食べても太らない時間帯とは?食べたい物を我慢しないダイエット

食べても太らない時間を知って、ストレスのないダイエットをしよう!

食べたい物があっても、「これを食べたら太ってしまう」と思うと我慢してしまうことが多いですよね。もし誘惑に負けて食べてしまったら、後悔の嵐です。

でも、そんな生活を続けていたら、ストレスがたまって仕方ありません。
 

こみち
我慢ばかりしていると、ストレスでドカ食いしてしまうこともあるわよね。

ストレスがたまってドカ食いしてしまうくらいなら、初めから食べたい物を食べたほうがいい。でも、そんなことしたら太ってしまいますよね。

実は、それでも太りにくい方法があるのです。そこで今回は、食べても太らない時間についてご紹介したいと思います。食べたい物を我慢しなくていいなら、ストレスなくダイエットができますね。

そんな夢のような「太りにくい食べ方のコツ」をご紹介します。食べる時間を調整するだけで、高カロリー食もお菓子も食べられますよ。

食べたい物を我慢するダイエットで失敗した経験はありませんか?

ダイエットを始めると、食べたい物を我慢することが多くなりますよね。でも、食べたい物を必死で我慢したのに、ダイエットに失敗してしまった経験はありませんか?

一度は痩せたけどリバウンドしてしまった

多くの人がダイエットを始める理由は、体重を減らすことですよね。でも、食事をかなり減らして一度は痩せたのに、リバウンドしてしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?

短期間で体重が減った場合、その多くは脂肪が落ちたわけではないことをご存知ですか? 減ったのは、脂肪よりも重い「筋肉」と「水分」の可能性が高いです。

筋肉が減ると代謝が悪くなり、脂肪がたまりやすくなります。そのためダイエットをやめたときに、一気に太ってリバウンドしてしまうのです。

過度な食事制限で痩せても、あまり意味がないのでやらないようにしましょう。必死で我慢したのが、まったくの無意味になります。

ストレスがたまり過ぎてダイエットを断念した

食べたい物の多くは、スイーツや脂っこい物などのいわゆる「高カロリーの食べ物」が多いですよね。高カロリーの食べ物を控えれば、確実に痩せていくことができます。

ただし、それらが好きな食べ物なら我慢することでストレスがたまりますよね。モチベーションが上がっているときならできても、イヤなことがあった日などはめげそうになります。

そのタイミングでドカ食いしてしまい、ダイエットを断念してしまった人も多いのではないでしょうか? ストレスが多いダイエットは、絶対に長続きしません。

それなら最初から無理なダイエットをせずに、ゆるやかに痩せていくのがベストです。そのためにも我慢しすぎないことが大切ですよ。

1日1食にしたのに痩せなかった

「1回の食事を少なくするのはストレスがたまるけど、1日1食にするならできる!」という人もいるかもしれません。そんな人は、1日1食にしてダイエットを試みた経験があるかもしれませんね。

でもその1食が夕食だった場合、1日分のストレスが集中して、ドカ食いをしていませんでしたか? 1日1食にしても、3食分よりもカロリーが多くなる場合もあるのです。

しかも夕食でドカ食いすると、間違いなく太ります。痩せるどころか太ってしまい、我慢しただけ損をしたという経験がある人もいるかもしれません。

さらに、お腹が空きすぎている状態で食べると、脂肪になりやすいのです。だから夕食の1食だけにするダイエットは絶対にやめましょう。

食べても太らない時間がわかれば我慢しなくてOK!

食べたい物を必死で我慢しても、ダイエットに成功できなかった人は少なくありません。せっかく我慢したのに失敗するなら、我慢しないダイエットをしたほうが良いですよね。

でも食べたい物って、だいたい高カロリーの食べ物が多い。それなら、高カロリーの物を食べても太りにくい食べ方が知りたいですよね。

それは、食べても太らない時間に「食べたい物」を食べること。そうすれば我慢しないでダイエットができます。

でも、食べても太らない時間なんて、本当にあるのでしょうか? ダイエットをしていない人も、太らない時間帯を知っておくと何かと便利ですよ。

食べても太らない時間帯とは?

我慢しないでダイエットを成功させるには、食べても太らない時間を知ることが大切です。上手に食べれば、ダイエット中だって好きな物が食べられるのです。

では、太らない時間帯とはいつのことなのでしょうか?

BMAL1(ビーマルワン)の少ない時間帯を狙う

食べても太らない時間とは、BMAL1(ビーマルワン)が少ない時間帯のことです。ビーマルワンとはタンパク質の一種で、これの分泌が少ない時間帯を狙えば、食べても太りにくいと言われているのです。

我慢しないでダイエットを成功させるには、ビーマルワンが少ない時間と多い時間を知ることが大切です。では、それはいつなのか見ていきましょう。

午後2~3時が食べても太らない時間ナンバーワン

1日の中で、いちばん食べても太らない時間は、午後2~3時です。昔から「おやつの時間」としてお菓子を食べていた人も多いのではないでしょうか?

