四角いお尻を「魅力的な丸いヒップ」にするエクササイズ方法

四角くて大きなお尻を、魅力的な丸いお尻にするエクササイズ方法

自分のお尻をふと見たときに、四角くて横に広がり、大きいことにショックを受けたことはありませんか?

自分のお尻を見る機会はあまりありませんが、ヒップアップはボディメイクの基本だと言われています。
 

こみち
お尻がキュっと上向きになるには、どうすればいいのかしら?

日本人には四角いお尻の人が多いと言われていますが、それはどんなお尻なのでしょうか?

  • 平べったくて高さがないお尻
  • ふくらみはあるものの垂れ下がったお尻
  • 横に広がった大きなお尻

 
このようなお尻は、後ろから見ると大きくて四角いお尻の特徴になります。これを魅力的な丸いお尻にする方法をご紹介します。

お尻はエクササイズなしでは綺麗なヒップラインにすることはできません。そのため効果的なエクササイズ方法もご紹介しますね。

四角いお尻なる原因とは?

そもそも四角いお尻になってしまう原因とは何でしょうか? 若い頃は気にならなかったヒップラインも、残念ながら加齢とともに大きく垂れ下がってしまうことが多いのです。

その理由は、毎日の生活の中に隠れているかもしれません。

座っている時間が長いデスクワークをしている

毎日のようにデスクワークを頑張っている人は、座っている時間が長いので、お尻が圧迫されて四角いお尻になってしまうことが多いです。

座っている姿勢が猫背になりやすい人は、イスの座面に接しているお尻の位置が原因で、お尻の形が崩れている可能性もあります。

デスクワークを立ってするわけにはいきませんから、座り方を改善することが重要なポイントになります。

お尻をつぶす座り方でペッタンコになっている

四角いお尻になってしまう原因は、お尻をつぶす座り方のせいでペッタンコになっているのかもしれません。

イスに浅く座り、背もたれに寄りかかるような座り方をしている人は、お尻のトップの部分をつぶしているので平らなお尻になってしまいます。

座る時間はできるだけ短いに越したことはありませんが、たとえ座る時間が長くても、座り方を改善すれば綺麗なヒップラインを保つことはできます。

O脚や腰痛を引き起こす「お尻の筋力」の低下

日本人に四角いお尻の人が多い理由は、O脚の人が多いことが原因かもしれません。そもそもO脚になる原因は、生まれつきの骨格である可能性のほうが低いと言われています。

日頃の立ち方や歩き方、座り方や姿勢などによって、少しずつ骨格が歪んでしまうことがO脚になる1番の原因です。

お尻の形を変えるためのエクササイズなどをおこなうと、O脚が改善されることも多いので、ぜひ頑張ってエクササイズをしていきましょう。

また加齢とともに腰痛に悩まされる人も多いですが、腰痛の人はお尻の筋力が低下していることが原因の1つだと言われています。

今回ご紹介するエクササイズでお尻の筋肉を鍛えれば、腰痛が改善されることも多いようですよ。美と健康を保つためにも、エクササイズは必要なんですね。

四角いお尻を魅力的な丸いヒップにするコツ

では、四角いお尻を魅力的な丸いヒップにするコツをご紹介します。どうやらお尻を形を変えるだけでなく、他にもメリットが多いみたいですよ。

「ウエストのくびれ」と「丸いヒップライン」でS字カーブをつくる

四角いお尻を魅力的な丸いヒップにするには、「ウエストのくびれ」と「丸いヒップライン」でS字カーブをつくるのがコツです。

お尻が垂れて大きくなってしまう人は、くびれがなかったり、ポッコリお腹に悩まされている人も多いと思います。これを一度に解決できるのは、うれしいですよね。

というのも、今回ご紹介するエクササイズは、お尻だけでなくウエストにも効果のある方法なのです。毎日少しずつでも続けることで、綺麗なくびれとヒップラインをつくることができますよ。

お尻から太もも裏を鍛えて「太もも痩せ」と「ヒップアップ」を同時に叶える

四角いお尻を魅力的な丸いヒップにするコツは、お尻から太もも裏を鍛えることです。太もも裏には「ハムストリング」という筋肉があり、この筋肉を鍛えることでヒップアップ効果が高まります。

