痩せやすい体を作るストレッチ|簡単なのに脂肪燃焼やむくみに効果的

痩せやすくなるストレッチでダイエット効果アップ

「痩せたいけど運動はしたくない」「運動が苦手だから、どうせ続けられない」と思っていませんか? 健康的に痩せるには運動したほうが良いですが、運動嫌いな人にはつらいですよね。
 

こみち
運動を始めても挫折しちゃうから、運動なしのダイエットのほうがいいわ。

運動嫌いな人は食事制限に頼りがちですが、やっぱり多少は体を動かしたほうが代謝がアップします。いきなり運動をするのは無理でも、ストレッチならできそうだと思いませんか?

そこで今回は、痩せやすい体を作るストレッチをご紹介します。簡単なのに、脂肪燃焼やむくみ解消の効果が高いのがポイント。ストレッチで体が柔らかくなれば、体を動かすことも楽になりますよ。

ストレッチすると痩せる理由とは?

健康的に痩せるには運動が必要なのに、ストレッチをするだけで痩せることは可能なのでしょうか? ストレッチをすると痩せる理由をご紹介します。

血流がアップして代謝が上がる

ストレッチをすると全身の血流がアップして、代謝が上がるので痩せやすくなります。体を動かすことが苦手で運動不足になっている人は、全身の血行が悪くなっていることが多いので、代謝が低下してしまいます。

本当は少しでも運動をするほうが効果的なのですが、続けられないなら意味がありません。そのためストレッチだけでも続けると、痩せやすい体を作ることができますよ。

リンパの流れを良くしてむくみ解消

夕方になると足がむくみやすい人は、リンパの流れが悪くなっている証拠です。リンパの流れが悪くなると、老廃物がたまって代謝が低下してしまいます。

足がむくんでいると血行が悪くなっているので、全身のダイエット効果も半減してしまいますが、ストレッチをすると代謝がアップするので痩せやすくなりますよ。

下半身のストレッチを重点的にやることで、足のリンパの流れを良くしてむくみを解消することができますよ。そうすれば全身の代謝もアップします。

運動効率がアップして消費カロリーが増える

ストレッチをすると体が柔らかくなり、体を動かしやすくなるので運動効率がアップします。そのためストレッチには、消費カロリーが増えて痩せやすくなる効果があります。

体が硬いと運動するときの可動域が狭くなって痩せにくくなりますが、体が柔らかいと体が軽く感じられて、運動しやすくなるのです。

運動が苦手な人でも、ストレッチをすれば運動が楽にできるようになりますよ。最初は体が硬くても少しずつ柔らかくして、痩せやすい体を作っていきましょう。

リラックスして自律神経のバランスが整う

ストレッチにはリラックス効果があり、自律神経のバランスを整える効果があります。自律神経が乱れると痩せにくくなるので、ストレッチをするとダイエット効果がアップします。

生活リズムが不規則だったり、睡眠不足になっていたりすると、自律神経が乱れて痩せにくくなってしまいます。自律神経は血流や代謝に関わっているので、ダイエットのためにはバランスを整えることが大事。

毎日のストレッチを気持ちよく行うことで体が柔らかくなり、血流や代謝がアップするので、痩せやすい体になることができますよ。

痩せやすい体を作る簡単ストレッチのやり方

では、痩せやすい体を作る簡単ストレッチのやり方を見ていきましょう。はじめは体が硬くてつらいかもしれませんが、ぜひ継続してみてくださいね。

運動は苦手でも、ストレッチだけはやっておくと痩せやすい体を作ることができます。

脂肪燃焼で痩せやすくなる「肩甲骨ストレッチ」

  1. 耳と肩を近づけるように頭を横に倒し、30秒キープします。
  2. 反対も同様にやります。
  3. 両手を肩の高さに広げ、肘を90℃に曲げます。
  4. 肩甲骨を下げるようにして、肘を後ろに引き5秒キープします。
  5. これを10回くり返します。

 
肩甲骨が硬いと痩せにくくなっているので、肩甲骨のまわりにある「褐色脂肪細胞」に刺激を与えることで脂肪が燃焼しやすくなります。

背中についてしまったムダ肉を落とす効果もあり、後ろ姿美人になることができます。普段は肩甲骨を動かすことが少ないので、ストレッチをするとスゥーッとして血行が良くなったのがわかりますよ。

むくみを解消して痩せやすくなる「股関節ストレッチ」

  1. 床に座り、右足の膝を曲げて、左足は後ろに伸ばします。
  2. 背すじを伸ばして左足の付け根をストレッチします。
  3. 上体を前に倒して、右足の股関節をストレッチします。
  4. それぞれ20秒キープして、反対も同様にやります。

 
股関節が硬いと足がむくみやすく、全身の代謝も低下してしまいます。そのため痩せやすい体を作るストレッチの中でも、とくに重要なストレッチです。

普段の生活では股関節をあまり動かさないので、しっかりストレッチをして柔らかくしておいてくださいね。

ウエストにくびれを作る「ウエストひねりストレッチ」

  1. 右足の膝を曲げて座り、左足は膝を立てて右足の外側につきます。
  2. 右肘で左膝を押すようにして、ウエストをひねりましょう。
  3. 20秒キープしたら、反対も同様にやります。

