顔が大きい悩みは「小顔習慣」で解消できる!

顔が大きくなる原因は習慣だった。小顔習慣で悩みを解消しよう!

顔が大きいと気になって、コンプレックスに感じてしまいますよね。でも顔の大きさは、変えられるのをご存知ですか?

顔が大きいのは、毎日の習慣が原因だったのです。
 

こみち
顔が大きいのは生まれつきだから、変わらないと思っていたわ。

そこで今回は、顔が大きい悩みを解消する「小顔習慣」についてご紹介していきます。顔が大きい悩みは、習慣を変えることで解消できるのです!

昔から顔の大きさが気になっている人も、太ったわけでもないのに顔が大きくなった気がする人も、小顔を目指して頑張りましょう。

顔が大きいのは治るの?

本当に顔が大きいのは治るのでしょうか? 残念ながら「骨格」が原因で顔が大きい場合には、習慣を変えても小顔になることはできません。

でもそれ以外の原因の場合には、小顔になることができます。小顔は生まれつきだと思っている人もいるかもしれませんが、実は習慣が大きく関わっているのです。

だから毎日の習慣を変えれば、小顔になることも可能です。

顔が大きいことがコンプレックスの人は、今すぐ「小顔習慣」を実践していきましょう。意外とカンタンに小顔になれるかもしれませんよ。

ではまず、顔が大きくなる原因を見ていきましょう。原因がわかれば、それを解消する方法も見つかるはずです。

顔が大きくなる原因は?

顔が大きくなる原因には、いくつかあります。まずは、どのタイプなのか知っておきましょう。

パンパンのむくみ顔は、代謝の低下が原因

顔が大きくなる原因の1つは、むくみの可能性があります。パンパンのむくみ顔になると代謝が低下している証拠なので、ダイエットをしても痩せにくい特徴があります。

むくみは顔だけでなく、全身がむくみ体質になっている可能性があるのです。そのため朝に顔がむくみやすい人は、夕方には足がパンパンにむくんでしまう人が多いことでしょう。

むくみがあると血行が悪くなり、冷え性の可能性もあります。まずは体を温めることから改善していけば、小顔になることができます。

食習慣などで脂肪太りになる

顔が大きくなる原因は、糖質や脂質の多い食習慣のせいで、脂肪太りになっている可能性があります。

年齢とともに代謝が低下するので、若い頃と同じ食生活をしていると、だんだん脂肪が増えて太りやすくなります。これは年齢とともに血行が悪くなり、糖質や脂質の代謝が低下するからです。

美味しいスイーツや脂っこい食事は摂りすぎに注意して、代謝を良くすることで脂肪を減らしていきましょう。そうすれば小顔になるとともに、全身のダイエット効果もアップします。

年齢とともに「たるみ」で顔が大きくなる

顔が大きくなる原因は、年齢とともに皮膚に「たるみ」が出てくるからです。実は皮膚のたるみも、血行が悪いことが考えられます。

たるみだけでなく、さまざまなエイジングサインは血行不良によって引き起こされます。

顔の血行を良くすることで、むくみや脂肪、たるみを解消して小顔になることができます。どれも生まれつきの原因ではなく、毎日の習慣によって顔が大きくなってしまったと考えられます。

顔が大きい悩みは小顔習慣で解消できる!

顔が大きくなる原因は、おもに「むくみ」「脂肪」「たるみ」でした。どれも血行が悪くなることが原因ですが、どのような習慣に変えれば顔が大きい悩みを解消できるのでしょうか?

スマホを見るときは「猫背」にならないように注意

最近は、スマホを見るときの姿勢が「猫背」になってしまう人が多いようです。スマホを見るときの姿勢はうつむくことが多いので、首を圧迫して顔への血流を悪くしてしまいます。

すると顔のむくみや脂肪が増える原因となり、ひいては顔のたるみも引き起こします。顔が大きくなるのは、このような毎日の何気ない習慣が大きく関係しているのです。

スマホを見るときは、できるだけ顔を上げた状態にして、首やあごを圧迫しないようにしましょう。二重あごの解消にも効果的です。

軽い運動習慣で小顔に近づく

顔が大きい悩みは、軽い運動習慣をつけることで解消できます。毎日ちょっとでも体を動かすことで血行が良くなり、代謝も活発になります。

すると顔のむくみが解消されたり、顔についた脂肪が落ちていき、全身のダイエット効果もアップします。足のむくみも解消されるので、気がついたらスタイル抜群になっているかもしれませんよ。

