代謝を上げる朝ヨガのポーズ|朝にやるメリットとは?

代謝を上げるヨガは、朝やると脂肪燃焼効果アップ!

年齢とともに下がってしまう代謝を上げるには、ヨガが効果的です。ヨガはリラックスしながらできるので、運動が苦手な人でもチャレンジできるのがメリット。

しかもストレッチ効果と適度に筋肉を鍛える効果の2つを同時にできるので、代謝がアップしやすい運動なのです。
 

こみち
運動は苦手だけど、ヨガならできそうだわ。

そこで今回は、代謝を上げる朝ヨガのポーズをご紹介します。なぜ朝やると良いのか、その理由やメリットについてもご紹介していきますね。

ヨガを朝にやるメリットとは?

朝は忙しくて5分でも惜しいですが、代謝を上げるヨガは朝やるのが効果的です。では、なぜ朝やると良いのでしょうか? 朝ヨガのメリットをご紹介しましょう。

ストレッチ効果で体を目覚めさせる

朝は起きたばかりで、頭も体もぼーっとしていますよね。その状態のまま1日をはじめても、代謝はあまり上がりません。朝の時間にヨガをすれば、ストレッチ効果で体を目覚めさせることができるので、代謝がグンとアップします。

朝の硬い体をゆっくりとほぐすことで、徐々に体を目覚めさせていくことができます。また血行が良くなることで頭のはたらきも良くなり、朝からシャキっとした気持ちで過ごすことができるようになります。

朝は激しい運動はおすすめできない

ダイエットや健康のために朝から運動をしている人も多いと思いますが、朝はあまり激しい運動はおすすめできないのです。毎朝の日課として運動を続けている人なら、体が慣れているのでOKですが、慣れるまではヨガのようなゆったりとした運動がおすすめです。

体が慣れてきたら、ウォーキングやジョギングを始めるのも良いでしょう。朝は血圧の変化あるので、いきなり激しい運動をしないように気をつけてくださいね。

また朝は体が水分不足の状態なので、コップ一杯の水を飲んでからヨガをすることをおすすめします。

セロトニンの分泌が活発になり、自律神経を整える

ヨガを朝にやるメリットは、セロトニンの分泌が活発になって自律神経が整うからです。朝起きて朝日を浴びると、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌が活発になるのです。

セロトニンは副交感神経を優位にして、リラックス効果を高める効果があります。でもストレスがたまっていると副交感神経よりも交感神経が優位になり、リラックスできない状態になってしまいます。

自律神経は、この副交感神経と交感神経のバランスが大事なのですが、朝ヨガをすれば自律神経を整える効果が期待できるのです。ストレスへの耐性も強くなり、毎日健やかに過ごすことができますよ。

代謝を上げる朝ヨガの効果とは?

代謝を上げるには、朝ヨガをするのが効果的です。では、具体的にどんな効果があるのか見ていきましょう。

体温が上昇して冷え性を改善する

寒い朝は、布団から出たくないですよね。夏でも、だるくて起きたくない日もあると思います。朝は血行が悪いので、体温が低下している状態です。つまり体が冷えているのです。

体温が低いと代謝が悪くて痩せにくいので、朝にヨガをして体温を上げることが大切です。体が温まるので、女性に多い冷え性を改善する効果も期待できますよ。

体温が上がれば免疫力もアップするので、良いことづくしですね。

加齢とともに低下する基礎代謝を上げる

加齢とともに基礎代謝が低下していきますが、そうなると痩せにくい状態になってしまいます。そこで朝ヨガをすれば、低下した基礎代謝をアップさせて、痩せやすい体をつくることができます。

加齢によって下がった代謝は、放っておくとどんどん低下してしまうので、何もしないと太ってしまうことが多いのです。

30代後半以降になったら、食事制限だけでダイエットするのはおすすめできないので、朝ヨガを始めてみてはいかがでしょうか? 朝ヨガはゆるやかに効果が出てきますが、中年太りを予防する効果も期待できますよ。

