痩せているのに顔だけ丸い!顔だけ痩せない悩みはマッサージで解消

痩せているのに顔だけ痩せない原因と解消法

体は痩せているのに、顔が丸いだけで太っていると思われた経験はありませんか?

友達と写真にうつるときも、隣りの子の顔がシャープだと一歩後ろに下がりたくなりますよね。
 

こみち
痩せているのに、何だか損しているような気がするわ。

顔だけ丸く大きく見えてしまうのは、毎日の生活の中に原因があるかもしれません。そこで今回は、痩せているのに顔だけ丸い原因と効果的なマッサージ方法をご紹介します。

簡単な小顔マッサージを毎日続けるだけで、顔だけ痩せない悩みを解消できますよ。

痩せているのに顔だけ丸い! その原因って何?

痩せているのに顔だけ丸いと、第一印象で太って見られることはありませんか? しばらくしてから「意外と痩せてるんだね」なんて言われても、あまり嬉しくないですよね。

なぜ痩せているのに、顔だけ丸く大きくなってしまうのでしょうか? まずはその原因を解明していきましょう。

1番の原因は顔の血行が悪いこと

痩せているのに顔だけまん丸になってしまう原因は、顔の血行が悪いことが1番のネックになります。逆に考えると、顔の血行を改善できれば小顔になれます。

顔の血行が悪くなるのは、さまざまな原因が絡み合っているので、その原因を見ていきましょう。

顔の血行が悪いと「脂肪」がつきやすくなる

顔だけ丸く大きくなってしまうのは、血行が悪いことで脂肪がつきやすくなるからです。体の脂肪も同じですが、血行が悪い場所につきやすい特徴があります。

そして体は痩せているのに顔だけ大きい原因として、むくみも併発している可能性があります。

血行が悪くなるのは「むくみ」が原因

朝起きると顔がパンパンにむくんでいることはありませんか? むくみがあるということは、血行が悪い証拠。だから、「むくみ」と「脂肪」を併発していることも多いのです。

むくみを解消するにはマッサージがとくに効果的ですが、生活習慣の中にも原因があります。それは「塩分」の摂りすぎです。

濃い味付けが好きな人は、塩分を摂りすぎているかもしれませんね。長い目で見ると、糖分よりも塩分のほうが太りやすいと言われることもあります。

今は顔のむくみだけですが、油断すると体も太ってしまうかもしれません。

血行が悪い原因は骨格の歪みの可能性も

血行が悪くなる原因は、顔の骨格が歪んでいる可能性もあります。顔が丸く大きくなる原因は「骨格」そのものだと思っている人も多いと思いますが、実はそのケースはほとんどないそうです。

骨格が原因の場合は、歪みが生じていることで血行が悪くなり、むくみや脂肪がつきやすくなっているのかもしれません。歪みを解消する方法もご紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

筋肉やエラ張りで血行が悪くなっている

顔が丸いというわけではないけど顔が大きく見える原因は、顔の筋肉がこっていたり、エラが張って血行が悪くなっている可能性もあります。

エラ張りも骨格が原因の場合もありますが、実は筋肉が発達しすぎている可能性のほうが高いです。これもマッサージで解消できるので、安心してくださいね。

顔だけ痩せない悩みはマッサージで解消!

では、顔だけ痩せない悩みを解消するマッサージ方法をご紹介していきます。毎日続けることで少しずつ改善されていくので、頑張って続けてみてくださいね。

血行を良くする「むくみ解消リンパマッサージ」

顔だけ痩せない悩みを解消するマッサージは「むくみ解消リンパマッサージ」です。むくみを解消できれば血行が良くなるので、小顔効果があります。

リンパは傷つきやすいので、やさしくマッサージしてくださいね。クリームやオイルをつけると効果的です。使う指は「人差し指」と「中指」の2本です。

  1. 鼻の横の頬骨の部分を押します。指は動かさず、その場でクルクル押し回すようにしてみましょう。
  2. 次に鼻の横から頬骨の下を通って、耳まで指を滑らせます。
  3. その一段下の口の横から頬を通って、耳まで指を滑らせます。
  4. 顎の中央から顎のラインに沿って、耳まで指を滑らせます。
  5. 今度は顎の中央の裏側に指を当て、耳の後ろまで指を滑らせます。
  6. 最後に耳から首すじを通り、鎖骨リンパまで流します。鎖骨はリンパの終着地です。

