ダイエット効果を高める飲み物|選び方と飲み方で効率よく痩せる!

ダイエット効果を高める飲み物で効率的に痩せる!

ダイエット中は食べ物のことは気にするけど、飲み物のことを甘く考えていませんか? 何気なく飲んでいる物の中には太りやすい飲み物があり、食事制限の努力を水の泡にしてしまうこともあるんです。
 

こみち
飲み物のことまでは、そんなに考えていなかったわ。

ダイエットしてもなかなか痩せられない人は、もしかしたら飲み物の選び方や飲み方が間違っているのかもしれません。そこで今回は、ダイエット効果を高める飲み物の選び方効率よく痩せるための飲み物の飲み方をご紹介します。

どんな飲み物がダイエットに効果的なのか、逆に太りやすい飲み物とは何なのかを見極め、効率よくダイエットを進めていきましょう!

ダイエット中の水分補給が大事な理由

「ダイエット中は水をたくさん飲んだほうがいい」と聞いたことがある人も多いと思いますが、その理由をご存知ですか? ダイエット中に水分が不足すると、一気に痩せにくい体になってしまうのです。では、なぜダイエット中の水分補給が大事なのか、その理由について見ていきましょう。

ダイエット中は水分が不足しがちになる

ダイエットには食事制限が必要ですが、食事の量が減ると食べ物から補給していた水分を摂れなくなるので、水分が不足しやすくなります。水分が不足すると代謝が低下して、どんどん痩せにくい体になってしまうことも。

とくに糖質制限ダイエットは、ダイエットを始めてすぐに体重が減るので「痩せた!」と実感しやすく人気のダイエット方法ですが、実はコレ、脂肪ではなく水分が減ったことによる体重減なのです。

食事で糖質を摂らなくなると、最初に使われるエネルギー源は「肝グリコーゲン」という糖質です。これは肝臓に蓄えられていた糖質のことで、水分と結びつく性質があります。そのため、糖質制限を始めてすぐの頃は肝グリコーゲンがどんどん減っていき、そのときに水分も一緒に排出されていくことで体重が減るというメカニズムになっています。

糖質制限以外のダイエット中も、食事制限によって水分不足の状態になりやすいので、水分補給が絶対的に必要になります。意識して水分補給をしないと代謝が低下するだけでなく、脱水症状を引き起こすリスクもあるので、ダイエット中はしっかり水分補給をしましょう。

むくみ解消には水分が必要

むくみに悩んでいる人は、「水を飲むと余計にむくむのでは?」と思って水分補給を控えているかもしれませんが、実はこれが逆効果。むくみを解消するには、水分が必要なのです。

体内に余計な水分がたまって「むくみ」が起きると、血行が悪くなることで代謝が低下して痩せにくくなります。もしこの状態で水分を控えてしまうと、体が「水分をもっとため込まなくちゃ!」と思ってさらにむくみが悪化してしまうのです。

むくみを解消するには水分を摂って排便を促し、血行を良くすることで代謝が高まれば、体にたまった水分を排出しやすくなってむくみを解消することができます。

つまり、「水分を飲んで出す」という循環が正常に機能すればむくみが解消されるのです。むくみを解消するための水分補給のポイントは、小まめに飲んで小まめに出すということ。一度に大量の水を飲むとむくみやすくなるので気をつけましょう。

水分が不足すると便秘になりやすい

ダイエット中はとくに便秘になりやすいですが、それは水分が不足しがちになることも理由の1つです。

水分が不足すると便に十分な水分が含まれなくなり、便が硬くなることで出にくくなってしまいます。ダイエット中の食事制限で食事量が減り、便のカサが減ることも便秘の大きな原因ですが、その排便を促してくれるのが水分なのです。

このように、ダイエット中は便秘になりやすいので、水分補給をしっかりして排便を促すとともに、便のカサを増やす「食物繊維」を摂ることも便秘を解消するために必要です。水分と食物繊維を積極的に摂り、ダイエット中の便秘を解消していきましょう。

