玉ねぎヨーグルト+納豆で「やせ酸」を増やせばダイエット効果アップ!

玉ねぎヨーグルトのダイエット効果を高める食べ方

たびたびテレビに登場する「玉ねぎヨーグルト」ですが、また新しいレシピが紹介されました。

それが「玉ねぎヨーグルト+納豆」です。
 

こみち
玉ねぎヨーグルトも微妙なのに、それに納豆をプラスするとどうなるのかしら?

玉ねぎヨーグルトは、味が苦手という人も多いですが、食べ方のアレンジによっては意外と美味しいんですよ。わたしは好きです。

イメージとしては、サワークリームやコールスローサラダのような感覚です。

そんな玉ねぎヨーグルトですが、納豆をプラスすると「やせ酸」が増えて、便秘解消やダイエット効果がアップすると話題になっています。

そこで今回は、「そもそもやせ酸とは何か?」をご紹介し、「ダイエット効果がアップする理由」と、美味しく続けられる「玉ねぎヨーグルト+納豆のレシピ」をご紹介します。

玉ねぎヨーグルトは、とにかく便秘解消の効果がスゴイので、まだ試してない人はぜひチャレンジしてみてくださいね。

玉ねぎヨーグルト+納豆で増える「やせ酸」って何?

玉ねぎヨーグルトは聞いたことがあると思いますが、「やせ酸」って何? と思っている人が多いと思います。

答えから先に言うと、やせ酸とは「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」のことです。

といっても、「短鎖脂肪酸って何?」と思っている人が多いと思いますので、順番に説明していきますね。

短鎖脂肪酸とは腸内細菌によって作られる酸のこと

脂肪酸の多くは、食べ物から摂取するのですが、短鎖脂肪酸は、人間の大腸の中にある「腸内細菌によって作られる」のが特徴です。

腸内細菌には、ビフィズス菌などの善玉菌と、腸内環境を悪化させる悪玉菌などがあります。

オリゴ糖や食物繊維を食べると、ビフィズス菌のエサになり、腸内で発酵することで短鎖脂肪酸を作り出します。

この短鎖脂肪酸こそが、やせ酸なのです。

玉ねぎヨーグルトは、玉ねぎに含まれる「イヌリン」という食物繊維と、ヨーグルトに含まれる「ビフィズス菌」のコラボによって、短鎖脂肪酸「やせ酸」を作り出すことができるのです。

納豆を加えると、やせ酸が増える理由

「おかめ納豆」で有名なタカノフーズの情報によると、納豆1パックに食物繊維が約3g含まれています。

これは、にんじん100g強と同じくらいの食物繊維の量になります。

他にも便秘解消に必要な「カルシウム」や「マグネシウム」も含まれていて、納豆はまさに万能食と言えますね。

玉ねぎヨーグルトだけでも「やせ酸」を作り出してくれるのですが、納豆をプラスすることで、その効果が倍増するそうです。

といっても、どんな味になるのかチョット不安な人も多いと思います。

でも、ご安心ください。この記事の最後に、美味しく続けられる食べ方をご紹介します。

玉ねぎヨーグルト+納豆で「やせ酸」を増やすとどんな効果があるの?

