寝る前ストレッチで簡単ダイエット|代謝アップと安眠効果で痩せ体質に

寝る前ストレッチで簡単に痩せ体質を手に入れるダイエット方法

ダイエットして痩せたいと思っているけど、できれば運動したくない人や、疲れて運動できない人も多いのではないでしょうか?

それなら寝る前ストレッチがオススメです。簡単にできるし、代謝がアップする効果も高いんですよ。
 

こみち
寝る前にストレッチするだけなら、私にもできそうだわ。

そこで今回は、寝る前ストレッチで簡単にダイエット効果をアップする方法をご紹介します。代謝アップと安眠効果で、痩せ体質を手に入れられますよ。

寝る前には「夜用ストレッチ」が効果的!

ストレッチには、いくつかの種類があります。運動前や運動後にするストレッチ、体の痛みをとるストレッチ、そして朝ストレッチなどです。

寝る前ストレッチには、「夜用ストレッチ」が効果的です。そこには、寝る前ならではの理由があります。

寝る前に激しい運動はNG!

寝る前ストレッチは、ゆったりとした動きでリラックス効果のあるものばかりです。なぜなら、寝る前に激しい運動をすると安眠が妨げられるから。

実は、安眠することでダイエット効果がアップするんです。安眠すると食べすぎを予防したり、痩せホルモンが分泌されたりします。だから痩せやすくなるんですね。

寝る前ストレッチなら簡単でゆっくりとした動きなので、運動が苦手な人でも、体が硬い人でも簡単にできるものばかり。安心して一緒にダイエットを頑張っていきましょう。

朝ストレッチも代謝アップに効果的

夜のストレッチはゆったりとした動きで安眠効果がアップしますが、朝ストレッチは適度に筋肉が鍛えられるストレッチがオススメ。それには「ヨガ」が最適。

ヨガはストレッチ効果が高く、代謝アップに効果的ですが、ポーズによっては筋肉に負荷がかかる動きもあります。

朝から筋肉を動かせば、さらに代謝がアップして痩せ体質になることができますよ。寝る前には夜用ストレッチ、寝起きには朝ストレッチがオススメです。

寝る前ストレッチの効果とは?

では、寝る前ストレッチにはどのような効果があるのでしょうか? つらい運動をしないのに、痩せ体質を手に入れることも可能なんですよ。

代謝アップで痩せ体質になる

寝る前ストレッチの効果は、代謝がアップして痩せ体質になることです。寝る前にストレッチをすると、安眠効果がアップして痩せホルモンが分泌されます。

痩せホルモンと呼ばれる物質はいくつかありますが、そのうちの1つは「成長ホルモン」。成長ホルモンはタンパク質を分解して、筋肉をつくる効果があります。筋肉が増えると代謝がアップするので、痩せ体質になれるのです。

成長ホルモンには他にもいろいろな効果があり、体の不調を回復させてくれたり、ストレスを緩和してくれる効果もあります。また美肌効果やアンチエイジング効果も抜群!

成長ホルモンが体を修復する過程で、カロリーが消費されるので、痩せやすくなる効果もあるのです。

さまざまな効果がある成長ホルモンは、寝不足や睡眠の質が悪くなると分泌が少なくなるので、ダイエットに悪影響を及ぼします。そのためにも安眠効果がアップする寝る前ストレッチが効果的なのです。

むくみや冷えを改善してダイエット効果アップ

寝る前ストレッチの効果は、むくみや冷えを改善してくれるので、血行が良くなってダイエット効果がアップします。むくみ体質や冷え性の人は、血行が悪いことで代謝が低下している状態です。

この体質を改善して痩せ体質にするには、寝る前ストレッチで全身の血行を良くすることが大切。おまけにリラックス効果もあるので、心身ともに健康になることができます。

脂肪が燃焼しやすい状態が持続する

寝る前にストレッチをすると、血行が良くなって代謝がアップします。代謝がアップすると脂肪が燃焼しやすくなりますが、寝ている間もその効果が持続するのがメリットです。

寝る前にたった5分くらいのストレッチをするだけで、ダイエット効果がアップするのは嬉しいですよね。だから簡単にダイエット効果をアップさせることができるのです。

コリや張りを解消して血行が良くなる

寝る前ストレッチの効果は、肩こりや筋肉の張りを解消して、血行が良くなることです。そもそもコリや張りがある場所は、血行が悪くなっています。

血行が悪いままでは代謝が低下するのはもちろん、セルライトができやすくなるデメリットもあります。これを解消してくれるのが、寝る前ストレッチの効果なのです。

また血行が悪いことで筋肉が張ってしまうと、筋肉太りになる可能性も高くなります。これらすべてを解決してくれるのが寝る前ストレッチです。

安眠効果がアップすると食べすぎを防ぐ

寝る前ストレッチの効果は、安眠効果がアップすることです。安眠効果がアップすれば、寝ている間に分泌される「満腹ホルモン」と呼ばれるレプチンの分泌が増えます。

レプチンは食べすぎを防いでくれる効果があるので、安眠とダイエットには深い関係があるのです。睡眠の質が悪くなるとレプチンの分泌が減るので、食欲を制御できなくなってしまいます。

ダイエットの大敵である「食欲」を抑えてくれるのは、かなり大きなメリットですよね。これであなたも痩せ体質になれますよ。

寝る前ストレッチで簡単ダイエット!

