピンポイントで効くので、絶対に外したくないエクササイズの1つです。
 

❤寝たままバックキック

  1. 床の上でうつ伏せになります。
  2. 両手を肘まで床につき、上体を起こします。
  3. 片足の膝を曲げて、その足を上に引き上げます。
  4. 片足ずつやってもOKですし、交互にやってもOKです。

 
四つん這いになってやるのが基本のバックキックですが、うつ伏せの状態でやると、お尻の筋肉により効かせやすくなります。

脚やせ効果のある「ハムストリング(太ももの後ろ側)」にも効くので、ヒップアップだけでなく下半身痩せに効果的ですよ。
 

❤全身を使ったバックキック

  1. 床で四つん這いになり、足は肩幅くらいに開きます。
  2. 背中を丸めながら、片足を引いて顔に近づけます。
  3. ゆっくりと足を後ろに引き上げ、一番上で数秒キープして戻します。
  4. 反対も同じようにやりましょう。

 
全身を使うバックキックのやり方なので、全身の血行が良くなるとともに、ヒップアップに効果的です。

バックキックを頑張りすぎると腰を痛めることもあるのですが、このやり方なら「腰を丸める動作」も含まれるので、腰のエクササイズにもなりオススメです。

ヒップリフト

ヒップアップ効果のあるエクササイズといえば、「ヒップリフト」も忘れてはいけません。ヒップリフトも体幹トレーニングの一種です。

太ももからハムストリング(太ももの後ろ側)まで効いているので、下半身痩せの効果も期待できます。
 

❤上げ下げするヒップリフト

  1. 仰向けになり、両膝を立てます。
  2. お尻を持ち上げて、膝から肩までが一直線になるような体勢をキープします。
  3. お尻を下げて、床に着く直前でまた上げます。これのくり返しです。

 
上げたときに、お尻がキュッと引き締まるのを感じましょう。
 

❤バランスボールでヒップリフト

  1. 床に仰向けになり、バランスボールに両足を乗せます。
  2. お尻をゆっくりと持ち上げて、体が一直線のラインになるようにします。
  3. お尻をゆっくりと戻し、また上げるのをくり返します。

 
バランスボールでなくても、台の上にクッションなどを置いて、その上に足を乗せてやってもOKです。

床の上でやるよりも、ヒップアップ効果が高まります。

坂道を後ろ歩きする

お尻と太ももの境目をつくるエクササイズは、後ろ向きで歩くのも効果的です。でも外で歩くと危ないので、ルームランナーやランニングマシンなどで後ろ向きに歩いてみると良いでしょう。

ただしスポーツジムの場合には、インストラクターの方に注意されるかもしれませんね。ケガには充分に注意してください。

プリッとした美尻になって後ろ姿美人になろう!

お尻と太ももの境目を作る方法をご紹介しました。プリッとした美尻になって、後ろ姿美人になりましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

お尻と太ももの境目をつくるには、美尻エクササイズをやるしか方法はありません。

食事制限などでダイエットをしつつ、エクササイズもやって美尻を目指しましょう。

スポンサーリンク