基礎代謝を上げる水の飲み方|飲む量やタイミングで効果的に痩せる

基礎代謝を上げる水の飲み方で効果的に痩せる方法

「水を飲むと痩せる」「ダイエットには水を飲んだほうがいい」などと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

でも、本当に水を飲むだけで痩せるのか気になりますよね。
 

こみち
水を飲むと健康や美容にも良いって聞くけど、ダイエットにはどんな効果があるのかしら?

水を飲むと血行が良くなって、基礎代謝が上がると言われています。基礎代謝とは、何もしていな状態でも消費されるエネルギー量のことですが、これは加齢とともに低下して、太りやすくなります。

その基礎代謝が水を飲むことで上がれば、痩せられますよね。では、なぜ水を飲むと基礎代謝が上がるのでしょうか?

そこで今回は、基礎代謝を上げる水の飲み方をご紹介します。水を飲むと基礎代謝が上がる理由をはじめ、ダイエットに効果的な量や飲むタイミングなどをご紹介します。

なぜ水を飲むだけで基礎代謝が上がるの?

ダイエットでは、消費カロリーを増やすと痩せると言われていますよね。人間は、寝ているだけでも座っているだけでも、カロリーを消費しています。つまり、生きているだけで消費されるカロリーのことを「基礎代謝量」と言います。

では、なぜ水を飲むと基礎代謝が上がるのでしょうか? その理由を見ていきましょう。

老廃物をデトックスして「むくみ」を解消

水をあまり飲まないと、血行が悪くなります。いわゆる「血液ドロドロ状態」です。たとえば、汗をかいたのに水を飲まないでいると、血液中の水分が少なくなり、血液がドロドロになってしまうのです。

でも体の細胞は水分を必要としているので、わずかに残っている水分を体にため込もうとするのです。これが「むくみ」の症状です。水分が足りなくなって血行が悪くなると、体が水分をためて膨らみ、老廃物がたまってしまうのです。

そこで水を飲むと血行が良くなり、体の中の悪いものを排出してくれるという仕組みになっています。

体の中の老廃物が排出されるということは、デトックスして体の中がキレイになるということ。つまり、むくみのない状態です。そうなれば基礎代謝が上がり、痩せやすくなります。

血行が良くなって「冷え性」が改善する

女性に多い冷え性は、血行が悪いことが原因で起こります。血液の流れが悪い場所、たとえば足先などの血行が悪くなると、冷たくなってしまいますよね。

血液が流れているところは温かく、血液が流れていないところは冷えてしまうのです。これが冷えのメカニズムですが、冷えを改善するには水分補給が大切です。

先ほど、血行が悪くなるのは水分が足りないからだと説明しましたが、水を飲むことで血行が良くなるため、冷え性が改善されるということなのです。

体の冷えがなくなると当然体温は上がりますが、体温が上がると基礎代謝も上がるので、痩せやすい体質になれるのです。

胃腸のはたらきが良くなり便秘解消

人間は、ものを食べたり飲んだりすると、それが胃腸に運ばれますよね。水を飲むと胃腸のはたらきが活発になり、便秘を解消する効果があります。

また便は水分がないと硬くなってしまい、スルスルと排出できなくなってしまうのです。これが便秘です。便秘を解消するには水を飲んで、便を柔らかくする必要があります。

便秘はダイエットの大敵なので、水を飲んで便秘を解消することでダイエット効果がアップしますよ。

水を飲むダイエットは、「痩せる」以外にも嬉しい効果がある

水を飲むことで基礎代謝が上がる理由をご紹介しましたが、実は痩せる以外にも嬉しい効果があります。水を飲むことは、美容や健康にも良い効果が期待できるのです。

ニキビなどの肌荒れが解消して美肌になる

美肌をさまたげるニキビなどの肌荒れは、体の中に老廃物があることが原因でできることが多いです。体の中に悪いものがあるから、ニキビとなって出てきてしまうのです。

水を飲むことで体の中の老廃物が排出されれば、体の中からキレイになり、ニキビなどの肌荒れを解消することができます。そのため水を飲むことは、美肌になる効果が期待できるのです。

