鶏肉のダイエット効果|高カロリーの部位や食べ方に注意

鶏肉はダイエットに効果的!美味しい低カロリーレシピも紹介

鶏肉といえば、ダイエット食材というイメージが強いですよね。

そのイメージ通り、鶏肉はダイエットに最適な食材です。
 

こみち
鶏肉はヘルシーだし美味しいから大好きよ。

そこで今回は、鶏肉のダイエット効果と、低カロリーの美味しいレシピをご紹介します。

鶏肉を美味しく食べて、ダイエットを成功させましょう!

鶏肉をダイエットに利用するメリット

では、鶏肉をダイエットに利用するメリットには、どんなことがあるのでしょうか?

他の肉に比べて安いので、節約しながらダイエットできる

鶏肉は、他の肉に比べて安いので、節約しながらダイエットできるのがメリットです。

鶏むね肉にいたっては、100gあたり40円よりも安い場合もあります。

そんな節約レシピで痩せられるなんて、とっても経済的なダイエット方法ですね。

一人暮らしで節約中の人も、主婦で家計を切りつめている人も、安心してダイエットに取り組めるのは嬉しいメリットです。

美味しいので満足感がある

鶏肉をダイエットに利用するメリットは、何といっても美味しいことです。

鶏肉が嫌いという人は、あまりいないのではないでしょうか?

毎日食べると飽きるかもしれませんが、美味しいことはダイエットを続けやすいポイントになります。

それに、美味しく食べられれば、満足感もアップして、ダイエットが楽しくなってきますよね。

食べるダイエットができる

ダイエットは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって痩せていく仕組みになっています。

だから、できるだけ食事量を減らして痩せようとする人がいますが、それはつらいだけで、あまり痩せられないのが現実です。

でも鶏肉をダイエットに利用すれば、食べるダイエットができるのがメリットです。

ダイエット中のツライ空腹感に悩まされることも少なく、食べながらダイエットできるのは、大きなメリットですよね。

鶏肉のダイエット効果

では、鶏肉のダイエット効果とは、どんなことがあるのでしょうか?

美味しくダイエットを成功させるためにも、鶏肉のダイエット効果をチェックしておきましょう。

タンパク質が豊富で代謝アップ

鶏肉のダイエット効果は、タンパク質が豊富なので、代謝をアップする効果があることです。

タンパク質を摂ると、筋肉を増やす効果があります。筋肉量が増えれば、代謝がアップするので、痩せやすくなりますね。

これが鶏肉の1番のダイエット効果です。

低カロリーでダイエットの強い味方になる

鶏肉のダイエット効果は、タンパク質が豊富なだけではありません。

タンパク質は肉や魚、乳製品などに含まれることが多いですが、比較的カロリーの高い食材が多いですよね。

でも鶏肉なら、タンパク質の量が多いわりに、カロリーが低いのが嬉しいポイントです。

そのためダイエットに最適な食材だと言われているのですね。

脂肪の燃焼をサポートする

鶏肉のダイエット効果は、脂肪の燃焼をサポートする効果があることです。

鶏肉そのものに脂肪を燃焼する効果があるわけではありませんが、糖質や脂質の代謝をサポートすることで、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