寝方によって顔の血行が悪くなると小顔が遠のく

顔が大きい悩みは、寝方によって解消することができます。顔が大きくなる寝方は、うつ伏せや横向きで顔を圧迫してしまうのがNGです。

小顔になる寝方は、仰向けで寝ること。これがベストです。顔の血行が悪くなる寝方を改善して、小顔になる寝方に変えていきましょう。

ちなみに枕の高さも重要です。枕が高いと首やあごを圧迫してしまうので、顔の血流が悪くなり、むくみやすくなります。

小顔になる習慣は、枕の高さを適切にすること。仰向けで寝たときに、目線が真上の天井を見るくらいにすると良いでしょう。

寝不足や寝すぎを解消すれば小顔になる

小顔になる習慣は、寝不足を解消することです。寝不足になると血行が悪くなり、代謝が低下することで顔が大きくなる原因になります。

逆に寝すぎもまた、顔が大きくなる原因になるのです。寝すぎると血液や水分が顔にたまりやすくなり、顔がむくんでしまうのです。

寝不足も寝すぎも解消して、適切な睡眠時間を確保することが小顔習慣になります。7時間くらいの睡眠がちょうど良いと言われています。

塩分やお酒を摂りすぎる習慣を控えると小顔になる

塩分の摂りすぎやお酒の飲み過ぎは、顔がむくむ大きな原因になります。塩分やお酒を摂ると、血液中に水分をため込みやすくなり、顔がむくんでしまうのです。

顔のむくみを解消して小顔になる習慣は、塩分やお酒を控えめにすること。たったそれだけで小顔になることができるのです。

足のむくみもスッキリ解消されて、全身のダイエット効果も劇的にアップしますよ。また高血圧などの病気予防にも効果的です。

糖質や冷たいものを控えると、むくみが解消される

小顔になる習慣は、糖質や冷たいものを控えることです。糖質や冷たいものは、体を冷やす作用があります。そのため血行が悪くなり、むくみやすくなってしまうのです。

糖質とは甘い物はもちろん、ご飯やパンなどの炭水化物も糖質の一種です。糖質には依存性もあり、たくさん摂るとやめられなくなってしまうリスクもあります。

年齢とともに糖代謝も低下するので、できるだけ控えることが大切です。ただし糖質をまったく摂らないのはNG。さまざまな体調不良を引き起こすので、適度には摂らないといけませんよ。

ストレスをためないように小まめに発散する

小顔になる習慣は、ストレスをためないことです。ストレスがたまると血行が悪くなるので、脂肪がつきやすくなったり、顔がむくみやすくなったりします。

そのためストレスは、ためないようにすることが大事。小まめに発散して、見た目も心も軽くしていきましょう。

水分の摂り方によって顔が大きくなる

小顔になる習慣は、水分の摂り方が大事なポイントになります。顔がむくみやすい人は、水分を摂りすぎている可能性もあれば、水分が足りない可能性もあります。

基本的には水分補給が足りないと、血行が悪くなるのでむくみやすいのですが、全身がむくみ体質になっている場合には新陳代謝が悪い状態なので、水分の摂りすぎでむくむことがあります。

まずはお風呂で体を温める習慣をつけたり、運動で血行を良くすることで代謝がアップして、余計な水分を排出しやすくなります。そうなればむくみ体質が改善されるので、水分を多めに摂ることをオススメします。

むくみ体質のうちは、水分の摂りすぎには注意しましょう。ただし、絶対に水分不足になってはいけません。むくみ体質でも「飲んで出して」の循環が大事ですよ。

頬杖や食いしばりの習慣を直す

小顔になるには、頬杖や食いしばりの習慣を直すことです。これらの習慣はエラ張りの原因になるので、顔が大きくなってしまうことがあります。

エラが張るということは、顔の筋肉を使いすぎている証拠。この場合は「咬筋(こうきん)」と呼ばれる顔の筋肉の使いすぎです。咬筋はちょうどエラの部分の筋肉なので、NG習慣を改善することが大切ですよ。

ストレスがたまったときや、集中しているときに気がつくと歯を食いしばっている人は、夜に歯ぎしりをしている可能性が高いです。

そのため、なるべく昼間に気づいたら食いしばりをやめ、上の歯と下の歯を離すことが大切です。エラをマッサージでほぐすことも効果的ですよ。

顔が大きくなるNG習慣を小顔習慣に変えよう!

顔が大きくなる原因と、それを解消する小顔習慣をご紹介しました。小顔になる習慣に変えることで、顔が大きい悩みを解消できますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

顔が大きくなる悩みは、小顔習慣に変えることで解消できます。NG習慣を改善して、小顔を目指しましょう!

スポンサーリンク