ダイエット効果を高める飲み物の選び方

ダイエット中の水分補給が大事な理由はわかりましたが、どんな飲み物を飲めば良いのか気になりますよね。もちろん何を飲んでも良いわけではなく、ダイエットに逆効果になる飲み物もあります。では、ダイエット効果を高める飲み物の選び方をご紹介します。

冷たい飲み物より温かい飲み物を

運動後やお風呂上がりは喉がカラカラに乾いているので、冷たい飲み物をグビグビ飲みたくなりますよね。でも、ダイエット中に内臓を冷やすと代謝が低下してしまうので、冷たい飲み物はできるだけ避けたいところ。

内臓が冷えると内臓脂肪がつきやすくなり、基礎代謝が低下してしまうのです。基礎代謝が低下すると、運動をしてもあまりカロリーを消費できなくなったり、食事制限をしているのに痩せにくくなったりします。

このように、冷たい飲み物はダイエット効率を下げる原因になるため、できるだけ温かい飲み物で内臓や体全体を温めるようにしましょう。そうすれば代謝が高まり、ダイエット効果がアップしますよ。

糖分入りの飲み物を避け、ノンカロリーの飲み物を選ぶ

ダイエット中は、できるだけ低カロリーの飲み物を選ぶことは当然ですが、できればノンカロリーの飲み物を選ぶと良いでしょう。なぜなら、「糖分入りの飲み物」はとても太りやすいからです。

一見ヘルシーに見える「100%果汁のジュース」や「野菜ジュース」も糖分がたくさん含まれているので避けたい飲み物の1つ。「飲み物のカロリーなんて、たいしたことないでしょ?」と甘く見ていると、ダイエット前よりも太ってしまうこともあるのであなどれませんよ。

食べ物に含まれる「糖分(糖質)」は、消化するのに時間がかかるため、体に吸収されるまでに時間がかかります。しかし「糖分入りの飲み物」の場合は消化する必要がないので、すぐに体に吸収されてしまうのです。

体に吸収された糖分(糖質)はすぐにエネルギー源として消費されますが、運動量が少なくて消費カロリーが少ないと、消費しきれなくなって脂肪として蓄積されてしまうのです。

そのため食べ物よりも飲み物に含まれる糖分(糖質)のほうが実は太りやすいのです。そのためダイエット中は糖分入りの飲み物を控え、なるべくノンカロリーの飲み物を選ぶようにしましょう。

ダイエット効果を高める飲み物とは?

では、ダイエット効果を高める飲み物とは何なのでしょうか? いくら食事に気をつけていても、いくら運動を頑張っても、飲み物がその効果を台無しにしてしまうこともあります。ダイエットを成功させるためにも、上手に飲み物を選びましょう。

水分補給をするなら、「水」が1番オススメです。水を飲むと血行が良くなったり、便秘を解消しやすくなったりすることで、新陳代謝がアップして痩せやすい状態になります。

より代謝をアップさせるには、水道水よりもミネラルウォーターがオススメ。ミネラルウォーターには軟水と硬水があり、軟水は体に吸収しやすいため水分補給に向いていて、硬水はミネラルが豊富なので便秘解消などに効果的です。

白湯

水を沸騰させてから少し冷ました「白湯」は、ダイエット中の水分補給に最適な飲み物です。常温の水でもOKですが、白湯のほうが代謝が上がります。

白湯を飲むと内臓が温まることで血行が良くなり、代謝が上がることで脂肪が燃えやすくなります。また、便秘を解消しやすくなることでデトックス効果も高まりますよ。

炭酸水

炭酸水は食前に飲むことで満腹感を得られますが、それだけではありません。炭酸水を飲むと血管を広げて血行が良くなるのです。

たとえば運動後に炭酸水を飲むと、運動によってたまった「乳酸」を排出しやすくなることで、疲労が回復しやすくなります。

炭酸水といっても、糖分が含まれている甘い炭酸飲料はダイエットに逆効果なので、絶対に飲まないように注意してくださいね。疲労が回復しやすくなれば運動を継続することができ、ダイエット効果が高まるでしょう。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは、脂肪を燃焼しやすくなる効果があります。カフェインを摂ることで、通常よりも早く脂肪を燃焼しやすい状態にすることができるため、ダイエット効果を高めてくれるのです。

