ヒップアップ効果のある歩き方で理想のボディラインになる!

ヒップアップ効果のある歩き方で簡単ダイエット!

モデルのようにプリっとした上向きのヒップには、誰しもあこがれますよね。

でも忙しくて、運動をする時間がとれない人も多いのではないでしょうか?
 

こみち
仕事が終わってから運動をする気力がないわ。

ダイエットのための運動をする時間がとれないなら、歩き方を変えるだけでヒップアップできるダイエットがオススメです。

そこで今回は、ヒップアップ効果のある歩き方をご紹介します。歩き方を変えるだけで、理想のボディラインになれますよ。

通勤や買い物で毎日歩いている時間を使って、簡単にダイエットしていきましょう。

ヒップアップ効果のある歩き方で理想のボディラインになる!

筋トレやエクササイズをやらなければヒップアップできないと思っている人もいるかもしれませんが、実は歩き方を変えるだけでヒップラインがキレイになるのです。

良くない歩き方をしていると、いくらウォーキングでダイエットをしても、理想のボディラインを手に入れることはできません。それどころか、お尻が垂れてしまうこともあります。また歩いているとすぐに疲れたり、変な部分の筋肉が張って筋肉太りになってしまうこともあります。

歩き方を変えるだけで理想のボディラインを手に入れることができるなら、そんなに嬉しいことはありませんよね。

歩くだけで劇的にダイエット効果がアップしますし、毎日の通勤や買い物で歩くだけで理想のボディラインを手に入れることができるのです。

ヒップが垂れ下がるNGな歩き方とは?

ヒップが垂れ下がるNGな歩き方とは、簡単にいうと「お尻の筋肉を使っていない歩き方」のことです。お尻の筋肉は「大殿筋」と呼ばれ、この筋肉が衰えて垂れ下がってしまうのです。

スタイルが悪くなるNGな歩き方とは、どんな歩き方なのでしょうか?

「猫背」で「骨盤が後傾」しているのが1番の問題

ヒップが垂れ下がるNGな歩き方は、猫背になっていたり、骨盤が後ろに傾いていることです。そうなるとお尻の筋肉を使わないので、どんどんお尻の筋肉が衰えて垂れてしまいます。

本来であれば、お尻は年齢とともに垂れていきますが、若いうちからヒップが垂れてしまうこともあるのです。それを防ぐには、正しい歩き方で歩くことが大事。

日本人のお尻は平べったいのが特徴で、外国人のようにプリっと盛り上がったお尻ではありません。だからこそエクササイズでヒップアップすることが必要なのですが、歩き方を変えればキレイなヒップをつくることができますよ。

「膝が曲がった状態で歩く」と太ももが太くなることも

ヒールを良く履く人は、膝が曲がった状態で歩いていませんか? 実はこの歩き方こそヒップが垂れる原因なのです。

また膝が曲がった状態で歩くと、太ももの前側の筋肉を使うので、太ももの筋肉が張って足が太くなってしまうこともあります。

キレイなヒップと美脚を手に入れるには、歩き方を改善することが大切なのです。

「内股」で「歩幅が小さい」とダイエット効果が半減

ヒップが垂れ下がるNGな歩き方は、内股になったり、歩幅が小さいことです。この2種類の歩き方もまた、お尻の筋肉を使わない歩き方なのです。

日本人女性は内股になって歩く人が多いのですが、かわいい反面、キレイなヒップと美脚を手に入れることができなくなります。

とくに歩幅が小さいと消費カロリーも少なく、痩せるために歩いているのになかなか痩せられないという事態を引き起こします。頑張っているのがムダになるのは避けたいですよね。

そこで今回は、ヒップアップ効果のある歩き方をご紹介したいと思います。

ヒップアップ効果のある歩き方とは?

では、ヒップアップ効果のある歩き方とは、どんな歩き方なのでしょうか? 正しい歩き方のポイントを押さえて、さらにキレイなヒップラインを手に入れるためのコツをご紹介していきます。

正しい歩き方の基本ポイント

ヒップアップ効果のある歩き方は、まずは正しい歩き方をすることが何よりも大事なことです。正しい歩き方がわからなければ、他の部分を意識しても、思ったようなヒップアップ効果は得られません。

正しい歩き方の基本ポイントは、以下のような歩き方です。

  1. 頭を上から引っ張られているようなイメージで姿勢を正す
  2. 片足を前に出し、かかとから着地する
  3. 後ろ足で地面を蹴り、お尻から足先までを一直線にする
  4. 一本のライン上を歩くように意識する