脂肪が燃焼できないと痩せられないので、鶏肉は良いはたらきをしてくれます。

イミダゾールペプチドで代謝アップ

鶏肉のダイエット効果は、イミダゾールペプチドという成分による代謝アップの効果がポイントになります。

イミダゾールペプチドは抗酸化作用が高く、活性酸素を除去することで、血行を良くする効果があります。

血行が良くなると、代謝がアップするので、ダイエット効果が高まるというわけですね。

糖質量が少ないのでダイエットに効果的

鶏肉のダイエット効果は、糖質が少ないことです。

糖質を完全に摂らないのは、体のためにも良くありませんが、糖質を摂り過ぎると脂肪が増える原因になります。

鶏肉には糖質がほとんど含まれていないので、糖質制限中でも安心して食べられる食材です。

鶏肉の栄養には、健康効果もある

鶏肉のダイエット効果をご紹介しましたが、鶏肉には健康効果もたくさんあります。

ヘルシーなお肉なので、健康に良いのは想像がつきますが、具体的にはどんな効果があるのか見ていきましょう。

疲労回復の効果

鶏肉の健康効果は、先ほどご紹介した「イミダゾールペプチド」によって疲労を回復できることです。

イミダゾールペプチドは、いくつかのアミノ酸が結合したペプチドで、抗酸化作用が高く、血行を良くする効果があります。

そのため、疲労物質も排出しやすくして、疲労を回復してくれるのです。

また、鶏肉には抗酸化作用の他に、若返りのビタミンと呼ばれる「ビタミンE」も含まれているので、アンチエイジング効果も期待できます。

動脈硬化の予防

鶏肉の健康効果は、動脈硬化の予防ができることです。

血管は加齢とともに硬くなっていきますが、血行を良くすることで血管を柔らかく保ち、動脈硬化を予防することができるのです。

動脈硬化とは動脈が硬くなる症状で、血管が狭くなったり、詰まったりする病気です。これを防ぐためには、血行を良くすることが大切です。

鶏肉には、コレステロールを排出して、血流がスムーズな状態を保つ「不飽和脂肪酸」が含まれています。

不飽和脂肪酸は酸化しにくく、常温でも固まらない性質があるため、血流の妨げにならないのです。
そのため動脈硬化の予防ができます。

視力回復・眼精疲労の改善

鶏肉の健康効果は、視力の回復や眼精疲労の改善などが期待できることです。

鶏肉に含まれる「ビタミンA」には、視力を回復させる効果があると言われています。

また最近では、スマホやパソコンを長時間使用する人が増えているため、眼精疲労に悩まされている人も多いことでしょう。

そんな不快な症状を改善してくれる効果もあるのです。

鶏肉のカロリーは?

鶏肉のカロリーは、他の肉よりも低いのはわかりますが、どれくらい低カロリーなのか気になりますよね。

鶏肉のカロリーは、部位ごとに違うので、それぞれ見ていきましょう。

鶏肉の部位別カロリーはどれくらい?

鶏肉は、部位によってカロリーがまったく異なるので、ダイエット目的で食べるなら、部位にこだわって選びたいですね。

どれくらいのカロリーがあるのか見ていきましょう。

鶏もも肉のカロリー

唐揚げなどに使うことが多い「鶏もも肉」のカロリーは、鶏皮がある状態で100gあたり200キロカロリー程度です。

皮がない状態なら、116キロカロリー程度なので、鶏皮のありなしによって、大きくカロリーが変化しますね。

鶏ささみ肉のカロリー

低カロリーの鶏肉といえば、鶏ささみ肉ですよね。鶏ささみ肉100gあたり105キロカロリー程度です。

鶏もも肉に比べると、ずいぶんと低カロリーなのがわかります。

鶏むね肉のカロリー

もっとも単価が安い鶏むね肉のカロリーは、100gあたり108キロカロリー程度です。

これは、鶏皮なしの状態でのカロリーなので、皮があるとグンとカロリーが増えます。

鶏皮は絶対にNGなの?

鶏皮にはコレステロールが含まれているので、低カロリーにこだわりたい人は、鶏皮を取りのぞいて食べると良いでしょう。

ただし、鶏皮には良質な脂質も含まれているので、適量なら摂取してもOKです。

鶏皮には、糖質の代謝を良くする脂質も含まれていて、適量ならむしろダイエット効果があるとも言えます。

ダイエットに最適な鶏肉レシピ

鶏肉でダイエットするなら、美味しいレシピが知りたいですよね。

鶏肉なら低カロリーでも美味しく食べられるので、いくつかご紹介しておきます。

サラダチキン


Cpicon 鶏むね肉サラダチキン山葵レモンマヨソース by ほっこり~の

さいきん流行りの「サラダチキン」ですが、買うと意外と高いですよね。だから、自分で作ってしまうのがオススメです。

日持ちはあまりしませんが、意外とカンタンに作れますよ。好きな味付けで作ることもできるので、楽しいかもしれません。

写真はサラダチキンに「レモンマヨソース」をかけた鶏肉レシピ。

低カロリーな鶏むね肉を使っていて、マヨネーズも意外と少ない量で作れるさっぱりソースが美味しいですよ。

スモークチキン

スモークチキンは、自分で作るのは大変だと思いますので、サラダチキンシリーズのスモークチキンを買えばOKです。

鶏肉は淡泊な味なので、料理のレパートリーとしてはアレンジしやすいのですが、味付けが濃くなると、余計なカロリーを摂取してしまうことになります。

でもスモークチキンなら、それだけでいい味が出ているので、サラダにそのまま乗せるだけでも美味しく食べられますよ。

蒸し鶏のベジボウル


Cpicon ロメインレタスとチキンのべジボウル by ごくもり

蒸し鶏にすると、いろいろなレシピでアレンジ可能です。

バンバンジーは美味しくて簡単ですし、さいきん流行りのベジボウルにすれば、オシャレなカフェ風気分が味わえます。

米を入れるなら、玄米や雑穀米などがオススメ。

これらの米は、糖質やカロリーはそれなりにありますが、ビタミン・ミネラルが豊富なので、ヘルシーレシピになりますよ。

野菜はお好みで、好きなものを乗せてみて。ドレッシングも手作りすると、あなただけのオリジナルレシピになりますね。

太らないドレッシングの選び方|ノンオイルドレッシングは本当に太らない?