玉ねぎヨーグルト+納豆のコラボでやせ酸を増やし、効果が倍増するのはわかりましたが、具体的にはどんな効果があるのか見ていきましょう。

食欲を抑える効果がある

玉ねぎヨーグルトのダイエット効果は、食事と一緒に食べることで満腹感が増し、食べ過ぎを抑える効果が期待できます。

これに納豆を加えることで、さらに満腹感が増すので、ダイエット効果もバツグンです。

しかも栄養満点の万能食である「納豆」をプラスするので、栄養バランスが整うことによって満腹感が得られるとも考えられます。

人間のカラダは、栄養バランスが整った食事をすると、自然とお腹がいっぱいになるようにできています。

これは、足りない栄養を摂るきるまで食事をするための、人間に備わっているすばらしい機能なのです。

便秘解消の効果が倍増する

玉ねぎヨーグルトの効果は、便秘解消の効果が高いことです。これに納豆がプラスされると、さらに効果が倍増するというわけです。

玉ねぎと納豆に含まれる食物繊維と、ヨーグルトに含まれる乳酸菌のコラボによって、やせ酸をどんどん作り出し、便秘を解消してくれるのです。

食物繊維が腸内細菌のエサになり、腸内環境を整えることを「プレバイオティクス」と言います。

乳酸菌が腸内で増えて、腸内環境を整えることを「プロバイオティクス」と言います。

そして、この2つを同時に摂取することで短鎖脂肪酸(やせ酸)を作り出し、腸内環境を整えることを「シンバイオティクス」と言います。

玉ねぎヨーグルト+納豆の相乗効果によって、便秘解消の効果が高まるということですね。

代謝がアップしてダイエット効果が高まる

玉ねぎヨーグルト+納豆のコラボで、代謝がアップし、ダイエット効果が高まります。

玉ねぎの血液サラサラ効果と、玉ねぎヨーグルト+納豆の便秘解消効果によって、血行が促進されます。

血行が良くなると代謝がアップするので、痩せやすく太りにくい体質になれるのです。

脂肪がたまりにくいカラダになる

玉ねぎヨーグルト+納豆の効果は、脂肪がたまりにくいカラダにすることです。

玉ねぎヨーグルト+納豆を食事と一緒に食べることで、食べ物の脂肪分がカラダに吸収されにくくなり、太りにくくなるのです。

これを毎日食べることで、新陳代謝が高まり、カラダに余計なものをため込みにくくする効果があります。

玉ねぎヨーグルト+納豆の作り方

では、毎日食べると効果がある「玉ねぎヨーグルト+納豆」の作り方をご紹介します。

玉ねぎヨーグルトの作り方は、こちらを参考にしてみてください。
玉ねぎヨーグルトでダイエット|腸活で痩せる効果と食べ方アレンジ

この玉ねぎヨーグルトに、納豆を1パック混ぜるだけで完成です。

特別にお金もかからないし、どこでも買えるものなので、とても経済的なダイエット方法です。

納豆感が強すぎる場合には、「ひきわり納豆」にすると、いくらか食べやすくなるかもしれません。

納豆のタレを入れるかどうかは、食べてみた感じの味で決めると良いでしょう。つまり、入れても入れなくてもどっちでもOKです。

からしは、入れないほうが良いかもしれません。これからご紹介する「アレンジレシピ」には、あまり味が合わないので。

玉ねぎヨーグルト+納豆のレシピ

ダイエットや便秘解消の効果が高い「玉ねぎヨーグルト+納豆」ですが、聞いただけで「まずそう」と感じる人もいるかもしれません。

いくらカラダに良くても、美味しくないものはなかなか続けられませんよね。そこで、玉ねぎヨーグルト+納豆の美味しいレシピをご紹介します。

レシピというほどのものではありませんが、何に組み合わせるかによって美味しく食べられますよ。

玉ねぎヨーグルト+納豆のチーズトースト

玉ねぎヨーグルト+納豆の美味しい食べ方は、食パンの上に玉ねぎヨーグルト+納豆を乗せて、その上からチーズをかけるトーストです。

最初に食パンに、うすくマヨネーズを塗っておいても美味しくなりますよ。カロリーは気になりますけどね。

チーズはスライスチーズでも、ピザ用チーズでもOKです。黒コショウをふりかけてから焼くと、美味しくなりますよ。

玉ねぎヨーグルト+納豆+キムチのパスタ

玉ねぎヨーグルト+納豆のアレンジレシピは、キムチをプラスすることです。これは、とてもよく合います。

キムチの辛さが、ヨーグルトの酸味で緩和され、あまり辛く感じません。

このすべてを混ぜ合わせたものを、茹でたパスタに和えると美味しくいただけます。

最後に海苔をふりかけても良いですし、醤油を垂らしても美味しいですよ。

玉ねぎヨーグルト+納豆のカレーライス

玉ねぎヨーグルトの記事でもご紹介したように、カレーライスにかけると意外と美味しいです。

納豆が加わっても、やっぱりカレーライスと一緒に食べるのが、一番オススメです。

カレーと一緒に煮込む必要はなく、器にカレーライスを盛りつけた後に、添えるだけでOKです。

カレーには、何でも合いますね。

玉ねぎヨーグルト+納豆のそうめん(ごまだれ風味)

玉ねぎヨーグルト+納豆のアレンジレシピは、そうめんにかけて食べることです。

もし味が足りない場合には、ごまだれをかけて食べると美味しくなります。

ただし、ごまだれはカロリーが割とあるので、さっぱりとぽん酢にしても良いかもしれません。

ぽん酢とヨーグルトはあまり合わないように感じますが、ヨーグルトにも酸味があるので、意外とイケます。

玉ねぎヨーグルト+納豆で効果的にダイエット!

玉ねぎヨーグルト+納豆のコラボで「やせ酸」が増えるダイエット効果と、美味しく食べられるレシピをご紹介しました。

玉ねぎヨーグルトは、安くて簡単にチャレンジできるダイエット食で、しかも効果がスゴイので、多くの人にこの感動を味わってもらいたいです。
 

こみち
こみちの一言コラム

玉ねぎヨーグルト+納豆は、最強のコラボ食。

健康的にダイエットするなら、絶対にオススメの食べ方です。

味が苦手な人は、色々とアレンジをして、好きな食べ方を見つけてくださいね。

スポンサーリンク