お尻のエクササイズで足が長く見えるヒップアップ方法

お尻をのたるみを解消して、足を長く見せるヒップアップ方法

お尻の筋肉を使わない生活をしていると、だんだんお尻のたるみが出てきてしまいますよね。でも、それだけではないんです。

お尻がたるんでいると、足が短く見えてしまうのをご存知でしょうか?
 

こみち
確かにお尻がキュっと上がっていると、足が長く見えるわね。

そうです。お尻のエクササイズでヒップアップをすると、足が長く見える効果があるのです。そこで今回は、お尻のエクササイズで足が長く見えるヒップアップ方法をご紹介します。

ヒップが垂れる原因を解消し、お尻のエクササイズで脚長効果を狙うヒップアップ方法を実践していきましょう。

ヒップの垂れで足が短く見える原因

お尻の筋肉を使わないと、どんどんヒップが垂れてきてしまいます。すると足が短く見えてしまうのです。それは一体どういうことなのでしょうか?

デスクワークでお尻の血行が悪くなっている

デスクワークで一日中座っている人は、言ってみればずっとお尻をつぶしている状態です。するとお尻の血行が悪くなり、ヒップが垂れる原因になって足が短く見えてしまいます。

小まめに席を立ったり、お尻をつぶさない座り方をマスターすることで予防できます。座り方は、太ももとお尻の間で座るイメージです。

骨盤を立てて座れば、自然とそのような座り方になり、姿勢も美しくなりますよ。デスクワークでもお尻の垂れを防ぐことはできます。

お尻に「冷え」と「むくみ」がある

日頃から運動不足の人は、お尻に「冷え」と「むくみ」があることで血行が悪くなってしまうのかもしれません。

お尻は筋肉よりも脂肪の割合が多い場所なので、血行が悪くなりやすく「冷え」や「むくみ」が出やすいパーツです。

だからこそお尻の筋肉を鍛えて熱を生みだすことが、お尻の冷えとむくみを予防・改善することにつながります。

痩せている人でもヒップが垂れる可能性があるのですが、その原因は冷えとむくみが多いです。いくらダイエットをしても、お尻のたるみはエクササイズをしなければ改善できません。

「骨盤の歪み」と「筋肉の張り」で太ももとお尻が大きくなる

ヒップが垂れて足が短く見える原因は、太ももが太くなり、お尻が大きくなってしまうからかもしれません。なぜ、このような現象が起きるのでしょうか?

実は日頃からヒップアップを頑張っている人に起こりやすいと言えます。その元凶となるのは「骨盤の歪み」です。骨盤が歪んでいると腰から足にかけての血行が悪くなり、痩せにくくなるのです。

また太ももからお尻にかけての筋肉を使ったエクササイズをしている人は、使った筋肉が張ってしまい、血行が悪くなることで「筋肉太り」のような状態になっている可能性があります。

まずは骨盤の歪みを解消し、使った筋肉をほぐして血行を良くすることが先決です。それをしないと、ヒップアップエクササイズをすればするほど大きくなって逆効果になってしまいます。

ヒップアップで足を長く見せる方法

では、ヒップアップで足を長く見せるには、どのような方法をすれば良いのでしょうか? 脚長効果のポイントをご紹介します。

足とお尻の境目をクッキリさせる

ヒップアップで足を長く見せる方法は、足とお尻の境目をクッキリさせることが大切です。お尻が下がっているなら、ヒップアップエクササイズでキュっと持ち上げる必要があります。

だから足とお尻の境目をクッキリさせることが、足を長く見せるポイントになりますよ。そのためにはエクササイズが必須です。

垂れたヒップを持ち上げるだけで脚長効果

お尻がむくんでいたり、脂肪が多くたまってしまうと、お尻が垂れ下がって足を隠してしまうので足が短く見えます。この垂れ下がったヒップを持ち上げるだけで、足が長く見えますよ。

お尻の脂肪を少なくしたり、むくみを解消することも大切ですが、1番はやっぱりお尻のエクササイズです。ヒップアップ効果で足を長く見せるには、それが手っ取り早いです。

お尻のエクササイズで足が長く見えるヒップアップ方法

ではお尻のエクササイズとは、どのような方法なのでしょうか? ヒップアップすることで足が長く見えるので、頑張って続けていきましょうね。

お尻の上部を鍛えるエクササイズ

足が長く見えるヒップアップ方法は、お尻の上部を鍛えるエクササイズが効果的です。お尻の上側を鍛えることで、たるんだお尻を引き上げる効果があります。

  1. 横向きに寝て、下の足は膝を曲げて骨盤よりも前に出します。
  2. 上の足は骨盤よりも後ろに引きます。頭から骨盤までは一直線にします。
  3. お腹に力を入れた状態で、上の足を上げ下げします。
  4. 床まで下ろさずに、上げ下げをくり返しましょう。

 
これならテレビを観ながらでもできますが、見た目よりも地味にキツイので頑張ってやってみましょう。

お尻の下部を鍛えるエクササイズ

足が長く見えるヒップアップ方法は、お尻の下部を鍛えるエクササイズです。お尻の下部は垂れやすいパーツなので、しっかりとエクササイズでヒップアップしていきましょう。

  1. 仰向けになり、両膝を曲げます。骨盤の幅に足を開き、スネは床と垂直になるようにします。
  2. 両手は上に上げ、手のひらを外側に向けます。
  3. 膝を曲げたまま片足を上げて、お尻を上げます。
  4. 上げ下げをくり返し、反対の足もやります。

 
骨盤が傾かないように、床と水平を保ちます。

お尻の外側を鍛えるエクササイズ

足を長く見せるヒップアップ方法は、お尻の外側を鍛えるエクササイズです。お尻の外側を鍛えることで横幅が引き締まり、小尻効果があります。

  1. 床の上で横向きになり、かかと・膝・股関節をそれぞれ90℃にします。
  2. 上側の膝をゆっくりと上げて、貝のようにパカっと足を開きます。
  3. かかとは離れないように、くっつけたままにします。
  4. 腰がつられて倒れないように、真横の向きでキープします。

 
上半身は動かさずに、足だけ動かすようにします。しっかりとヒップに効いているのを感じましょう。

お尻のストレッチで使った筋肉を伸ばす

お尻のエクササイズが終わったら、必ずお尻のストレッチをして終わりにしましょう。使った筋肉はしっかりと伸ばしておかないと硬くなってしまいます。

硬くなると血行が悪くなるので、ヒップアップ効果が半減してしまいます。また股関節をストレッチすることで、骨盤の歪み解消にも効果的なストレッチです。

  1. 仰向けになり、片方の膝を立てます。
  2. もう片方の足を膝の上に乗せて、立っている足の膝を持ちます。
  3. ゆっくりと自分のほうへ引き寄せ、20秒キープします。
  4. 反対も同じようにやりましょう。

 
お尻と股関節をストレッチできているのを感じましょう。お尻の筋肉痛を防ぎ、ヒップアップ効果を高めます。

お尻のエクササイズをして足を長く見せよう!

お尻のたるみを引き締めて、足を長く見せるヒップアップ方法をご紹介しました。お尻の筋肉は使わないと、どんどんたるんでしまいます。

キレイなお尻と脚長効果を目指して、ヒップアップエクササイズを頑張りましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

お尻がたるむのは、日常生活に原因があります。

お尻を鍛えるエクササイズでキレイに引き締めて、足を長く見せましょう。

スポンサーリンク