 
リンパマッサージは熱があるときは、やらないでください。また食後すぐもNGです。痛くない程度の力でマッサージしましょう。

筋肉やエラ張りを解消する「コリほぐしマッサージ」

顔の筋肉がこっていたり、エラ張りを解消するには「顔の筋肉のコリほぐしマッサージ」が効果的です。

たとえエラ張りでない人も、顔の筋肉がこっている人が多いので、ぜひ毎日のルーティンにしてみてください。

  1. 手でこぶしをつくり、第二関節の平らな部分で耳の横の頬の部分をグリグリとほぐします。
  2. エラの部分(噛んだときに動く部分)は、かなり硬くなっている可能性があるので、しっかりとほぐしましょう。

 
エラ張りが気になる人は、歯を食いしばるクセがあるかもしれません。それは寝ている間かもしれませんし、何かに集中しているときかもしれません。

いずれにしても「顎関節症」の可能性もあるので、このマッサージを日課にしましょう。

口を「ア」の状態にして、10秒くらいキープするのも効果的です。ただし痛みがあるときは、あまり無理をしないでください。

頭皮マッサージで顔の血行を促進する

小顔効果のあるマッサージに、「頭皮マッサージ」があります。「頭皮をマッサージして小顔効果があるの?」と思うかもしれませんが、顔と頭皮はつながっていることを考えると、何となく効果があるのがわかりますよね。

頭皮の血行を良くすることで顔の血行が良くなる効果もあるのですが、とくに「顔のたるみ」を解消するリフトアップ効果が高いのが魅力です。

年齢とともに顔全体が下がってきたと感じている人は、ぜひ頭皮マッサージをしてみてください。

  1. 五本指の腹の部分を頭皮に当てます。
  2. 頭皮を押し回すように揉みほぐしましょう。
  3. 少しずつ指の場所をずらしながら、頭皮全体をマッサージしていきます。
  4. 頭皮の乾燥を防ぐには、保湿効果のあるオイルでマッサージするのもオススメ。

 
頭皮マッサージに適したオイルは、「ホホバオイル」や「椿オイル」です。頭皮の乾燥を防ぐことで、頭皮の血行を良くすることができます。

抜け毛予防や美髪効果もありますよ。女性ならいつまでもキレイな髪でいたいもの。小顔効果もあって髪もキレイになるなら一石二鳥ですね。

小顔マッサージで丸顔を解消するポイント

毎日続けたい小顔マッサージの方法をご紹介しましたが、丸顔を解消するために大切なポイントを3つご紹介します。

毎日できる小顔マッサージを見つける

小顔マッサージは、1日だけ頑張って長い時間マッサージしてもあまり効果がありません。翌日だけは効果が持続することもありますが、できれば小顔をキープしたいですよね。

そのためには、長時間やるよりも、毎日少しずつ続けることが大事。でも毎日となると面倒になってしまうこともありますよね。

だから毎日できる簡単な小顔マッサージの方法を見つけることも大切です。今回ご紹介した小顔マッサージのどれか1つでもOKなので、毎日続けてみましょう。

リラックスして小顔マッサージをする

小顔マッサージの効果を高めるには、リラックスした状態でマッサージすることが大切です。なぜリラックスすることが大切なのか。それには2つ理由があります。

顔だけ大きくなってしまう理由として、ストレスによる血行不良もあります。だからストレスを解消するために、極力リラックスして過ごすのがポイント。

また小顔マッサージは、リラックスした状態でやるほうが血行が改善しやすいのです。

小顔マッサージをするタイミングも大事

小顔マッサージの効果を高めるには、小顔マッサージをするタイミングも大事です。では、どんなときに小顔マッサージをすれば効果的なのでしょうか?

