硬いお尻を柔らかくする「お尻ストレッチ」でプリっとした桃尻に

硬いお尻を柔らかくする「お尻ストレッチ」のやり方

意外とこっているのに、硬くなっていることに気づきにくいお尻。

毎日座っていることが多い人や、お尻の筋肉を使いすぎている人は、お尻が硬くなっているかもしれません。
 

こみち
お尻は普段触らないから、硬いかどうかも気づかないわ。

お尻が硬くなっていると、腰痛などの不調を引き起こすとともに、ヒップアップ効果も半減してしまいます。

そこで今回は、硬いお尻を柔らかくするストレッチをご紹介します。美尻や小尻を目指すには、お尻のストレッチが必須。

気持ちよく伸ばすことで、お尻以外の場所にもメリットがたくさんありますよ。

お尻が硬くなる原因とは?

そもそも、お尻が硬くなる原因とは何でしょうか? お尻が硬くなると、健康やダイエットに悪影響があります。今すぐ改善するためにも、まずは原因を見ていきましょう。

長時間おなじ体勢でいる

お尻が硬くなる原因は、長時間おなじ体勢でいることです。たとえば長時間立ったままでいる接客業などの立ち仕事の人は、お尻が硬くなっている可能性があります。

お尻が硬くなると、下半身がだるくなったり、ダイエットをしても痩せにくくなることがあります。それは、お尻の血行が悪くなってしまうから。

硬くなったお尻を柔らかくするには、お尻ストレッチが効果的です。

長時間座ることが多くコリがある

お尻が硬くなる原因は、ずっと座っていることが関係しています。長時間座ったままでいると、お尻を圧迫して血行が悪くなります。

お尻の血行が悪くなるとコリが生じて、冷え性や腰痛などの不調が起こりやすくなります。そこで、お尻を柔らかくするストレッチをすれば、健康効果とダイエット効果が同時にアップしますよ。

普段からお尻の筋肉を使っていない

お尻が硬くなる原因は、普段からお尻の筋肉を使っていないことで、お尻の筋肉が衰えているかもしれません。

お尻の筋肉が衰えてしまうと、お尻がたるんだり、むくんだりしてしまいます。するとお尻が大きくなってしまったり、お尻の形が悪くなってしまうことも。

美尻を目指すには、お尻をストレッチする必要があります。

運動などでお尻の筋肉を使いすぎている

お尻が硬くなる原因は、運動などでお尻の筋肉を使いすぎているのかもしれません。ヒップアップのためにエクササイズや筋トレをしている人は、しっかりほぐさないとお尻が硬くなってしまいます。

筋肉痛になりやすい人は、お尻が硬くなっているかもしれませんよ。お尻が硬くなると、せっかくのヒップアップエクササイズも効果がなくなってしまいます。

使った筋肉はしっかりほぐし、お尻の血行を良くしておくことが大切です。

お尻を柔らかくするメリットとは?

では、硬いお尻を柔らかくするメリットには、どのようなことがあるのでしょうか? お尻が柔らかくなると、想像以上のメリットがあるかもしれませんよ。

腰痛が改善され、疲れにくくなる

お尻を柔らかくするメリットは、腰痛が改善されることです。腰痛を抱えている人の多くは、お尻が硬くなっていることが多いんだとか。

この腰痛を改善するためにも、お尻ストレッチは効果的です。お尻を柔らかくすれば、だるさや疲れやすさなどが軽減され、疲れにくくなるメリットがあります。

お尻の筋肉のコリをほぐし、美尻になる

お尻を柔らかくするメリットは、お尻の筋肉をほぐして美尻になることです。お尻の筋肉にコリがあるとお尻が硬くなり、美尻とはほど遠い状態になってしまいます。

美尻になるためにもお尻のストレッチをして、柔らかくほぐしていきましょう。そうすることでお尻の血行が良くなり、ヒップアップ効果が高まりますよ。

お尻のむくみを解消して小尻になる

お尻を柔らかくすると、むくみが解消されて、血行が良くなる効果があります。普段からあまりお尻の筋肉を使わない人は、お尻が硬くなっている可能性があります。

お尻の筋肉は、使わなすぎても、使いすぎても硬くなってしまうことがあるのです。

お尻を柔らかくするには、ストレッチやマッサージが効果的ですが、今回はお尻ストレッチをご紹介します。

お尻のたるみを解消してヒップアップ効果がある

お尻が柔らかくなるメリットは、お尻のたるみを解消してヒップアップ効果があることです。お尻の脂肪が多くなったり、お尻の筋肉を使わないと、お尻にたるみが出てしまいます。

お尻のたるみを解消するにはエクササイズが効果的ですが、血行が悪くなっていることも考えられるので、お尻ストレッチも効果的です。

股関節が柔らかくなり、骨盤の歪みが改善される

お尻が硬くなっていると、股関節も硬くなっていることが考えられます。股関節が硬くなると、骨盤の歪みが生じることがあります。

骨盤が歪むと下半身太りになったり、ポッコリお腹の原因になることがあります。

お尻を柔らかくすると股関節も柔らかくなり、骨盤の歪みが解消される効果が期待できます。普段あまり動かさない場所をストレッチすると、意外なメリットも多いですよ。

冷え性を改善して、お腹やせ・脚やせの効果アップ

お尻が柔らかくなるメリットは、冷え性が改善されることです。お尻が硬い人は、お尻が冷えているのはもちろん、下半身や全身が冷えている可能性があります。

するとお腹や下半身が太りやすくなるので、お尻ストレッチをすることでお腹やせや脚やせの効果がアップしますよ。

では、お尻を柔らかくする「お尻ストレッチ」とは、どのようなやり方なのでしょうか?