ターンオーバーが活発になり、アンチエイジング効果がある

加齢とともに気になり始めるシミやシワなどは、肌が乾燥してしまうことが原因で起こります。肌が乾燥すると、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れ、シミやシワの原因になると考えられます。

ターンオーバーを活発にして肌老化を防ぐには、肌に充分な水分量があることが必須です。水を飲むと体の中から肌を保湿する効果もあるので、ターンオーバーが活発になります。

また水を飲むことで基礎代謝が上がるということは、新陳代謝も活発になっているということ。体の新陳代謝が良くなることで、肌の新陳代謝も活発になり、シミやシワを改善することができるのです。

水を飲むことは、見た目年齢を左右するアンチエイジング効果も期待できるんですね。

血圧が低下して、生活習慣病の予防にもなる

加齢とともに気になるのは、健康面でもいろいろありますよね。その中の1つが「高血圧」です。高血圧とは、血圧が高くなること。血圧が高い状態は、血行が悪いということなのです。

つまり、水を飲むことで血行が良くなるので血圧が下がるので、高血圧の予防・改善にも効果的。さらに、加齢とともに太りやすくなると気になるのが「生活習慣病」です。

水を飲むことで、基礎代謝が上がり痩せやすくなるので、生活習慣病の予防にも効果的なのです。このように水を飲むことは、美容・健康・ダイエットのすべての面で良い効果をもたらしてくれます。

基礎代謝を上げる水の飲み方

では、ダイエット効果に戻りましょう。痩せるためには、どのような水の飲み方をすれば良いのでしょうか? 基礎代謝を上げる水の飲み方をご紹介します。

朝起きたときにコップ一杯の水を飲む

まずは、朝起きたときにコップ一杯の水を飲むようにしましょう。寝ている間にはコップ一杯分の汗をかいていると言われているので、体の水分が不足している状態で目覚めます。

つまり、朝起きたときは血行が悪い状態なので、それを改善して基礎代謝を上げるには、水を飲んで血行を良くする必要があります。そのため、寝起きに水を飲むと良いと言われているのです。

1~2時間おきにコップ一杯の水を飲む

基礎代謝を上げる水の飲み方は、一度に大量に飲んでも効果がありません。むしろ健康面で悪い影響があるので、小まめに水を飲むことが大事。

だいたい1~2時間おきにコップ一杯の水を飲むようにすると良いでしょう。汗をかいていないようでも体内の水分が蒸発しているので、小まめな水分補給が必要です。

そのためには1~2時間おきにコップ一杯くらいの水を飲むことが効果的です。

食事と一緒に飲むときは、大量に飲まない

食事をするときなど、何か食べるときには水を飲むことが大切ですが、大量に飲まないように注意しましょう。食事と一緒に大量の水を飲んでしまうと、胃液が薄まって消化不良になってしまう場合があります。

食事中以外のときでも、基本的に一度に大量に水を飲むことはオススメできません。小まめに摂るようにすることが大切です。

1日の飲む量は1.5~2リットル程度

モデルが「1日2リットルの水を飲む」と聞いたことがある人も多いと思いますが、実際に2リットルの水分補給がすすめられているのは、体重50キロの人です。

50キロよりも体重が少ない人なら1.5リットルくらいでOKです。でもこの量は、水だけではありません。

たとえば味噌汁やコーヒー、食べ物に含まれている水分も合わせた量の目安なので、水そのものの量は1リットルくらいが目安になります。

逆に、食事量を減らし過ぎている人は水分不足になりやすいので、意識的に水分補給することをオススメします。食事制限をしすぎると体に不調が起きるので、ほどほどにしましょうね。

汗をかいた後はしっかり水分補給

汗をかいたら、体の中の水分が排出されてしまった証拠なので、そのまま水分補給をしないでいると脱水症状になってしまいます。夏はとくに汗をかくので、喉が渇くことが多いですよね。