リラックス効果でホルモンバランスや自律神経を整える

加齢とともに低下するのは、基礎代謝だけではありません。女性ホルモンの分泌が減少して、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れると太りやすくなってしまうので、ストレスをためずにリラックスすることが大事。

朝ヨガをすれば朝からリラックスすることができ、心のバランスを整えることができます。すると自律神経を整えてくれるので、ホルモンバランスも整いやすくなります。

加齢とともに太りやすくなるのは、ホルモンバランスや自律神経の乱れも大きく関係しているので、ストレスはなるべくためないようにしましょう。

血行を促進して脂肪を燃焼しやすくする

ヨガを朝にやるメリットは、血行を促進して、脂肪を燃焼しやすくしてくれることです。朝は血行が悪いので、血行を良くすることで代謝がアップします。

代謝をアップするためには、起きたときに水分を補給して、ストレッチ効果のあるヨガをするのがおすすめです。すると血行が良くなって、脂肪が燃焼しやすくなりますよ。

便秘を解消するデトックス効果

午前中は、体の中の老廃物を排出する「デトックスの時間」と言われています。朝のタイミングでヨガをすれば、午前中のデトックス効果がグッと高まるので、便秘解消に効果的です。

体の中からキレイになれば、血行がスムーズになり、代謝がアップして脂肪を燃焼しやすくしてくれます。また肌荒れを改善する効果や、免疫力をアップする効果が高まり、体の内側も外側もキレイになることができますよ。

代謝を上げる朝ヨガのポーズ

では、代謝を上げるための朝ヨガのポーズをご紹介します。効果的なヨガポーズを5つご紹介しますので、毎朝の日課にしてみてくださいね。

ダウンドッグ

  1. 四つん這いになり、肩の真下に両手をつきます。
  2. 両手を少し前にずらし、つま先を立てます。
  3. そのままゆっくりと膝を伸ばし、お尻を高く引き上げます。
  4. 背中や腰を伸ばすことを意識して、つらい人は膝を曲げてもOKです。
  5. 5呼吸くらい繰り返したら、ゆっくりと四つん這いに戻ります。
  6. そのまま正座の状態になり、休んだら終了です。

 
下半身のストレッチ効果もある朝ヨガのポーズですが、つらい人は膝を曲げてもOKです。背中と腰を伸ばすことを意識しましょう。

血流が脳に行きわたることで、目覚め効果もあります。呼吸をゆっくりと繰り返し、リラックス効果を高めていきましょう。

英雄のポーズ

  1. まっすぐ立ち、片足を大きく後ろに引きます。
  2. 両手を上に伸ばし、前足の膝が90℃になるくらいまで腰を落とします。(英雄のポーズ①)
  3. 次に、骨盤を横に向けて、顔を前に向けたまま両手を横に広げます。(英雄のポーズ②)
  4. 前足の横に手をつき、足を戻したら軽くストレッチをします。
  5. そのまま、ゆっくりと体を起こしましょう。

 
英雄のポーズは、股関節や腰のストレッチ効果があり、骨盤矯正にも役立つポーズです。骨盤に歪みがあると痩せにくくなるので、毎日骨盤の位置を整えましょう。

ハイランジのポーズ

  1. 足をそろえて立ち、両膝を曲げます。
  2. 右足を後ろに引き、かかとを上げます。
  3. 両手を上げて少しキープし、そのまま胸の前で合掌します。
  4. 右肘を左足の外側につけて、腰を捻った状態で天井を見ます。
  5. 10秒くらいキープしたら、反対も同様にやってみましょう。