 
まずは姿勢を正し、猫背にならないようにします。頭の上から引っ張られているようなイメージで、骨盤をしっかりと立てます。

ポイントは、かかとを着地した瞬間に後ろ足で地面を蹴ること。このタイミングが重要です。つまり、つねに上半身が「前足」と「後ろ足」の中間に位置していることが大切です。

膝を伸ばして歩くと歩き姿が美しい

ヒップアップ効果のある歩き方は、膝を絶対に曲げて歩かないこと。膝が曲がっていると太ももの前側の筋肉を使うので、太ももが太くなってしまうことがあります。

見た目としても、膝が曲がったまま歩いているのはあまりカッコよくないですよね。美しいシルエットをつくるには、膝が伸びた状態で颯爽と歩くことが大切です。

大股で歩くとダイエット効果アップ

ヒップアップ効果のある歩き方は、大股で歩くことです。大股で歩くと消費カロリーがアップして、ダイエット効果が高まります。

また大股で歩けば、外国人のようにキレイなヒップを手に入れることができます。年齢とともにお尻は垂れやすくなりますが、歩き方を変えるだけでキレイなヒップをつくることができます。

みぞおちの下に足がついているつもりで動かす

ヒップアップ効果のある歩き方は、足の付け根からしっかりと動かすことです。イメージとしては、みぞおちの下に足がついているつもりで動かすことです。

足だけで歩くと重心が下に下がり、足が疲れやすくなったり、足が太くなりやすくなります。

重心を意識的に上にすることで、歩くのがラクになり、ヒップアップ効果も高まります。

ウォーキングによるヒップアップ効果を高めるストレッチ

ウォーキングによるヒップアップ効果を高めるには、歩いた後のストレッチも大事です。使った筋肉はしっかりとほぐしておくことで、お尻の血行が悪くなるのを防ぐことができます。

お尻の筋肉のストレッチで血行を促進する

  1. イスに浅めに腰かけて、右くるぶしを左膝の上に乗せます。
  2. 右手で膝を押して、足から膝までを横一直線にします。
  3. そのまま上体を倒し、右のヒップをストレッチします。
  4. 反対も同様に行いましょう。

 
お尻のストレッチをすると、血行を促進して、お尻のむくみや脂肪がたまりやすくなるのを防ぐことができます。

深く呼吸をしながら、ゆっくりとした動作でストレッチするのがコツです。

股関節ストレッチで足を動かしやすくする

  1. 床で四つん這いになり、足を広く開きます。
  2. つま先は外側に向けて、お尻を床に近づけていきます。
  3. ゆっくりとお尻を上げ下げします。
  4. 股関節に無理のない範囲で、かつしっかりとストレッチできるところまでやりましょう。

 
股関節が柔らかくなると、足の運びがスムーズになるとともに、お尻の血行を良くすることができます。

足を動かしやすくなると歩きやすくなり、疲れにくくなる効果もありますよ。

ハムストリングのストレッチで腰痛を改善する

  1. 足を伸ばして座り、片足の膝を曲げます。
  2. 足を体のほうに近づけて、伸ばしている足の方向へおへそを向けます。
  3. 伸ばしている足を外側に向け、上体を倒します。10秒キープします。
  4. 反対も同じように行いましょう。

 
ハムストリングは、運動をすると硬くなりやすい筋肉です。ここが硬くなると腰痛になることが多いので、腰痛改善のためにもハムストリングのストレッチをすることは大切です。

骨盤ストレッチで姿勢を矯正する

  1. ひざ立ちになり、足をひざよりも外側に置きます。
  2. ひざ同士をくっつけて、お尻を下ろして上げます。
  3. 5回くり返しましょう。

 
骨盤に歪みが生じると、お尻から下半身にかけての血行が悪くなります。そうなると足太りやお尻のたるみの原因になるので、骨盤矯正をしておくことが大切です。

骨盤の歪みが改善されることで、姿勢を矯正することもできます。とくに日本人は骨盤が後傾しやすいので、前かがみになりやすいと言われています。

骨盤ストレッチをすることで、骨盤を立てて姿勢を良くすることができますよ。

歩くだけでヒップアップできる簡単ダイエットでプリっとしたお尻に

ヒップアップ効果のある歩き方をご紹介しました。ヒップが下がると老けて見える体型になってしまうので、いつまでもプリっとしたヒップをキープしたいですよね。
 

こみち
こみちの一言コラム

ヒップアップ効果のある歩き方をすれば、エクササイズや筋トレをしなくてもヒップアップすることができます。

ダイエットのためにウォーキングをしている人はダイエット効果がアップしますし、毎日の通勤や買い物で歩いている人は、それだけでヒップアップすることができますよ。

スポンサーリンク