通常は、脂肪を分解してから燃焼させるという過程を踏むのですが、カフェインを摂ることでリパーゼという消化酵素の働きを高め、脂肪が燃焼しやすい状態にまで一気に分解することができるのです。

オススメの飲み方は、運動の30分くらい前にブラックコーヒーを飲むことで、いつもと同じ運動でも脂肪を燃焼しやすい状態にすることができます。ただし、カフェインには中毒性があるので、飲み過ぎには注意しましょう。

緑茶

カフェインはコーヒーだけでなく、緑茶や紅茶などにも含まれています。緑茶には、カフェイン以外にも「カテキン」というポリフェノールが含まれていて、脂肪燃焼を促してくれます。また、食事による脂肪の吸収を抑える働きもあるので、食事と一緒に飲むか、食後に飲むとダイエット効果を高めてくれますよ。

ココア

美容や健康に良いと言われているココアには「ポリフェノール」や「テオブロミン」という成分が含まれていて、血管を拡張することで血行を促進し、代謝をアップさせる効果があります。また、食欲を抑える効果や脂肪を燃焼しやすくする効果もあるため、ダイエット中の強い味方になってくれそうですね。

ココアには、砂糖入りの「調整ココア」と、無糖の「ピュアココア(純ココア)」があります。ダイエットに効果的なのはピュアココアなので、砂糖を入れずにそのまま飲みましょう。

健康茶

お茶には色々な種類がありますが、健康茶と呼ばれるお茶の中にはダイエットを強力にサポートしてくれるものがあります。ダイエットにオススメの健康茶は、以下の4つです。
 

◆プーアール茶

プーアール茶は、中性脂肪を分解して燃焼しやすい状態にしてくれる「リパーゼ」という酵素を増やす働きがあるため、運動での脂肪燃焼をスムーズにし、ダイエット効果を高めてくれます。

また、ポリフェノールの一種である「重合カテキン」や「没食子酸(もっしょくしさん)」の働きよって、食事による脂肪の吸収を抑えたり、糖分の吸収をゆるやかにしたりすることで脂肪が体にたまるのを防いでくれます。
 

◆ルイボスティー

ルイボスティーには、カルシウムや鉄分などのミネラルが豊富に含まれていて、むくみを解消することで代謝をアップし、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。腸内環境を整えて便秘を解消する効果もあるため、デトックスするとともにリンパや血液の流れが良くなり、ダイエット効果を高めてくれます。
 

◆黒豆茶

黒豆茶のダイエット効果は、食物繊維によって便秘を解消したり、サポニンによって脂肪の吸収を抑えたりすることで、効率よく痩せるためのサポートをしてくれることです。また、食欲を抑えたり、満腹感がアップしたりすることで食べ過ぎを予防する効果も期待できるでしょう。
 

◆ウーロン茶

ウーロン茶は飲めば飲むほど痩せる飲み物の1つで、1杯飲むごとに40キロカロリーを消費するとも言われています。ウーロン茶に含まれる「烏龍茶重合ポリフェノール」が中性脂肪をつきにくくし、カフェインが脂肪を燃焼しやすくし、サポニンが脂質を分解することでダイエット効果を高めてくれる嬉しい飲み物です。

さらに、テアニンによって神経を鎮め、リラックス効果も高めてくれるので、ストレスによる暴飲暴食を予防することでダイエットを強力にサポートしてくれます。ただし、空腹時に飲むと胃腸を刺激することがあるため、食後に飲むのがオススメです。

トマトジュース

トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高く、活性酸素を除去することで新陳代謝を良くし、ダイエット効果を高めてくれます。また、食物繊維によって便秘解消の効果が高まり、ダイエットを成功へと導いてくれるでしょう。

トマトをそのまま食べてもOKですが、トマトジュースのほうが量をたくさん摂れるので、効率よくリコピンや食物繊維を摂取できます。塩分を摂るとむくみやすくなるので、なるべく「無塩」のトマトジュースを選びましょう。