では、具体的にどんなストレッチをすればダイエット効果がアップするのか見ていきましょう。寝る前に激しい運動はNGなので、どれも簡単ですよ。

腰ひねりストレッチ

  1. 仰向けに寝て、両手を広げます。
  2. 左足を上げて、体の右側に持っていきます。
  3. 肩が床から離れないようにして、腰をひねります。
  4. そのまま5~10秒キープしましょう。
  5. 反対も同様にやります。

 
これを2~3回くり返すと効果的です。腰痛改善の効果もあるので、デスクワークの人にオススメです。体が硬くなっていると疲れやすくなるので、疲労も回復しやすくなりますよ。

前ももストレッチ

  1. 床で正座をして、そのまま体を後ろに倒していきます。
  2. 前ももが伸びているのを感じましょう。
  3. できる人は背中がつくまで寝てしまってもOKです。
  4. 前ももが伸びた状態で20秒くらいキープします。

 
前ももは運動をしていない人でも、歩いているだけで筋肉が張ってしまうことがあります。前ももが張ると太ももが太くなってしまうことがあるので、このストレッチでほぐしていきましょう。

伸び伸びストレッチ

  1. 立った状態で両手を上で組みます。
  2. 顔よりも腕が後ろに行くように意識して、肩甲骨をくっつけます。
  3. そのまま左右に倒しましょう。
  4. 左右5~10回ずつくり返します。

 
姿勢が悪いとお腹が縮まってしまうので、血行が悪くなり、ぽっこりお腹になってしまうことがあります。このストレッチをすれば脇腹を伸ばすことができるので、くびれ効果も期待できます。

足のリンパケアストレッチ

  1. 床に座り、左足の膝を曲げて、体の前に置きます。
  2. 右足は後ろに伸ばして、背すじを伸ばしましょう。
  3. そのまま20秒キープします。
  4. 反対も同様にやりましょう。

 
足の付け根である「鼠径部(そけいぶ)」がストレッチされて、リンパの流れが良くなります。足のリンパの流れが良くなれば、足のむくみを解消する効果があるので脚やせに最適なストレッチですよ。

股関節ストレッチ

  1. 足の裏同士をくっつけて、あぐらの姿勢になります。
  2. 足は体にくっつけても、体から離してもOKです。
  3. 上半身をゆっくりと前に倒します。
  4. そのまま3分間キープしましょう。

 
3分がつらい人は、最初は20~30秒でもOKです。呼吸をゆっくりとくり返しながら、リラックスして行いましょう。これは「陰ヨガ」と呼ばれるもので、夜にやると効果的だと言われています。

柔軟性が高まり、体の疲れも抜けていきますよ。柔軟性が高まると代謝がアップするので、ダイエット効果が高まります。

寝る前ストレッチの効果を高める方法

寝る前ストレッチを5種類ご紹介しました。全部やっても良いですし、1日1つずつやってもOKです。では、寝る前ストレッチの効果を高める方法を見ていきましょう。

お風呂で温まった後にストレッチをする

寝る前ストレッチの効果を高める方法は、お風呂でゆっくりと温まった後にストレッチをすると効果的です。体が温まると血行が良くなるので、その状態でストレッチをすると代謝が高まりやすくなります。

また、お風呂上がりは体が柔らかくなっているので、体が硬い人でもストレッチしやすくなりますよ。毎日やっていれば、だんだんと体が柔らかくなって体の不調が回復されていくでしょう。

ゆったりと呼吸しながら行う

寝る前ストレッチの効果を高める方法は、ゆったりと呼吸しながら行うことです。ストレッチが痛くて呼吸を止めてしまう人がいますが、それでは血行が良くなりません。

ストレッチをするときは、あまり無理して痛いところまで伸ばさなくてもOK。イタ気持ちいいところでストップして、呼吸をゆっくりとくり返しましょう。

水分を摂ってからストレッチする

寝る前ストレッチの効果を高める方法は、水分を摂ってからストレッチをすること。体が水分不足の状態でストレッチをしても、血行が良くならないので注意しましょう。

またお風呂上がりは水分不足になっていることが多いので、とくに水分補給は大切です。水をコップ一杯程度飲めばOKです。それから5分くらい経ったらストレッチを開始しましょう。

回数よりキープする時間が大事

寝る前ストレッチの効果を高める方法は、回数よりもキープする時間を重視すること。とくに、反動をつけてストレッチをするのはNGです。

ゆっくりとした動きで、リラックスしながらできるだけ長くキープしましょう。同じ体勢を長くキープすることで、より柔軟性が高まり、脂肪が燃焼しやすくなります。

眠っている間にも代謝がアップした状態を保つには、同じ体勢を長くキープすることが大切です。

寝る前ストレッチで痩せ体質を手に入れよう!

寝る前ストレッチでダイエット効果をアップする方法をご紹介しました。これなら簡単で時間もお金もかかりませんね。毎日のライフスタイルに取り入れてみましょう。
 

こみち
こみちの一言コラム

寝る前ストレッチは、ダイエット効果だけでなく、疲労回復や冷え性改善などの効果も期待できます。

寝る前ストレッチの効果で、健康的にダイエットしましょう。

スポンサーリンク