またハムストリングが衰えていると、腰痛になりやすい特徴もあるので、太もも裏を鍛えることで腰痛も改善されるでしょう。

さらに太ももはなかなか痩せられないパーツの1つですが、今回ご紹介するエクササイズ方法は、太もも痩せの効果も期待できます。

太もも痩せとヒップアップが同時に叶うなんて、女性にとっては喜びしかありませんよね。

平らなお尻に高さをつける

日本人に多いお尻の形は、「扁平尻」と呼ばれる平らなお尻です。横から見るとお尻に高さがなく、のっぺりとして見えるので魅力的ではありませんよね。

この平らなお尻に高さをつけることが、今回の1番の目的です。四角いお尻を魅力的な丸いヒップにするコツは、お尻に筋肉をつけて高さを持たせることです。

お尻は運動をしている人でも綺麗なヒップラインをつくるのはむずかしいと言われているので、効果的なエクササイズを毎日続けることが大切です。

四角いお尻を丸くするエクササイズ方法とは?

ではいよいよ四角いお尻を丸くするエクササイズ方法をご紹介します。といっても、それほどキツイとかむずかしいエクササイズではないので安心してくださいね。

ヒップリフト

四角いお尻を丸くするエクササイズ方法は、「ヒップリフト」です。ヒップアップエクササイズとしては、代表的なものと言えるでしょう。

ヒップリフトのやり方を2種類ご紹介します。まずは基本のヒップリフトからマスターし、バージョンアップとしてイスを使ったヒップリフトをやってみましょう。
 

◆基本のヒップリフト

  1. 仰向けになり、両膝を立てます。
  2. 膝の間はこぶし1個分開き、かかとをつけてつま先を上げます。
  3. 手は胸の前でクロスするか、つらい人は床についてもOKです。
  4. 呼吸を止めないようにして、お尻を持ち上げていきます。
  5. 10秒キープして、2~3セットくり返しましょう。

 
お尻を持ち上げたときに、膝が90℃になるようにして、膝から肩までが真っすぐになるようにキープします。

お尻が下がってしまったり、腰が反りすぎないようにしましょう。
 

◆イスを使ったヒップリフト

  1. 両足を骨盤の幅に開き、かかとをイスの上に置きます。
  2. 息を吐きながらお尻を持ち上げ、息を吸いながらお尻を下げます。
  3. これを5回くり返します。
  4. 3セットくらい頑張ってみましょう。

 
無理をしない程度に、2~3セットおこないましょう。1日のうちで分けてエクササイズをしてもOKです。

バックキック

  1. 四つん這いになり、片足を後ろに上げます。
  2. 足をお尻よりも高く上げるのがポイントで、膝は軽く曲げた状態でOKです。
  3. 膝を伸ばした状態でやる場合には、足を下まで下ろさずに、背中のラインから上で上げ下げしましょう。
  4. 10回を3セットくらいやると効果的です。反対足も同じようにやりましょう。

 
「バックキック」は、ヒップアップ効果の高いエクササイズです。立った状態で壁に手を置き、足をバレリーナのように後ろに上げるエクササイズでも効果があります。

バックキックは、ウエストの斜め後ろの部分の筋肉や、太もも裏の筋肉も併せて鍛えられるエクササイズです。お尻を鍛えるだけでなく、くびれからのS字カーブや太もも痩せの効果も期待できますよ。

ちょっとしたスキマ時間に、できるほうのバックキックでエクササイズをしてみましょう。

四角いお尻を丸いヒップにして魅力的なボディメイクを!

四角いお尻を魅力的な丸いヒップにするエクササイズをご紹介しました。簡単なエクササイズですが、ヒップアップ効果はバツグンですよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

四角いお尻になる原因は、座りすぎや座り方が問題。姿勢を正して、お尻の形をつぶさない座り方をするのがポイント。

効果的なエクササイズでヒップの高さを出し、魅力的なボディメイクをしましょう。

スポンサーリンク