鶏肉は、食べ方や部位によっては太ってしまうことも

鶏肉のダイエット効果やカロリーについてご紹介しました。

鶏肉はダイエットに最適な食材ですが、食べ方や部位によっては太ってしまうこともあります。

では、どんなことに気をつければ良いのか見ていきましょう。

鶏肉を揚げると高カロリーになるのでNG

鶏肉でダイエットするなら、NGな食べ方は「揚げる」ことです。

当然ながら、油で揚げると高カロリーになるので、ダイエット効果が減ってしまいます。

むしろ、他の肉よりも高カロリーになる恐れもあるので、食べ方には充分注意するようにしましょう。

鶏皮は高カロリーなので控えめに

鶏肉でダイエットするなら、低カロリーであることを期待していますよね。

もしカロリーをできるだけ抑えたいなら、鶏皮はNGです。

鶏皮がついているだけで、カロリーがグンとアップしてしまうので、できれば鶏皮を取って食べることをオススメします。

でも、鶏皮がダイエットの敵というわけではなく、適量なら糖質の代謝をサポートしてくれるので、適量ならOKです。

鶏肉の部位の中で「もも」は高カロリー

ヘルシーで低カロリーの鶏肉ですが、鶏肉の部位の中でも「鶏もも肉」は高カロリーです。

鶏もも肉を使う料理の定番といえば、やっぱり「鶏のから揚げ」ですよね。

美味しくて、子どもから大人まで大好きなメニューですが、ダイエット中は控えたいところ。

チキンステーキなどを作るときも、鶏もも肉ではなく、鶏むね肉にすると良いでしょう。

味付けを濃くしすぎると太りやすい

鶏肉でダイエットするなら、味付けを濃くしすぎないように注意しましょう。

鶏肉は淡泊な味なので、どうしても味付けが濃くなりがちです。

ダイエットの食事に取り入れるなら、シンプルに塩コショウなどで食べると良いでしょう。

また、バジルなどのハーブ系がよく合うので、ハーブ風味にすれば味付けが薄めでも気になりませんよ。

鶏肉でダイエットする際の注意点

鶏肉でダイエットする際の注意点としては、食べ物ダイエットで良くありがちなミスをご紹介しましょう。

食事ダイエットで失敗する原因は、詳しいメカニズムを知らずに、やみくもに食べてしまうことです。

そうならないためにも、注意点をチェックしておきましょう。

鶏肉だけ食べるのではなく、栄養バランスを考える

鶏肉でダイエットする際の注意点は、鶏肉だけを食べないことです。

ある食材にダイエット効果があると言われると、そればかり食べる人がいますが、根本的に間違っています。

ダイエットの食事の基本は、栄養バランスが良いことが大前提なのです。

そのため、鶏肉だけを食べるのではなく、野菜や他のタンパク質なども摂るようにしましょう。

また、ミネラルや食物繊維など、幅広い栄養を摂ることで、無理なく簡単に痩せることができます。

鶏肉に脂肪燃焼の効果があるわけではない

鶏肉でダイエットする際の注意点は、「たくさん食べれば痩せる食材ではない」ということを覚えておきましょう。

何かの食べ物にダイエット効果があると知ると、たくさん食べれば痩せると勘違いしてしまう人がいます。

鶏肉は低カロリーですが、脂質も含まれているので、食べ過ぎればもちろん太ります。

また、鶏肉は脂肪燃焼をサポートする効果がありますが、直接的に脂肪を燃焼させるわけではありません。

そのため、食べ過ぎには注意して、適量を上手に食事に取り入れていきましょう。

鶏肉だけ食べても、運動不足では痩せられない

鶏肉でダイエットする際の注意点は、運動も取り入れることです。

鶏肉にダイエット効果があるといっても、鶏肉だけ食べていれば痩せるわけではありません。

運動不足では、逆に太ってしまうこともありますし、そもそも代謝をアップするための筋肉が増えません。

そのため、鶏肉でダイエット効果を期待するなら、運動とセットでダイエットをすることをオススメします。

鶏肉を上手に食べてダイエット効果をアップさせよう!

鶏肉のダイエット効果と食べ方の注意点などをご紹介しました。

鶏肉はダイエットに最適な食材ですが、上手に食べないと逆に太ってしまうこともあるので気をつけてくださいね。
 

こみち
こみちの一言コラム

鶏肉のダイエット効果は、「代謝アップ効果」と「低カロリー食材」ということ。

部位や食べ方に気をつければ、効果的にダイエットをサポートしてくれるでしょう。

スポンサーリンク