この時間がおやつの時間なのは偶然なのか、それとも意図的なのかわかりませんが、すごいですよね。

大人になってからはいつでも食べられるので、おやつの習慣がない人も多いと思いますが、もしお菓子を食べたくなったら、午後2~3時に食べれば太りにくいですよ。

午後10時以降は食べたら太る時間ナンバーワン

食べても太りにくい時間は午後2~3時だと判明しましたが、逆に、食べたら太りやすい時間はいつなのか気になりますよね。

1日の中でいちばん太りやすい時間は、午後10時以降です。この時間に高カロリーの夕食を食べている人は要注意。どんなダイエットをしても効果が感じられないかもしれません。
 

◆午前1~2時がいちばん太る時間

午後10時以降の中でも、1日の中でいちばん太りやすい時間は、午前1~2時です。一般的には寝ている時間ですが、夜更かしをしていたり、休前日だったり、夜勤をしている人は夜食などを食べてしまうこともありますよね。

でも午前1~2時に食べるのは、なるべく控えたほうが良いでしょう。食べるなら午後10時までにして、3時間後に寝るのがギリギリセーフの食べ方です。

食事はいつ食べれば太りにくいの?

おやつや夜食の時間はわかりましたが、ふつうの食事はいつ食べるのが理想なのでしょうか? できるだけ太らない時間に食事をしたいですよね。

ビーマルワンは、午前7時~午後4時までが比較的少ないので、この間に食事をするのが理想です。でも、夕食はさすがに4時までには食べられないですよね。

午後8時くらいからビーマルワンが多くなりはじめるので、それまでに夕食を済ませておくと良いでしょう。これが太りにくい食事の時間です。
 

◆帰りが遅い日の夕食はどうすればいい?

でも、仕事で残業になったり、いつも帰りが遅い人は、夕食はどうすればいいのでしょうか? 帰る時間にもよりますが、午後9時までには帰れる人の場合を想定して、1つの例をご紹介しておきます。

まず、午後5時くらいに「おにぎり」などの炭水化物を食べておきます。おにぎりは「糖質」なので、夜遅くに食べると太りやすいので気をつけましょう。

でも、それだけでは帰ってからお腹が空いてしまいますよね。その場合には、午後10時までに「おかず」だけ食べましょう。この時間のおかずとしてオススメなのは、低カロリーで消化の良い食べ物。

例えば、温野菜や煮物、湯豆腐や野菜スープなどが良いでしょう。なるべく脂質は避けて、ビタミン・ミネラルとタンパク質を摂ります。タンパク質は、なるべく低カロリー高タンパクの「鶏ささみ」や「豆腐」などがオススメ。

このような食べ方なら、ギリギリ太りにくい食事ができます。夜遅くに食べなければいけない日には、ぜひ試してみてくださいね。

また食事をしたのに、寝る前にお腹が空いてしまったときは、ヨーグルトがオススメ。ホットココア(純ココア)で体を温めるのも良いですよ。

自律神経が乱れると「食べても太らない時間」がなくなる

ビーマルワンによって、食べても太らない時間帯が決まっていることがわかりましたね。でも、自律神経が乱れていると「食べても太らない時間」がなくなってしまうのです。

つまり、いつ食べても太りやすくなる可能性があるのです。では、自律神経とビーマルワンの関係について見ていきましょう。

自律神経がBMAL1(ビーマルワン)をコントロールしている

食べても太らない時間は、ビーマルワンが少ない時間帯でした。でも、自律神経がビーマルワンをコントロールしているので、自律神経が乱れると「食べても太らない時間」がなくなってしまうのです。

自律神経とは、活力がみなぎっている日中の時間帯やストレスがたまったときに優位になる「交感神経」と、リラックスモードの夜の時間帯に優位になる「副交感神経」のバランスによって保たれています。

このバランスが崩れると、メンタル的に悪影響があったり、太りやすい体質になってしまうことがあります。では、自律神経のバランスを整えるにはどうすれば良いのでしょうか?

自律神経を整えるには体内時計のリズムが大事

食べても太らない時間をつくるには、自律神経のバランスが大事です。その自律神経は、体内時計と大きく関わっています。つまり、自律神経が整えば、体内時計も整うということ。

体内時計は、通常25時間くらいの周期になっていますが、1日は24時間なので、少しずつ狂っていきます。それを整えるのが、日頃の生活の仕方なのです。

では、体内時計が乱れる原因にはどんなことがあるのでしょうか?