硬いお尻を柔らかくする「お尻ストレッチ」のやり方

硬いお尻を柔らかくするには、お尻ストレッチをするのが効果的です。たとえお尻がこっていても、あまり気づかないので意識的にストレッチしてあげることが大切です。

ヨガポーズでお尻ストレッチ

  1. 右膝を曲げた状態で座り、左足を後ろに伸ばします。
  2. できる人は、右膝が90℃になるようにします。
  3. ゆっくりと上体を前に倒し、両手を伸ばします。
  4. そのまま20~30秒キープします。
  5. 反対も同様にやります。

 
股関節のストレッチ効果もあるので、お尻を柔らかくすることができます。腰痛改善にも効果的です。

上級者向けお尻ストレッチヨガ

  1. 左膝を曲げて座り、右足は後ろに伸ばします。
  2. 右足の膝を曲げて、右足首をつかみます。
  3. 右足を右腕に引っかけて、左腕は頭の上から回して右手をつかみます。
  4. 顔は正面に向け、背すじを伸ばします。
  5. 反対も同様にやります。

 
太ももとお尻、股関節など様々な場所のストレッチ効果があります。お尻のむくみが解消される効果もあるようなので、小尻効果も期待できますね。

はじめはできないかもしれませんが、毎日チャレンジしているとできるようになります。できたときは、けっこう感動ですよ。「あ、わたしヨガやってる」という感覚になり、テンションが上がります。

イスに座ってできるお尻ストレッチ

  1. イスに浅く座り、右足を左膝に乗せます。
  2. 背すじを伸ばしたまま、ゆっくりと上体を前に倒します。
  3. 右お尻がストレッチできたら、反対側も同様にやります。

 
イスに座ったままできるので、デスクワークの合間にもできるかもしれませんね。ずっと座っているとお尻が硬くなるので、リフレッシュにお尻ストレッチをしてみるのも良いでしょう。スカートではできませんが、パンツスタイルなら人目がない時にできるかも!?

寝たままできるお尻ストレッチ

  1. 仰向けになり、左膝を立てます。
  2. 右足を左膝に乗せます。
  3. 左膝を両手でつかみ、胸のほうへ引き寄せます。
  4. 反対も同様にやります。

 
おうちでリラックスしているときや、寝転んでいるときにできるお尻ストレッチです。ゴロ寝でテレビを観ているときや、寝る前などにやってみてくださいね。

筋肉のコリをほぐすお尻ストレッチ

  1. 床に座り、右足を左足の外側についてクロスします。
  2. 左足の膝を曲げ、坐骨(お尻と足の付け根の間の骨)を床につきます。
  3. 背筋を伸ばし、左腕で右膝を抱えて胸に引き寄せます。
  4. そのまま右を向いて、20~30秒キープ。
  5. 反対も同様にやります。

 
腰痛改善に効果的なお尻ストレッチです。エクササイズなどで使い過ぎたお尻の筋肉が硬くなっている場合にも効果的です。

股関節ストレッチでお尻を柔らかくする

  1. 足裏同士をくっつけて床に座り、足は体から少し離して「ひし形」をつくります。
  2. 膝をなるべく床に近づけて、上体を前に倒します。
  3. ゆっくり呼吸しながら、20秒キープしましょう。

 
お尻が硬いと、股関節も硬くなります。そのため股関節ストレッチをすることで、お尻を柔らかくすることも可能です。

お尻ストレッチのポイント

お尻ストレッチのやり方をご紹介しましたが、ストレッチをする際のポイントをいくつかご紹介します。

呼吸をゆっくりしながらお尻ストレッチをする

お尻ストレッチのポイントは、呼吸をゆっくりしながらストレッチすることです。お尻ストレッチに限ったことではありませんが、ストレッチ中は呼吸を止めないようにしましょう。

呼吸をすることで血液に酸素が運ばれ、血行がスムーズになります。リラックスしながらストレッチすることも、お尻ストレッチの効果を高めるポイントです。

伸びている場所を意識してお尻ストレッチをする

お尻ストレッチのポイントは、伸びている場所を意識することです。ストレッチだけでなく、筋トレやエクササイズにも同じことが言えます。

使っている筋肉、伸びている場所を意識することで、その動作の効果がアップするのです。

お尻ストレッチは、普段の生活ではしない動作が多いので、意外な気持ちよさを感じられるかもしれません。

20秒くらいキープするのが効果的

お尻ストレッチのポイントは、それぞれの動作で20秒くらいキープすると効果的です。ゆったりと呼吸をしながら、気持ちよく伸ばしましょう。

お尻をストレッチすることだけに集中して、ほかの場所に痛みがあるときは、無理をしないでください。

リラックスすることで血行が良くなるので、ゆったりとした気持ちでお尻ストレッチをしましょう。

お尻を柔らかくするストレッチでプリっとした桃尻に!

硬いお尻を柔らかくするストレッチをご紹介しました。お尻を柔らかくすることでヒップアップ効果が高まりますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

硬いお尻は、血行が悪くなっている証拠。ゆったりとストレッチをして、血行を良くしていきましょう。

お尻が柔らかくなると腰痛や冷え性の改善にも効果があり、また疲れにくくなったり、ダイエット効果がアップする効果も期待できますよ。

スポンサーリンク