 
太ももの筋肉を鍛え、代謝を上げる朝ヨガのポーズです。太ももの筋肉は、体の中でも大きな筋肉の1つなので、負荷をかけることで代謝を上げる効果があります。

三角のポーズ

  1. 両足を大きく開き、右足のつま先は正面に向け、左足のつま先は左に向けます。
  2. 手のひらを下向きにして、両手を左右に広げます。
  3. 上半身を左に倒しますが、腰を曲げるのではなく、股関節から曲げるイメージです。そのため脇腹はまっすぐな状態を保ちます。
  4. 左手を左足につけ、右手は上に伸ばします。目線は天井を見ましょう。そのまま30秒キープします。
  5. 上半身を起こし、反対も同様にやってみましょう。

 
できる人は、1分くらいキープしてみてください。無理のない範囲でおこなってくださいね。この朝ヨガのポーズは、「足の引き締め」や「便秘の解消」に効果があると言われています。

ピラミッドのポーズ

  1. 足を大きく開いて立ち、腕を後ろで組みます。
  2. 背筋を伸ばした状態で、上半身を前に倒します。
  3. 肩甲骨を寄せた状態で、左右に揺らしてストレッチしましょう。
  4. 5呼吸くらいキープしたら、ゆっくりと体を起こします。

 
この朝ヨガのポーズは、全身のリンパの流れを良くし、むくみを解消する効果があります。むくみが解消されれば代謝がアップするので、朝から脂肪が燃焼しやすくなりますよ。

朝ヨガを気持ち良くおこない、代謝を上げるコツ

朝ヨガのポーズを5つご紹介しました。朝から代謝を上げるために、気持ち良くおこないましょう。そのためのコツをご紹介します。

無理せず気持ちいいところで止める

朝ヨガで代謝を上げるコツは、無理せず気持ちいいところで止めることです。無理して伸ばすと体を痛めることがあるので、絶対に無理はしないでくださいね。

朝は体が硬いので、ケガをしないように注意しましょう。気持ち良くおこなえば、1日中カラダが軽く感じられるでしょう。

水を飲んでから朝食前にヨガをする

朝ヨガで代謝を上げるコツは、水を飲んでから朝食前にやることがポイントです。朝は水分不足の状態で、血行が悪くなっています。

そのため水を飲まないでヨガをすると、代謝を上げる効果が半減してしまいます。

また、食後にヨガをすると気分が悪くなることがあるので、朝食前にやるのがオススメ。お風呂上りのヨガもオススメできません。もし食後にやるなら、2時間は空けてからおこないましょう。

呼吸を止めないでおこなう

朝ヨガで代謝を上げるコツは、呼吸を止めないでおこなうことです。つらくなるとつい息を止めてしまうことがあるのですが、呼吸を止めると血行が良くなりません。

代謝を上げるためにヨガをするなら、呼吸は止めずに、ゆっくりと呼吸しながらおこないましょう。

リラックスした気持ちで、ゆっくりと動く

朝ヨガで代謝を上げるコツは、リラックスした気持ちでゆっくりと動くことです。朝はやる気モードになることも大切ですが、朝から心が乱れているといい仕事ができませんよね。

頭が冴えて、集中力を高めるには、リラックスした気持ちで朝ヨガをするのがオススメ。心が安定して、イライラすることも少なくなりますよ。そうすればストレスもたまりにくくなり、自律神経を整えることができます。

自律神経が整うと、代謝が安定するので太りにくくなります。メリットだらけなので、毎朝のヨガで心身を整えていきましょう。

朝ヨガで代謝を上げて、脂肪がどんどん燃えるカラダへ!

代謝を上げる朝ヨガのポーズをご紹介しました。なぜ朝やると良いのか。そのメリットや朝ヨガの効果をご紹介したので、上手にライフスタイルに取り入れて代謝を上げていきましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

朝ヨガの効果は、頭と体を目覚めさせ、代謝が上がった状態をキープできること。

5つのヨガポーズをご紹介したので、1つでも全部でも毎朝の日課にしてみましょう。脂肪がどんどん燃えるカラダになりますよ。

スポンサーリンク