でも実は、喉が渇いたと感じてから水を飲むのでは遅いのです。とくに水分補給をしたほうが良いのは、以下のようなときです。

  • お風呂の前後
  • 運動の前後
  • 夏の暑い日で汗をかいた時

 
このようなタイミングでは、必ず水分補給をすることが大切です。また、ダイエットでは「マッサージ」や「ストレッチ」を日課にしている人も多いと思いますが、マッサージやストレッチの前後にも水分補給をすることをオススメします。

水を飲むことで血行やリンパの流れを良くし、マッサージやストレッチの効果を高めることができるのです。そうすれば、効果的に基礎代謝を上げることができますよ。

寝る30分~1時間前までにコップ一杯の水を飲む

寝ている間に汗をかいているので、寝る前にも水分補給をすることは大切です。とはいえ、寝る直前に水を飲むのはあまりオススメできません。

ベストなのは、寝る30分~1時間前までにコップ一杯の水を飲んでおくことです。そうすれば、朝起きたときにまた水分補給をすれば大丈夫でしょう。

ちなみに、夜中にトイレに目覚めることがありますが、基本的には寝ている間は膀胱が休止状態になるのでトイレに行きたくなることはありません。

もし夜中にトイレに目覚めてしまうなら、眠りが浅く、安眠できていない証拠です。それはダイエットとは関係ありませんが、健康面で気になることなので、病院を受診してみると良いかもしれません。

ただし、安眠することはダイエット効果を高めるので、睡眠とダイエットには関係があります。

間違った水の飲み方は危険! 死亡するリスクもある

基礎代謝を上げる水の飲み方をご紹介しましたが、間違った水の飲み方をすると、最悪の場合は死亡するリスクもあるので注意が必要です。

一度に大量に飲むと「水中毒」になるリスクがある

水を一度に大量に飲むのは良くないと説明しましたが、その理由は「水中毒」になる恐れがあるからです。体がむくんでしまうのも、軽度の水中毒の一種です。

水中毒とは、大量に水を飲んで血液中の塩分濃度が極端に薄まってしまうことで起こる症状です。頭痛や吐き気、嘔吐などが起き、熱中症と似たような症状になります。

ただし、熱中症と違うことはスポーツドリンクを飲ませてはいけないということ。塩や砂糖を舐めさせるのがベストですが、意識がもうろうとすることが多いので、すぐに病院へ行ったほうが良いでしょう。

このように危険な水中毒を予防するには、1日あたりの水分摂取量目安を守ること。そして一度に大量の水を飲まないことです。とくにトイレに行かないのに、どんどん水を飲んではいけません。

新陳代謝が悪くなっている人は、水を飲んでもあまりトイレに行きたくならない人もいるかもしれません。そのような人は、水の飲み方を医師と相談すると良いでしょう。

「お茶」と「アルコール」には注意

コーヒーやお茶などの「カフェイン」が含まれている飲み物は、脂肪を燃焼する効果があるのでダイエットにオススメの飲み物です。ただし、利尿作用があるので、水分補給の効果が半減してしまいます。

もしカフェイン入りの飲み物を飲むなら、運動前や食事中だけにして、それ以外のときには「水」を飲むことをオススメします。

また「アルコール」はとくに注意が必要で、むくみやすくなる飲み物の1つ。なるべくお酒は飲み過ぎないようにして、もしお酒を飲んだら同じくらいの量の水を飲むと、むくみ予防になるのでオススメです。

アルコールはスーっと体に吸収されてしまうので、同じ量の水を飲もうとするとかなりキツイです。だからこそ、あまりお酒を飲み過ぎないようにしましょうね。

ただし、アルコールと同じ量の水を飲むといっても、一度に飲むのはNGです。小分けに飲みましょう。

水を飲む量やタイミングで効果的に痩せよう!

基礎代謝を上げる水の飲み方をご紹介しました。水を飲む量やタイミングを知ることで、効果的に痩せることができますよ。
 

こみち
こみちの一言コラム

基礎代謝を上げる水の飲み方は、1日1~1.5リットルくらいを小まめに飲むことです。

上手に水を飲んで血行を良くし、老廃物を排出することで痩せやすい体をつくっていきましょう。

スポンサーリンク