豆乳

豆乳はタンパク質をはじめとして、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、バランスよく栄養を摂取できる飲み物です。とくにダイエット効果を高めてくれるのは、サポニンによる食欲抑制効果や、ペプチドによる脂肪燃焼を促進する効果などです。

豆乳にはイソフラボンも含まれているので、女性ホルモンのバランスを整えることで痩せやすい状態をつくり、美肌や美髪にも効果が期待できます。豆乳には3種類あり、ダイエット効果を高めるには「無調整豆乳」を飲むことをオススメします。それ以外の豆乳には糖分が含まれていることが多いので、ダイエット効果が半減してしまうので気をつけましょう。

豆乳はイソフラボンの含有量が多いため、飲み過ぎるとかえって女性ホルモンのバランスを崩してしまうので、1日あたり300ml前後を目安にしましょう。

プロテイン

最近は、スタイル抜群のモデルも飲んでいることで注目されているプロテインは、ダイエットを強力にサポートしてくれる飲み物です。カロリーが低いわけではありませんが、良質なタンパク質やビタミン・ミネラルを効率よく摂取できるので、食事制限で不足しがちな栄養素をバランスよく摂ることができます。

また腹持ちが良いので食事での食べ過ぎを抑制したり、タンパク質によって筋肉増加をサポートしてくれる働きもあります。プロテインを食事と置き換えるダイエット方法もありますが、リバウンドを防ぐためにも食事での栄養補給の補助として飲むほうが効果的です。

ダイエット効果を高める飲み物の飲み方

ダイエット効果を高める飲み物をご紹介しましたが、飲み方も重要なポイントになります。コーヒーや豆乳、プロテインなどは飲み過ぎに注意が必要ですが、水やお茶を効果的に飲む方法をご紹介しましょう。

1日1~2リットル飲む

水を基準として考えた場合、1日あたりの摂取量は1~2リットルが目安です。食事制限によって食べ物からの水分補給が減っているダイエット中は、積極的に水などで水分補給することが大切です。

ただし、お茶の中には利尿作用のある飲み物もあり、逆に水分が不足してしまうこともあるため、必ず水も併用するようにしましょう。人間の体の7割くらいは水でできているので、水や白湯での水分補給を基本とし、プラスして他の飲み物を飲むと良いでしょう。

1回あたり200ml程度が目安

いくらダイエットには水分補給が大事だからといって、一度にたくさん飲むとむくみや水太りを引き起こすことがあるので気をつけましょう。体が一度に吸収できる水分量は決まっているので、1回あたりの摂取量は200ml程度が目安となります。

水を飲む間隔は、1~2時間おきくらいにすると良いでしょう。あまり間が空いてしまうと、水分不足の状態になってむくみを引き起こすことがあります。

飲み物を飲むべきタイミングを外さない

ダイエット効果を高めるためには、飲み物を飲むべきタイミングを外さないことも大切です。1日の中で絶対に水分補給をしたいタイミングは、以下の4つです。
 

◆朝起きたとき

朝起きたときは体が水分不足の状態になっているので、水分補給には大切なタイミング。休んでいた体を活動モードに切り替えるためにも水分を補給し、代謝を活発にすることが大切です。
 

◆食事と一緒に

食事のときに適度な水分を摂ると、胃の中の食べ物を柔らかくすることで消化を助けてくれます。脂肪の吸収を抑えるにはお茶が効果的ですが、食物繊維の多い食べ物を食べたときは水を飲むほうが満腹感が増し、便秘もスムーズに解消しやすくなります。
 

◆運動の前後

運動によるダイエット効果を高めるには、血行を促進させることが大切なので、運動前に水分を摂っておくと良いでしょう。また、汗をかいた運動後の水分補給も大事。血行を良くするとともに、疲労を回復しやすくしてくれます。
 

◆入浴の前後

汗をかくタイミングといえば、入浴の前後の水分補給も大事。お風呂で体が濡れているとあまり気づかないのですが、想像以上に汗をかいています。水分不足を防ぐためにも、入浴の前後の水分補給は忘れないようにしましょう。

砂糖やミルクを入れないで飲む

コーヒーや紅茶などは甘いほうが美味しいですが、ダイエット効果を高めるには砂糖やミルクを入れないで飲むようにしましょう。また、ココアもピュアココアの場合は甘みが感じられないので、ついつい砂糖を入れたくなりますが、ここは我慢です。

どうしても甘みをプラスしたい場合には、ハチミツやオリゴ糖を入れて飲むことをオススメします。砂糖よりはダイエットに良いでしょう。

ダイエット中には避けたい飲み物とは?