体内時計が乱れる原因

体内時計が乱れる原因は、毎日の生活の過ごし方にあります。例えば、以下のような生活をしていると、自律神経が乱れ、体内時計も乱れます。

  • 昼夜逆転の生活
  • 夜勤の仕事・深夜勤務
  • 夜更かしをする習慣
  • 睡眠不足が続いている
  • 起きる時間が遅い・起きる時間が毎日バラバラ

 
このような生活に心あたりのある人は、今すぐ改善する必要がありそうですね。そうしないと、何をいつ食べても太りやすくなってしまうので気をつけましょう。

では、体内時計を整えるには、どうすれば良いのでしょうか?

体内時計を整えて「BMAL1」を正常にする方法

体内時計を整えて「BMAL1」を正常にしなければ、食べた分だけ太ってしまいます。それを回避して太りにくい体をつくるには、どうすれば良いのでしょうか?

規則正しい生活を送る

体内時計を整えるには、規則正しい生活を送ることが大切です。規則正しい生活とは、毎日同じ時間に同じことをする。これだけです。

例えば、次のようなことに気をつけることで体内時計が正常になり、自律神経のバランスも整います。つまり、ビーマルワンが正常に機能するようになります。

食べても太りにくい時間をつくるには、規則正しい生活をするだけでOKです。では、どんなことに気をつければ規則正しい生活が送れるのでしょうか?
 

◆同じ時間に起きる

毎日同じ時間に起きるようにすると、体内時計が朝にリセットされて、新たに1日をスタートさせることができます。たとえ寝る時間はバラバラでも、起きる時間だけそろえると体内時計が整いやすくなります。

たまには夜更かししてしまうこともあると思いますが、とりあえず翌日はいつもと同じ時間に起きて、昼寝をすると良いでしょう。とくに休日は要注意。

日頃の睡眠不足を取り戻すために「寝溜め」をして、休日に遅くまで寝ていると体内時計を狂わせてしまいます。休日でも、いつもと同じ時間に起きることで体内時計のリズムが整いますよ。
 

◆同じ時間に食事をする

体内時計を整えるには、いつも同じ時間に食事をすることも大事。では、今回ご紹介した「食べても太らない時間」をもとに、最適な食事の時間を見ていきましょう。

  • 朝食:午前7時
  • 昼食:正午
  • 夕食:午後6時

 
だいたい多くの人が、この時間に食事をしているのではないでしょうか? 一般的な食事の時間は、実は太りにくい時間だったんですね。この時間を守り、栄養バランスの良い食事を心がければ太ることは少ないでしょう。

しいて言えば、夕食は和食をメインにして、なるべく低カロリーの食事にすることがポイント。野菜を中心に、低カロリー高タンパクのおかずにして、ご飯は少なめにすると痩せやすくなります。ちなみにご飯を抜くのはNGです。

朝日を浴びて体内時計をリセットする

体内時計を整えるのにいちばん効果的な方法は、朝起きたらすぐにカーテンを開けて、朝日を浴びることです。朝日を浴びると体内時計がリセットされるので、そこで1日の体内時計がスタートします。

曇りの日でも効果があるので、毎朝起きたらカーテンを開けるようにしましょう。朝の明るさを目で感じることで、体内時計をリセットすることができます。これは人工的な光では効果がありません。

必ず外の明るさを感じることが大切です。ちなみに朝食を抜くと体内時計が狂ってしまうので、オススメできません。朝食をしっかり食べて、夜を少なめにすることで痩せやすくなります。

睡眠をしっかりとる

体内時計を整えるには、睡眠をしっかりとることが大切。睡眠不足が続くと自律神経のバランスが崩れ、体内時計が狂ってしまいます。そうなると、眠っている間に分泌される「成長ホルモン」も減ってしまいます。

成長ホルモンは、体調を整えるうえで大切なので、正常に分泌されるようにしなければいけません。痩せやすい体をつくったり、美肌になったり、ホルモンバランスを整える効果もあります。体内時計を整えるためにも、良質な睡眠をしっかりとりましょう。

ストレスをためない

日頃の生活でストレスがたまっている人は、自律神経が乱れやすくなり、体内時計も狂ってしまいます。ストレスはダイレクトに自律神経を乱すので、とくに注意が必要。

でも、ストレスがない人なんていませんよね。そのため、できるだけためないように発散することが大事。自分なりのストレス発散法を実践して、健やかな毎日を送ることが大切です。

そうすればビーマルワンが正常に機能して、食べても太らない時間をつくることができますよ。

食べても太らない時間で食べたい物を我慢しないダイエット!

食べても太らない時間についてご紹介しました。我慢することでストレスがたまると、正しいダイエットができなくなります。リバウンドしないためにも、上手な食べ方で太らない生活を始めましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

食べても太らない時間は、午後2~3時。この時間なら、ラーメンやトンカツを食べても太りにくいことが判明しました。

でも、何をいくら食べても太らないわけではないのでご注意を。あくまでも「太りにくい時間」ですよ。上手に利用しましょう。

スポンサーリンク