痩せない人がやっている8つの習慣|痩せ体質に変えるコツとは?

痩せない人の習慣を変えて「痩せ体質」になる方法

「ダイエットしても痩せない」「油断すると、すぐに太ってしまう」という悩みを抱えていませんか? そんな人は、毎日の習慣に原因があるのかもしれません。
 

こみち
ダイエットのために、朝はスムージだけにしているわ。

さて、こみちさんの習慣はOKでしょうか? それともNGでしょうか?

今回は、痩せない人がやっている8つの習慣をご紹介します。痩せない習慣を改善して、痩せ体質に変えるコツを見ていきましょう。

こみちさんの習慣についても、正解をご紹介しますね。

痩せない人がやっている8つの習慣

痩せない人は、知らないうちについやってしまう習慣が原因で痩せないのかもしれません。では、痩せない人がやっている8つの習慣を見ていきましょう。

水分の摂取量が少ない

痩せない人の習慣は、水分の摂取量が少ないのかもしれません。朝起きて水を飲む習慣がなかったり、仕事中に飲み物を飲まない習慣が続くと、血行が悪くなって痩せにくくなってしまいます。

血行が良くなれば代謝がアップして、痩せやすい体質になります。その血行を良くするためには、水分補給が必要なのです。

一度にたくさんの水を飲むのではなく、小まめに少しずつ水分を摂ることが大切ですよ。

階段よりもエレベーターを選ぶ

痩せない人の習慣は、階段を昇るのが億劫になってしまい、ついエレベーターやエスカレーターなどに乗ってしまうこと。あなたは心当たりがありませんか?

「急いでいるから」とか「今日は疲れているから」という言い訳をつい作ってしまう人は、「今日だけはご褒美だから」とか「ダイエットは明日から」などの言い訳をして、大好きなスイーツをなかなかやめられない特徴があります。

それとこれとは別だと思うかもしれませんが、人の習慣や性質はつながっているのです。痩せたいと本気で思っているなら、つらい選択をすることも大事。

そのうち階段が習慣になると、エレベーターを選ぶことに罪悪感をおぼえるようになります。そこまでいけば、あなたはもう痩せ体質を手に入れているはず。

野菜や果物ばかり食べている

冒頭でこみちさんが言っていた「朝はスムージーだけ」という習慣は、果たしてOKなのでしょうか?

痩せたいと考える人は、低カロリーの野菜や果物ばかり食べる人が多いですが、実はこれも痩せにくい体質をつくる原因になる場合があります。

野菜や果物には「カリウム」や「水分」が多く含まれているので、体を冷やしてしまう作用があります。そのため「朝はスムージーだけ」のような食習慣の人は要注意!

体が冷えると代謝が悪くなるので、痩せにくくなってしまいます。朝は体を温めることで代謝が活動をはじめます。「タンパク質」や「温かい飲み物」などで、体を温める習慣をつけましょう。
 

◆温かくてもコーヒーは体を冷やす原因になる

温かい飲み物を飲む習慣が痩せ体質をつくるコツですが、コーヒーなどのカフェインは飲み過ぎないように注意しましょう。

適量なら大丈夫ですが、カフェインを飲み過ぎると体を冷やしてしまうので気をつけてくださいね。緑茶やウーロン茶、紅茶にもカフェインが含まれています。

脂質とタンパク質をあまり摂らない

痩せない人の習慣は、そもそもダイエットの方法が間違っているのかもしれません。ダイエットを食事制限だけでやろうとすると、高カロリーの食べ物を控えようとしますよね。

脂っこい脂質や、肉や乳製品などのタンパク質をあまり摂らない食生活が続くと、2つの理由から痩せにくくなってしまいます。

1つは、筋肉をつくるタンパク質を摂らないことで、筋肉量が減って代謝が低下してしまうから。ダイエットにタンパク質は必須です。

2つめは、食事でのカロリーが少なすぎて、逆に太りやすい体質になってしまうから。カロリーが少なすぎると、一時的には体重が減りますが、ほぼ確実にリバウンドします。

なぜリバウンドしてしまうのか? それは減った体重が「脂肪」ではないことと、筋肉が落ちることでリバウンドによる脂肪の増加がはげしくなるからです。

ますます痩せない人になってしまうので、栄養バランスの良い食事をすることは大事ですよ。良質な脂質なら太りにくいですし、タンパク質は必須です。

糖質を多く摂っている

痩せない人の習慣で多いのが、糖質を多く摂っていることです。糖質とは砂糖などの甘いものはもちろん、ご飯やパン、うどんなどの炭水化物も含まれます。

さらに、じゃがいもやカボチャなどの野菜にも糖質が多く含まれています。糖質を摂り過ぎると太るのは今や常識ですが、痩せない人は糖質が大好きな傾向があります。

糖質には依存性があるので、摂り過ぎるとますますやめられなくなってしまうので注意しましょう。

お風呂に入らず、シャワーで済ませる

痩せない人の習慣は、お風呂に入らずにシャワーで済ませることです。これは意外と多くの人がやっているのではないでしょうか?