1番のオススメは「入浴後」です。入浴中でもOK。お風呂に入ると全身の血行が良くなるので、顔の血行も良くなりやすいのです。

バスタイムはリラックスできる時間なので、その意味でも効果的ですね。お風呂はゆっくり入りたいという人は、お風呂上りのスキンケアのときに、ついでに小顔マッサージをすれば続けやすいかもしれません。

マッサージ以外にも小顔になる方法がある!

では、小顔マッサージ以外にも小顔になる方法はあるのでしょうか?

骨格の歪みを解消する「姿勢矯正」

マッサージ以外で小顔になる方法は、姿勢を矯正することです。猫背が原因で顔のむくみや歪みが生じることが多いので、骨格の歪みを解消するのに効果的です。

とくに座ってパソコン作業やスマホ操作をするときに猫背になる人が多いので、意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

また、下を向く姿勢が顔のむくみの原因になっている場合もあります。スマホ操作は、なるべく顔の前までスマホを持ってきて操作すると良いでしょう。

塩分・アルコールを控えめにする

顔がむくむ原因は、食生活にも深い関係があります。とくにアルコールを飲んだ翌日は顔がむくみやすいので、水を多めに飲むか、お酒の飲み過ぎをやめるなどの対策が必要です。

そして食生活で気をつけたいのは「塩分」の摂りすぎです。塩分の摂りすぎは色々な不調をもたらすので、できるだけ控えましょうね。

全身がむくみ体質になると太りやすくなり、顔だけでなく体も痩せにくくなるかもしれません。

適量の水分補給は必須条件

顔のむくみを解消するには、適量の水分補給が必須条件です。「水を飲んだらむくむから、普段からあまり飲んでいない」という人は、実はそれがむくみの原因かもしれません。

水分は、摂りすぎても摂らなすぎても「むくみ」が生じます。だから適量の水分補給が大事なのです。1度に大量の水を飲んだり、寝る直前にたくさん飲むとむくむ可能性が高くなります。

また水分を摂らないと血液中の水分量が少なくなり、正常を保つために水分をため込んでしまいます。適量の水分補給とは、1~2時間おきに200mlくらいの水を飲むことです。だいたいコップ一杯程度です。

お風呂で体内にたまった水分をデトックス

マッサージ以外で小顔効果を狙うなら、お風呂で体内にたまった水分を汗として排出することも効果的です。顔がむくむのは体内に水分がたまってしまうからです。

それを解消するには、運動や入浴で汗をかくことがオススメ。デトックス効果があるので、体内の老廃物や毒素を排出することもできます。

体内に余計なものがたまっていると、血行が悪くなるので代謝も低下しがちに。すると顔だけでなく、体も太ってしまうかもしれません。

顔がパンパンになってしまう生活習慣にも気をつけよう!

朝起きたら顔がパンパンになっていることが多い人は、以下のような原因が考えられます。

  • 寝不足
  • ストレス
  • 運動不足
  • むくみ体質

 
寝不足やストレスは顔の血行を悪くするので、できるだけ予防しておくことが大事。そして運動不足も解消しておくとベストです。

顔だけでなく、体がむくみ体質の人は、今のうちに解消しておかないと太りやすい体質になってしまうので気をつけましょう。それを回避するためにも適度な運動が効果的です。

顔だけ痩せない悩みを解消してスッキリ小顔になろう!

痩せているのに顔だけ丸い原因と解消法をご紹介しました。マッサージがもっとも効果的ですが、毎日続けることがポイントですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

顔だけ痩せない原因は、顔の血行が悪くて「むくみ」や「脂肪」「歪み」があること。

すべての解消法はマッサージが効果的。歪み解消には姿勢改善も大事なポイントですよ。

スポンサーリンク