 
なるべく背すじを伸ばして、しっかりと腰をひねりましょう。呼吸を止めないように注意してください。

お腹まわりは脂肪がつきやすいので、ストレッチで刺激を与えれば血行が良くなり、脂肪が燃焼しやすくなります。

姿勢を改善して痩せやすくなる「背中ストレッチ」

  1. 床に正座をして、両手を床につけて前に伸ばします。
  2. 背中がストレッチされているのを感じながら20秒キープします。
  3. 起き上がったら、5回くり返しましょう。

 
猫背になることが多い人は、姿勢が悪いことで痩せにくくなっている場合があります。そのため背中のストレッチをして、痩せやすい体を作っていきましょう。

代謝をアップして痩せやすくなる「足の後ろ側ストレッチ」

  1. 仰向けになり、右足を伸ばしたまま上げます。
  2. 両手で右足首を持ち、できるだけ体に近づけます。
  3. つらい場合はタオルを足裏に引っかけてやってもOKです。
  4. 1分間キープしたら、反対も同様にやります。

 
体が硬いと体に近づけるのがつらいので、体から離れていても「膝が曲がらないようにする」のがポイントです。どうしてもつらい場合は、反対足の膝を曲げると少し楽になります。

足の後ろ側である「ふくらはぎ」「膝裏」「ハムストリング(太もも裏)」などをストレッチすると、血行が良くなって代謝がアップする効果が期待できます。

筋肉太りを解消して足を細くする「太ももストレッチ」

  1. 床に正座をして、そのまま上体を後ろに倒していきます。
  2. 前ももがストレッチされているのを感じましょう。
  3. 倒せるところまで倒したら、そのまま20秒キープします。

 
ダイエットのために頑張って運動をしている人は、使った筋肉が硬くなってしまうと足が痩せにくくなります。血行を良くするためにも、一番使いやすい「前もも」をストレッチすると効果的ですよ。

いつストレッチをすると痩せやすくなるの?

痩せやすい体になる簡単なストレッチをご紹介しましたが、このようなストレッチは、いつやると効果的なのでしょうか?

朝起きたとき

朝起きたときは、とくに体が硬いと感じたことはありませんか? 寝起きは血行が悪く、代謝が下がっている状態なので、そのタイミングでストレッチをすると痩せやすくなります。

ストレッチをすることで体が目覚めるので、朝から活動的になれるのも代謝アップのポイント。体を動かしやすくなることで、消費カロリーが増える効果もありますよ。

お風呂上がり

ストレッチは、お風呂上がりにやるのが効果的だと言われていますよね。体が温まって血行が良くなっている状態なので、体が柔らかくなっていてストレッチがやりやすいはずです。

お風呂上がりにストレッチをするとさらに血行が良くなり、体が冷めていくときに寝れば安眠効果がアップしますよ。安眠すると食べ過ぎを防止することができるので、ダイエット効果がアップします。

寝る前

寝る前にストレッチをすると、寝ている間に分泌される「成長ホルモン」が増えて痩せやすくなります。成長ホルモンは筋肉を修復したり、ホルモンバランスを整える効果もあるので、痩せやすい体を作るには必要です。

ストレッチをすることで副交感神経が優位になるのでリラックス効果があり、安眠効果もアップしますよ。食事の前に入浴をする人は、お風呂上がりか寝る前のどちらかでストレッチをすると良いでしょう。

ストレッチで痩せる効果をアップさせるコツ

痩せやすい体を作るストレッチの効果がアップするタイミングをご紹介しましたが、さらに痩せる効果をアップさせるコツをご紹介します。

水を飲んでからストレッチする

ストレッチの目的は「血行を良くすること」なので、水分不足の状態だと血液がドロドロのままになってしまいます。そのためストレッチの前には水をコップ一杯飲み、血行を促してからストレッチをするようにしましょう。

水を飲んで全身に巡ってからストレッチをすることで、痩せる効果がアップしますよ。ダイエット効果を高めるには、日頃から水分補給をすることが大切ですが、とくにストレッチ前には飲むようにしましょう。

呼吸を止めないでストレッチをする

痩せやすい体を作るストレッチをするなら、呼吸を止めないでやることがポイント。ストレッチは気持ちいいものですが、体が硬い人にとっては痛いですよね。

痛みがあってつらいと、どうしても息を止めてしまいがちなので、呼吸を止めないように意識してストレッチすることが大切ですよ。

さらに痩せる効果をアップさせるには、腹式呼吸をしながらストレッチするのがオススメ。脂肪燃焼効果がアップして、痩せやすくなります。

毎日ストレッチを続ける

痩せやすい体を作るストレッチは、毎日継続することが大切です。ダイエットは続けないと効果がありませんが、ストレッチも続けることで痩せやすくなります。

筋トレや運動は、筋肉疲労が残るので2~3日に1回でもOKですが、ストレッチは毎日続けることが大切ですよ。今回はいろいろなストレッチ法をご紹介しましたが、どれか1つでも良いので毎日やるようにしてみましょう。

痩せやすくなるストレッチでダイエットを成功させる

痩せやすい体を作るストレッチの効果ややり方をご紹介しました。簡単なのに脂肪燃焼やむくみ解消の効果が高いので、ぜひ毎日やってみてくださいね。
 

こみち
こみちの一言コラム

痩せやすい体を作るには、まずは体を柔らかくすることが大事。体が柔らかくなると血行が良くなり、代謝がアップすることで痩せやすくなります。

毎日少しずつでも続けて、痩せやすい体を作っていきましょうね。

スポンサーリンク