とくに暑い夏は、お風呂に浸かる気分になれませんよね。でもエアコンのきいたオフィスで1日過ごしたなら、暑い夏でも体が冷えている可能性があります。

実は夏こそ体を温めることが大事。夏でも冬でもお風呂で温まることは大事ですよ。血行が良くなることで代謝がアップし、痩せやすくなります。

1日1食でドカ食いをする

痩せない人の習慣は、1日1食しか食べないけど、その1食でドカ食いしてしまうことです。痩せるために1日1食にしているのかもしれませんが、一度にたくさん食べるのはNG。

胃が大きくなって空腹を我慢するのが大変になりますし、血糖値が急上昇して脂肪がたまりやすくなります。

バイキングなどで元を取るまで食べたり、誰かのおごりだからといって暴飲暴食するのはやめましょう。痩せている体型をキープしている人は、たとえ食べ放題に行っても、むやみに食べ過ぎることはありません。

外食をしたときに、残すのがもったいないからといって無理して食べたり、捨てるのがもったいないからといって食べ過ぎるのもNGですよ。

つい夜更かしをしてしまう

痩せない人の習慣は、つい夜更かししてしまうこと。ゲームに夢中になって時間を忘れてしまったり、とくに何をしているわけでもないのにダラダラ夜更かしするのはやめましょうね。

睡眠とダイエットには深い関係があり、睡眠不足になると太りやすくなってしまうのです。睡眠不足になると、満腹感を与える「レプチン」というホルモンの分泌が減ってしまうので、食べ過ぎの原因になります。

また疲れが抜けないせいで代謝が低下し、痩せにくい体質になってしまいます。疲れやストレスを解消するためにも、その日のうちにベッドに入るようにしましょう。

痩せない人を「痩せ体質」に変えるコツとは?

では、痩せない人を痩せ体質に変えるコツには、どんなことがあるのでしょうか? 毎日の習慣を、痩せる習慣に変えていきましょう。

朝起きたらカップ1杯の白湯を飲む習慣をつける

痩せない人を痩せ体質に変えるコツは、朝起きたらカップ1杯の白湯を飲む習慣をつけることです。朝起きたときは水分が不足しているので、血液がドロドロ状態です。

それを改善するためには、朝起きてすぐに水分を補給することが大切。でも冷たい水では体を冷やしてしまうので、いわゆる「湯冷まし」である白湯を飲むのが効果的です。

体を温めて代謝が活発に働きはじめる効果がありますし、便秘を解消する効果も期待できます。お肌の調子も良くなるので、まさに良いことづくしですね。

夏も冬もお風呂で温まる習慣をつける

痩せない人を痩せ体質に変えるコツは、夏も冬もお風呂で温まる習慣をつけることです。お風呂にはメリットがたくさんあり、痩せるだけでなくリラックス効果でストレスを緩和することもできます。

1日の疲れをゆったりとお風呂に浸かりながら解消すれば、ぐっすり眠る効果も高まりますよ。安眠できればレプチンの分泌が増えるので、食べ過ぎを予防してくれます。

3食規則正しく食べる習慣をつける

痩せない人を痩せ体質に変えるコツは、3食規則正しく食べる習慣をつけることです。食事は1日3食しっかり食べることが基本になり、決まった時間に食べることで体のリズムが整います。

体のリズムが整うと、消化するまでがスムーズになるので、体に老廃物がたまったり、胃腸の調子が悪くなることも少なくなります。
 

◆とくに朝食を抜かないこと

ダイエットのために朝食を抜いている人や、時間がなくて朝ごはんを食べない人もいるかもしれませんが、朝食はなるべく抜かないようにしましょう。

朝は食欲がない人もいるかもしれませんが、朝食を食べないとエネルギーが補給されません。エネルギーが足りないということは、代謝が悪く、カロリーが消費されにくい状態ということです。

朝から代謝を活発にして痩せ体質をつくるためには、朝食を食べることは必須ですよ。頭のはたらきも良くなるので、仕事の効率もアップします。

十分な睡眠をとり、同じ時間に起きる習慣をつける

痩せない人を痩せ体質に変えるコツは、十分な睡眠をとり、同じ時間に起きる習慣をつけることです。寝る時間は多少バラバラでも、同じ時間に起きることで規則正しい生活習慣を送ることができます。

睡眠不足になるのも良くないので、できるだけ十分な睡眠時間を確保するために、寝る時間にも気をつけるようにしましょう。

やりたいことがあるなら、早起きして「朝活」するのがオススメです。早く起きると気持ちいいですし、代謝もアップして痩せ体質になれますよ。

栄養バランスの良い食事を「適量」食べる習慣をつける

痩せない人を痩せ体質に変えるコツは、栄養バランスの良い食事をすることが大切です。しかも食べ過ぎることなく、適量を食べる習慣をつけることが大事。

いわゆる「腹八分目」ですね。腹八分目に慣れてしまえば、それほど苦痛ではありません。「それじゃ、お腹が空いてしまうのでは?」と思うかもしれませんが、栄養バランスが良い食事をしていると、それほどお腹が空くことはないのです。不思議ですね。

栄養バランスの良い食事とは、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルの5大栄養素をバランスよく摂ること。どれが欠けても体の調子が悪くなります。

炭水化物は糖質なので、多少は控えめにしたほうが痩せやすくなります。脂質は、アボカドやオリーブオイルなどの良質なものを選び、ビタミン・ミネラルも不足なく摂りましょう。

用事のついでに少しでも運動する習慣をつける

ダイエットを始めて「毎日ウォーキングするぞ!」というのは、なかなか続けるのが大変ですよね。途中で挫折してしまったら結局痩せられないので、生活の中で運動をするのが効果的です。

たとえば買い物などの用事のついでに少しでも運動をする習慣をつければ、自然と消費カロリーが増えて痩せ体質に近づきます。

決まった時間に運動をしなくても、ついでにちょこっと運動するだけでOKですよ。エレベーターを使わないと決意するだけでも、徐々に体が変わってくるでしょう。

痩せない習慣を改善して、痩せ体質になろう!

痩せない人の習慣と、痩せ体質に変えるコツをご紹介しました。続けることで習慣になっていくので、毎日の生活に気を配ってみましょうね。
 

こみち
こみちの一言コラム

痩せない人の習慣は、体を冷やす習慣や、食生活が大きく関係しています。

痩せ体質に変えるために、痩せない習慣を改善していきましょう!

スポンサーリンク