ダイエット効果を高める飲み物と飲み方をご紹介しましたが、最後に、ダイエット中には避けたい飲み物をご紹介していきます。

清涼飲料水(ジュース)

冒頭のほうでもご紹介した「糖分入りの飲み物」の代表格は、清涼飲料水です。いわゆるジュースのことですね。ジュースは言うまでもなく太るので、ダイエット中は絶対に控えたいところ。

「ほんの一口だけならいいかな」という油断が、あなたのダイエットを失敗させてしまうかもしれません。飲み物の糖分はすぐに体に吸収されてしまうので、食べ物よりも太りやすいということを忘れないようにしましょう。

市販の野菜ジュースや100%果汁のジュース

ヘルシーで体に良さそうな「野菜ジュース」や「100%果汁のジュース」ですが、実はこれもダイエット中には避けたい飲み物に入ります。野菜や果物に含まれている栄養素は、製造過程でほとんど失われているので、それほど栄養は含まれていないと思ったほうが良いでしょう。
しかも、糖分が意外と多く含まれているので、ダイエットに不向きの飲み物の1つ。

もし、野菜や果物を使ったジュースを飲みたいなら、手作りのフレッシュジュースがオススメ。なるべく糖分を入れずに、ナチュラルな味を楽しみましょう。生の野菜や果物には「酵素」がたっぷり含まれているので代謝を促す効果があり、ダイエット効果を高めてくれますよ。

スポーツドリンクは量やタイミングを考えて飲む

ダイエットで運動をしている人は、スポーツドリンクを飲んでいる人も多いと思いますが、スポーツドリンクにも意外と糖分が多く含まれています。メーカーにもよりますが、500mlのペットボトルで約30gの糖分が含まれています。

そのため、大量に飲んでしまうと太るので気をつけましょう。さらにNGなのは、運動をしていないのにスポーツドリンクをたくさん飲むこと。

スポーツドリンクに含まれている「アミノ酸」には代謝をアップさせる効果がありますが、運動による消費カロリーをアップさせる効果なので、運動なしで飲んでもあまりダイエット効果は期待できません。

スポーツドリンクを飲むなら少量ずつ小まめに飲み、飲み過ぎには注意しましょう。

お酒は量や種類による

お酒はカロリーの高いものが多く、しかも肝臓への負担が大きいためダイエット中はなるべく控えることをオススメします。とくに、糖質制限をしているときは肝臓が活発に働いているので、お酒を飲むと肝臓に負担がかかってしまいます。

どうしてもお酒を飲みたくなったら、せめてカロリーが低く、なるべく太りにくいお酒を選ぶようにしましょう。
 

◆太りにくいお酒ならコレ!

お酒の中でも太りにくいのは、焼酎やウィスキーです。脂質や糖質などの余分な成分が含まれていないので、ダイエット向きのお酒です。焼酎やウィスキーのような蒸留酒、もしくはスピリッツと呼ばれるジンやウォッカなどをロックで飲むならOKです。もちろん、適量にとどめることが大切ですよ。

ダイエット効果を高める飲み物を選んで効率よく痩せる!

ダイエット効果を高める飲み物の選び方や飲み方をご紹介しました。ダイエット中は食べ物だけでなく、飲み物の選び方も大事だとわかりましたね。
 

こみち
こみちの一言コラム

効率よく痩せるには、飲み物選びが重要! 食事制限や運動と一緒に、飲み物にも気をつけながらダイエットを進めていきましょう。

ダイエットの成功のカギを握っているのは、飲み物と言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク